崩壊の危機にさらされた廃墟の島、軍艦島を見に行こう!

Pocket はてブ

こんにちは!TABIPPOのゆうじです。長崎県長崎市の沖合に浮かぶ廃墟の無人島、軍艦島をご存知ですか?

島の外周が1200mしかない小さな島ですが、約40年前の生活をほぼそのまま残していることが非常に珍しく世界的に注目され、世界遺産候補にもなったことでさらなる注目を集めています。

そんな軍艦島を紹介したいと思います。

 

軍艦島の歴史

軍艦島は正式には「端島」であり、かつては端島炭鉱として石炭産業で栄えていました。最盛期の昭和35年頃はこの小さな島に5000人を超える人が住み、人口密度はなんと東京の約9倍もあり世界一の人口密度を誇っていました。

しかし、エネルギー政策の転換で石炭の需要が減ったことによって衰退していき、炭鉱が閉山したことをきっかけに住んでいた人は島を離れ、無人島と化しました。

 

軍艦島ってどんな島?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Photo by yuji  

軍艦島はもともと炭鉱の町なので、炭鉱労働者やその家族が生活するために必要な施設がそろっています。

特徴的なところは、鉄筋コンクリート製の建造物は日本で初めて軍艦島で建てられたのですが、ほとんどの建物が5階から9階建ての鉄筋コンクリート製であることと、幼稚園や娯楽施設を地上に作るスペースがなく地下や9階建ての社宅の屋上に作らざるを得なかったところです。

この特徴を見ると、軍艦島がいかに狭く人が多かったか、また近代的で発展していたかが分かりますね。軍艦島と呼ばれるようになったのは、この島内の建物と島そのものの外観が、戦艦「土佐」に似ていることが由来です。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

長崎観光のおすすめスポット一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品