ライター
前田 哲都 夫婦でハネムーン世界一周

夫(てつと)。1988年生まれ大阪出身。嫁(ちぃ)。1985年生まれ北海道出身。2011年7月就航のピースボート74回クルーズに乗船し出会う。 2016年7月に入籍。2017年6月から互いに教師、建築士の仕事をいったん退職し、ハネムーン世界一周をふたりでスタートさせる。好奇心旺盛の目立ちたがり屋!でも、根はすごく真面目のてつと。のほほ~んとしていてバックパッカーにはならない風貌のちぃ。それでもふたりで世界一周にいきます!

妻から夫へのインタビュー:一人で来た方が楽しめたと思う国はあった?

photo by shutterstock

ーーでは、次は私からのインタビュー!実際、世界一周の中で自分一人の方が楽しめたな…なんて思う国はありましたか?

んー、僕の場合はなかったかもしれませんね。もちろん一人の方がフットワーク軽く色んな場所に柔軟に行けたり、他の旅人と一緒に行動しやすかったりしますが、別にそれは夫婦でもできることですし、むしろ一人では行きづらいハワイや、カンクンといったリゾートにも二人なら行きやすいので特に困ったことはなかったですね。

ただ、一つだけ。もし既婚者でなく一人旅をしているなら、旅先で旅人や外国人と恋愛をしたり…なんてのには憧れたりしますけどね。

恋愛…!却下ですね!「一人で」行く方は恋愛なんかも存分に楽しんでくださいね。

 

旅先で喧嘩をしたときに仲直りする方法は?

photo by tetsuto maeda

ーー旅先でたくさん喧嘩をしましたが、仲直りのコツって何か考えていたりしましたか?

んー、とにかく相手が何を思っているのかを聞くことですかね。なぜ喧嘩になったのか、何が原因かがはっきりすれば解決できるし、相手だけのせいにしないことも気を付けてました!

あと!どんな大きな喧嘩になっても、相手を置いてどこかに行ったり、一人にしたりしないことは決めていました。海外で、土地勘も文化も異なる中で一人にするのは危険ですし、どんな喧嘩をしようが一緒にいると決めていれば、解決に向けての話し合いがおのずと進んでいくと思います。

なるほど。確かに海外で一人にされるのはちょっと怖いですし、「一緒にいる」ということを決めていれば、お互い解決をしようと思いますもんね。

 

カップル・夫婦旅をする人にアドバイスはありますか?

photo by pixta

ーー最後に、今後夫婦・カップル旅をする人にアドバイスはありますか?

とにかく会話をすること!ですね。「あれがよかった」「これがよくなかった」「ここに行きたい」内容はなんでもいいのですが、とにかくたくさんの話をすることが大切だと思います。

たくさん会話をすることで、これまで知らなかったパートナーの一面や価値観、考え方が見えてくると思います。

素晴らしい景色を見たり、異文化に触れることができ、それらを分かち合える。そういったもの意外に、「パートナーのことをより深く知ることができる」のが、カップル・夫婦旅の良さだと思います。

 

まとめ

photo by shutterstock

私たちの世界一周のリアルな様子は伝わりましたか?日本で生活していたときは、平日は会社に行って、休日は趣味の時間に…というような生活を送っていたので、2人で過ごす時間というのは意外と短いものでした。

しかし2人で旅に出ると、朝から寝るまで一緒にいる。そんな生活が毎日続きます。これだけの長い時間を一緒に過ごし、いろいろな会話をして、そして世界各国での経験をともに分かち合える。夫婦としては、当然これまで以上に仲が深まると思います。

photo by tetsuto maeda

カップル・夫婦旅では、全てを自由に自分だけで決めることができませんし、意見の違いでたくさん喧嘩もすると思います。

しかしそれ以上に、二人にとって大切な時間を送ることができるのは間違いありません!カップルで、夫婦で、是非旅に出てはいかがですか?

私たちは世界一周中、ブログを書いていました。ぜひ読んでみてください。

\TABIPPO.NETにてハネムーン世界一周の様子を連載中!/

ライター
前田 哲都 夫婦でハネムーン世界一周

夫(てつと)。1988年生まれ大阪出身。嫁(ちぃ)。1985年生まれ北海道出身。2011年7月就航のピースボート74回クルーズに乗船し出会う。 2016年7月に入籍。2017年6月から互いに教師、建築士の仕事をいったん退職し、ハネムーン世界一周をふたりでスタートさせる。好奇心旺盛の目立ちたがり屋!でも、根はすごく真面目のてつと。のほほ~んとしていてバックパッカーにはならない風貌のちぃ。それでもふたりで世界一周にいきます!

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング