ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

香港までLCCでなければおすすめはキャセイ・パシフィック航空


photo by unsplash

日本各地から一日数便就航しているキャセイ・パシフィック航空は、香港に一番行きやすい航空会社です。航空会社の評価も高く、スカイトラックス社が毎年発表している世界の航空会社ランキングベスト100で2018年には6位にランクインしています。

キャセイ・パシフィック航空は機内食も美味しく、往復4万円〜手配できるのも大きな魅力です。機内サービスや機内食も美味しいので、香港旅行がもっともっと充実すること間違いありません。

香港国際空港から市内までのアクセス方法

香港国際空港から市内までのアクセス方法は主に以下の三つです。

・列車(エアポートエクスプレス):香港駅まで24分、100香港ドル。九龍駅まで21分、90香港ドル。
・バス:香港島まで約1時間程度、料金は30〜40香港ドル。九龍まで約1時間10〜30分、料金は40香港ドル
・タクシー:所要時間は約30分〜1時間程度、料金はタクシー会社によって異なります。

 

一番安いのはバスですが、所要時間が一時間かかってしまいます。弾丸旅行なら24分で香港駅に到着できる、エアポートエクスプレスが良いでしょう。

香港市内を観光するならエアポートエクスプレス・トラベルパスも


photo by unsplash

空港についた後香港中を観光するなら、3日間のMTR乗り放題券がついたエアポートエクスプレス・トラベルパスの購入も検討してみてはいかがでしょうか。

このエアポートエクスプレスは、空港〜市内までの急行列車。空港から香港駅まで24分、九龍駅まで21分でアクセスできるとても便利な列車です。

エアポートエクスプレス・トラベルパスの値段は、空港〜香港駅で片道250香港ドル、往復350香港ドル。空港~九龍駅で片道240香港ドル、往復で330香港ドルとなっています。ちなみに、エアポートエクスプレスに乗るだけだと、香港駅までは115香港ドル、九龍駅で110香港ドルです。

橋ができて空港から30分で行けるマカオにも行きたい


photo by shutterstock

2018年末にマカオまでの橋が完成しました。これにより、香港空港からマカオまでの距離がバスで30分になり、香港市内へ出るより早くアクセスできるようになりました。

これまでフェリー乗り場に行き、フェリーのチケットを買ってマカオに向かっていましたが、空港からバスが出ているので、そのままマカオまでアクセスできるのは大きなメリットです。

マカオといったらカジノが有名ですが、実は、マカオはカジノをしない人こそ楽しめる街なのです。市内はポルトガル領地だった頃の名残で、まるでヨーロッパのような可愛らしい建物あり、写真映えが狙えます。さらに、各ホテルで行われている無料で鑑賞できるショーは、クオリティが高いので全制覇したいところ。

今年は週末を利用して香港へLCCで行こう

日本各地から一日に数本飛行機が飛んでいます。香港ディズニーランドが2018年からリニューアルを開始した上に、マカオへ橋が繋がったため30分で行けるようになり、今さらに注目を浴びている都市。ひとり旅でも女子旅でも楽しめること間違いありません。

次の旅行にLCCを使って香港へ行くのはいかがでしょうか。

ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング