ライター
土庄 雄平 山岳自転車旅ライター|フォトグラファー

1993年生まれ、愛知県豊田市出身、同志社大学文学部卒。第二新卒を経験後、メーカー営業職とトラベルライターを両立。現在は、IT企業に勤めながら、自然や暮らしに一歩踏み込む、情報発信に精を出す。 山岳雑誌『山と渓谷』へ寄稿、「夏のYAMAPフォトコンテスト2020」入賞、「Yahoo!ニュース ベストエキスパート2024」地域クリエイター部門グランプリなど。山での活動をライフワークとし、学生来、日本全国への自転車旅を継続している。

こんにちは!北海道が好きすぎて、季節を変えては道内を駆け巡っているトラベルライターの土庄です。

かつては北海道の大自然をダイレクトに楽しむツーリングや登山に没頭していましたが、最近はお宿を目的とするような旅も増えてきました。

ライダーハウスからペンション、秘湯、リゾートホテルにいたるまで、北海道には素晴らしいお宿がたくさんあります。

そこで今回は、「北海道に泊まるならどのお宿がいい?」という疑問にお答えするべく、それぞれの宿種の特徴と魅力、筆者イチオシのお宿をご紹介したいと思います。

ライダーハウス|安さと人との交流を重視したい人


ツーリングの聖地・北海道。道内には「ライダーハウス」と呼ばれる格安宿が点在しています。自転車で北海道を一周する学生や、束の間の連休を使ってツーリングに来るライダーなどに愛されているお宿です。

このタイプの宿をおすすめしたい方は以下の通り。

・予算はできるだけ抑えたい
・雑魚寝でもかまわない
・現地での突然の交流でも楽しめる
・どんな場所でも寝られる自信がある


ライダーハウスは利益を求めるというより、オーナーさんが趣味の一環でやっている傾向があるため、宿泊金額は1,000円前後と安め。雑魚寝のスタイルが多く、必ずしも快適とは言えませんが(笑)、旅費を節約したい方にはもってこいです。

またライダーハウスを選ぶ旅人は、現地での一期一会を楽しみたい!というオープンな方が多い印象。出会いの数が多いほど、旅の充実度が何倍も上がります。旅先で意気投合して一生の友人ができるかもしれませんよ。

イチオシのライダーハウス:モーラップ樽前荘


支笏湖畔にある公営のライダーハウスです。建物もきれいに保たれており、ロッジという雰囲気ですが、しっかりとライダーハウスらしさもあります。

大人は1泊1,500円(大学生・高校生は1,200円)で、1部屋2〜3人定員の雑魚寝スタイル。1Fのロビーでは自炊したり、お酒を飲み交わしたりと、初めて会った人同士で歓談を楽しむことができます。


筆者もホッカイダー(北海道好きのライダー)のおっちゃんと仲良くなり、支笏湖でとれたヒメマスの塩焼きをご馳走していただきました。(ありがたや……!)

ニセコや洞爺湖、登別への中継地にぴったり。何度も泊まっていますが、その度に新しい出会いのある、ライダーハウスの魅力を存分に味わえるお宿です。

■詳細情報
・名称:モーラップ樽前荘
・住所:北海道千歳市モラップ番外地
・地図:
・アクセス:千歳市街から車で約30分
・営業期間:4月16日~11月15日
・電話番号:0123-25-2902
・料金:大人1泊1,500円(大学生・高校生は1,200円)
・オススメの時期:夏
・公式サイトURL:https://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/kankojoho/kankoannai/tarumaeso.html

ペンション|人の温かさと唯一無二を楽しみたい人


牧歌的な風景が至るところに広がる北海道。そのなかに調和するように佇む「ペンション」は、人の温かみを感じるアットホームなお宿が多く、プライベートを大切にしたい少人数の旅行にぴったりです。

このタイプの宿をおすすめしたい方は以下の通り。

・予算は1人1万円前後
・アットホームで小規模の宿が好み
・旅先でのコミュニケーションはウェルカム
・家族風呂でゆっくりお風呂に入りたい


まずお宿の部屋数が少ないため、他のお客さんや混雑具合が気になることはありません。お風呂は貸切風呂のスタイルが多く、家庭的なお食事を静かな空間でいただけるのも嬉しいですね。

お料理も素材レベルでおいしい北海道。ペンションによってはフルコース並みのクオリティとボリュームのお料理を提供していただけることがあります。アットホームな雰囲気とオーナーさんとのコミュニケーションも思い出に残りますよ。

イチオシのペンション:ペンション トムテルム


美瑛の丘に佇む一軒のペンションです。「トムテ ルム」はスウェーデン語でトムテ(tomte)=森の妖精、ルム(rum)=部屋を組み合わせた言葉。なんだか隠れ家のようなロケーションを物語っています。

1泊2食付きで1万1,000円/人。オーナー夫妻の手がける、地元素材をふんだんに使ったカジュアルコース料理と朝食をいただけます。美瑛の野菜も盛りだくさんです。


初夏には小麦畑が黄金色に色づく美瑛。隣接するパン工房小麦畑で焼かれた自家製パンも感動的なおいしさですよ。

オーナー夫妻の温かいお人柄も魅力。何気ない雑談からプライベートな話、現地の情報まで話が尽きません。看板犬のピッピちゃんもかわいらしいです。

■詳細情報
・名称:ペンション トムテルム
・住所:北海道上川郡美瑛町大村大久保協生
・地図:
・アクセス:美瑛市街から車で約5分
・電話番号:0166-92-5567
・料金:1泊2食付きで1万1,000円/人
・オススメの時期:通年
・公式サイトURL:http://www.tomterum.com

秘湯|隔絶した自然の中で源泉掛け流しにつかりたい人


雄大な自然と山に恵まれている北海道。大地の力を感じる温泉を巡るのも醍醐味です。

なかでも注目したいのが、湯治場として愛されてきたような秘湯のお宿。源泉掛け流しの忘れられない入浴体験を味わえます。

このタイプの宿をおすすめしたい方は以下の通り。

・予算は1人1万5,000円以内
・温泉と大自然の両方を満喫したい
・少し不便くらいがちょうどいい
・施設の古さは気にしない、むしろ味を感じる


平日と休前日での料金差もそれほど見受けらず、リーズナブルなお宿が多い印象です。電波のない場所にあったり、未舗装路を進まないと辿り着けなかったりと、決して便利とは言えませんが、お宿までの道のりを含めて冒険が楽しめます。

大自然の中にポツンと湧き出る湯。圧倒的な開放感の中、心ゆくまで温泉につかる時間は非日常そのもの。析出物が効能の高さを感じさせます。入浴後、地のものが詰まったお料理をいただき、お腹も心も満たされる時間も格別です。

ライター
土庄 雄平 山岳自転車旅ライター|フォトグラファー

1993年生まれ、愛知県豊田市出身、同志社大学文学部卒。第二新卒を経験後、メーカー営業職とトラベルライターを両立。現在は、IT企業に勤めながら、自然や暮らしに一歩踏み込む、情報発信に精を出す。 山岳雑誌『山と渓谷』へ寄稿、「夏のYAMAPフォトコンテスト2020」入賞、「Yahoo!ニュース ベストエキスパート2024」地域クリエイター部門グランプリなど。山での活動をライフワークとし、学生来、日本全国への自転車旅を継続している。

RELATED

関連記事