ハワイの免税店で買い物をするときに知っておきたい6つのこと

Pocket はてブ

ハワイの免税店「Tギャラリア ハワイ by DFS」

photo by pixta

ワイキキのカラカウア通りにある「Tギャラリア ハワイ by DFS」は、2012年に50周年を迎えたハワイ市内で唯一の政府公認免税店です。全館に無料Wi-Fiが飛んでおり、買い物中のインターネット利用もサクサク!

世界中から140以上の有名ブランドが集まっており、ハワイ州内最低価格保証もされていることから、ハワイのお土産として人気のホノルルクッキーカンパニーも比較的安く購入することができます。もし他店の同一商品の税込価格がDFSより下回っていた場合には、同等の金額からさらに10%オフしてくれるサービスも。

また、帰国後も国内のDFS顧客センターにレシートを提示すれば、DFSで購入した商品に限り修理や交換もしてくれる100%品質保証制度もあります。

空港内のDuty Free Shop以外に市内にはここしか免税店はないので、買い物をするときはDFSの商品価格を基準に他のお店を周ってみるのがいいでしょう。

■詳細情報
・名称:Tギャラリア ハワイ by DFS
・住所:330 Royal Hawaiian Avenue, Honolulu, HI 96815
・アクセス:

・営業時間:9:30~23:00(年中無休)
・電話番号:808-931-2700
・公式サイトURL:https://www.dfs.com/jp/hawaii

 

「Tギャラリア ハワイ by DFS」で気をつけるべきこと

実は「Duty Free」の対象となる免税エリアは3階のみで、1階の人気ブランドエリアと2階のビューティーエリアは免税ショッピングの対象外になります。ただし、1階と2階も州税は課税されないため他店よりはお得に買い物ができます。

3階で免税ショッピングをするためには1階のカスタマーサービスでショッピングカードを作成する必要があります。帰国便の情報を提示すれば作成できるので、買い物前に作っておきましょう。

また、3階で購入した商品に限ってはその場での受け取りではなく、帰国日に空港の出発ゲートでの受け取りになるので要注意です。

 

「Tギャラリア ハワイ by DFS」で購入するべきもの

photo by pixta

ハワイで特にお得に購入できるのは、アメリカ発のブランドです。ハワイはアメリカ州の内の一つであるため、輸送費など日本では関税がかかって高価になってしまうブランドを現地価格で購入することができます。主にコーチ、ケイト・スペード、ティファニー、ラルフローレンなどが代表的です。

また、アメリカ発に限らず高級ブランド品も日本よりは格安で手に入ることが多いです。免税店に売られていることから本物としても信頼でき、日本で高額を出して偽物を買わされるよりはハワイのDFSで購入した方がよいでしょう。

レブロンやmacなどの外国製コスメも同様にハワイで購入した方が安いです。

 

免税店を活用してお得に買い物しよう

海外旅行に行くと日本より物価が高い国がたくさんあります。ハワイもその内の一つですが、免税店をうまく活用すれば高級ブランド品やお土産を日本で買うよりも安く購入できます。

今回の記事を参考に、ぜひ免税店で賢く買い物を楽しんでくださいね!

1 2
Pocket はてブ
紹介されたスポット

WRITER

キタトモミ
旅する愛犬家
*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

ハワイのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品