writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

グアテマラに旅行に行ったら、何をしたいですか?

絶景を見る旅もいいし、現地の美味しいグルメも堪能したい。本記事ではPAS-POLの書籍「この世界で死ぬまでにしたいこと2000」に掲載されている、グアテマラでしたいことをまとめました!

読んだあとは、きっとグアテマラに行きたくなっているはず。

グアテマラのおしゃれスポットを満喫する


photo by SL-Photography/Shutterstock.com

かつての首都アンティグア

カラフルな街並みが可愛い! 現地で素敵なワンピースを買って、ヨーロッパのような街並を歩きたい。

グアテマラ観光のお土産を買う


photo by Lucy Brown – loca4motion/Shutterstock.com

グアテマラの虹ウィピル

カラフルな織り方が特徴の世界一鮮やかな民族衣装。いちばんカラフルなものを見つけてお土産に。色がとても鮮やかで綺麗なため、色違いでいろんな雑貨を持っておきたい。


photo by ①Yu Fukui ②Milosz Maslanka/Shutterstock.com

①雑貨の宝庫パナハッチェル

雑貨・布好きは行くべき! 湖のほとりの町で、カバンも洋服も可愛い布ものも、大量ゲットしたい。

②グアテマラの中央市場

地下1階、地上2階建てのマーケット。カラフルな洋服や新鮮な食品に目移りしながらショッピング。

グアテマラのグルメを味わう


photo by Photovolcanica.com/Shutterstock.com

「パカヤ火山」のマグマで世界一刺激的なマシュマロ焼き!

中米でもっとも活発な活火山の1つ。流れ出る溶岩のすぐ横、道無き道を登る道のりは、火傷するのではと心配になるほど。マグマが溜まったスポットにマシュマロを近づければ、あっという間に熱々の焼きマシュマロの完成だ。

グアテマラでしたいアクティビティ


photo by Simon Dannhauer/Shutterstock.com

ケツァルテナンゴの温泉へ

温泉施設がある内陸の都市。郊外にある温泉街に出かけて、旅の疲れを癒したい。(湯船もちゃんとある)

writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事