こんにちは!TABIPPO編集部です。

2020年12月、TABIPPOは、株式会社TBWA\HAKUHODO、株式会社PR TIMES、一般社団法人FUKKO DESIGNと、『新しい時代に対応する観光復興ガイドーSNSから見える企画のタネーVol.2』を4社合同で発表しました。

【観光復興ガイドNEWS】では、新しい時代に対応する観光復興ガイドーSNSから見える企画のタネーVol.2(以下、観光復興ガイド)を活用した旅行業界のサービスや取り組みをご紹介していきたいと思います!

今回は、ARナビ×スポット情報のシェアから生まれる新たな移動体験で、お出かけをもっと楽しくするサービス『coconey(ココニー)』のリリース情報をお届けします。

観光復興ガイドとは?


緊急事態宣言の延長と解除、Go Toトラベル事業の開始と一部地域の除外、コロナ第3波への不安など、観光業界を取り巻く状況は日々変動しています。

いまSNS上で生活者の声を分析すると、生活者が旅行をどう捉えて、何を求めているかの兆しが見えてきます。それは、観光業のみなさまが旅行企画を考えるためのヒントとなります。そんなヒントと企画の立て方をまとめたものです。
詳細はこちら

『coconey(ココニー)』が活用した兆し×資産は、「はしご旅」×「ARナビ」

観光復興ガイドの中でヒントとして掲載した「兆し」の中で、『coconey(ココニー)』が活用したのは「はしご旅」。また、「マイクロツーリズム」や「バーチャル旅」もサブテーマとして入っています。

はしご旅とは、いくつかの観光スポットをめぐる旅ですが、そこにARナビを掛け合わせているとのこと。どのようなサービスなのでしょう。

お出かけをもっと楽しくするサービス『coconey(ココニー)』

サービス概要


『coconey(ココニー)』は、ARナビ×スポット情報のシェアから生まれる新たな移動体験で、お出かけをもっと楽しくするサービス。2020年12月に正式にリリースされました。

自分がオススメしたいお気に入りのスポット(場所)をスポットリスト化し、お出かけ情報を簡単に管理・家族や友人とシェアすることで、価値ある情報の輪が広がり、地域のスポット・エリアの価値向上につながります。

また、ARナビの活用により実際の空間に目的地までの道順を表示することで、直感的に向かうべき方向がわかるので、迷うことなくスムーズに目的地にたどり着けるような機能も。

サービスの特徴


1. 目的地までの“迷子時間”がなくなる
地図と連動したARナビが、あなたをスムーズに目的地まで案内します。

2. オリジナルのマップを作ることができる
行きたいスポットや、お気に入りのスポットをテーマごとにリスト化し、自分だけのオリジナルマップを作ることができます。

3. 作成したスポットの情報をシェアできる
世界にひとつ、オリジナルのスポットリストは家族や友達とシェアすることもできます。

サービスリリースの背景

駅・観光地などにあるパンフレットやガイド情報、雑誌やホームページ、SNSなど様々な場所に散らばってしまっている情報を1つにまとめたい。魅力的なスポット(場所)の情報を効率よく、必要としている人に届けたい。このような想いで生まれたサービス。

サービスの運営会社である株式会社ビーブリッジは、以下の実現を目指していくと発表しています。

1. 印刷・紙資源を減らすことによる地球環境への負担軽減
2. 放送・メディア・雑誌発行後などに使われなくなってしまった有益な情報の有効活用
3. 近くにきたけど迷ってしまう「迷子時間の解消」と「密を避ける効率的な移動」の実現

今後もより便利な機能が追加されていくそう。様々な媒体やSNSに散在してしまっている良質な情報を簡単に一括管理できるようになるのは嬉しいですね。その情報があると、確かにはしご旅がより気楽に、より充実したものになりそうです。

無料なので、ぜひご自身のスマートフォンにアプリをインストールしてみてください!

iOSはこちら
Androidはこちら

その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング