other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

海外旅行をした際によく言われることとして、「たかだか1週間ほどの滞在でその国を分かったように語るな」というような言葉をかけられたことがある方も居るかと思います。

実際、1週間程度の滞在ではその国のことや日本との違いといったものを本当に理解するのは難しいでしょう。

 

今回は、旅行以外で海外にロングステイする方法について、より詳しく見ていきたいと思います。よく知られている方法から意外な方法まで、海外をより深く知るための方法にはどんなものがあるのでしょうか。

 

留学・ホームステイ

6966621754_24ee7bd8e7_b

Photo by LeafLanguages

 最も手っ取り早くかつハードルが低いのはこの留学やホームステイでしょう。実際に現地の家庭でお世話になりますので、現地におけるリアルな生活や文化が手に取るように分かると思います。1ヶ月程度の短期のものから半年ほどの長期のものまで、様々なプランを選べるのも魅力です。

 

ワーキングホリデー

2217913467_14c9681951_bPhoto by  archer10

こちらも手っ取り早くハードルが低い方法として挙げられます。ワーキングホリデー協定国は限られてはいますが、現地で実際に働くことが出来るというのはメリットとしてかなり大きいですね。一般的な制度なのでビザの問題等もスムーズにできるのも魅力です。

 

インターンシップ

4307044660_ca24c3b035_b

Photo by Tulane Public Relations

最近注目されているのは、大学生や若手社会人を対象とした海外インターンシップです。1~2ヶ月と短期間ではありますが、ワーキングホリデーよりもより手軽に、かつ本格的にその国で働きながら過ごすことが出来るのは大きな魅力です。

other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事