ライター
髙野麻由 フリーライター

和歌山を拠点に旅するフリーライター。枕が変わると寝れない極度の心配性ですが、行動力と直感はピカイチです。アジアを放浪中、インドにどハマりし宗教や文化に興味を持つ。現在グローバルライターを目指し、中国語を勉強中。

「リモートワーク」が日常となった現代。ネット環境さえあれば仕事が完結するリモートワークのメリットといえば、場所問わず作業に取り掛かれるということ。

この記事ではフリーライター高野麻由が、「和歌山の自然と食を満喫する旅」×「リモートワーク」のワガママを叶えてくれる「SHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEMORE」(以下、HOTEL SEAMORE)を独自取材してきました!

「HOTEL SEAMORE」は、リモートワーク向けの設備が充実しており、食と自然を楽しめるスポットが徒歩圏内に密集しているため、仕事をしつつ旅もいっぺんに楽しみたいという方にぴったり!

ぜひ、次の旅先の参考にしてみてくださいね。

長年愛され続ける「HOTEL SEAMORE」


和歌山の観光地といえば白浜。和歌山市内、大阪市内から高速道路で約1~2時間半とアクセスも便利です。

ちょっとしたドライブがてら地元民も多く訪れる街・白浜は、温泉と海鮮を楽しめる観光地として盛り上がっています。

SHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEMOREは、昭和42年に設立され、「梅樽風呂」が楽しめる旧「南紀白浜梅樽温泉ホテルシーモア」として全国に名の知れるホテルとなりました。


設立50年の節目となる2018年に「HOTEL SEAMORE」となりリニューアルオープン。惜しまれながらも梅樽風呂は改装されてしまったものの、さらにパワーアップした露天風呂やどこを切り取ってもおしゃれなデザインが話題に。

コンセプトを「ターミナルホテル」とし、ホテル全体のデザインや施設を20~30代向けに。ホテル全体の居心地のよさだけではなく、カフェや食事も推しどころです。「また来たい」と思える「HOTEL SEAMORE」の魅力をお届けします。

リモートワーカーのためのビジネスルームと設備


ラウンジの左側に見えるビジネスルーム。こちらでは、リモートワーカーだけでなく、ビジネスパーソンの仕事がはかどる半個室空間と、パソコン・プリンターが設置されています。


どの席も海の見えるカウンター席!コンセントもすべての席に設置されているため、時間を忘れて作業ができちゃいます。

こちらの席は比較的人が少ないため、静かな環境でお仕事したい方や、周りの音をシャットダウンしながら作業したいという方におすすめです。


もう一つは、宿泊客や一般のお客様も利用するラウンジ。大きなソファとガラス一面に青い空と海が見えるオーシャンビューが特徴的で、どの席も広々としています。

ホテル館内は無料Wi-Fi完備。サクサク動くため、こちらの席で商談する方や、リモートワークをする方も多いのだとか。多少周りの雑音が入ってしまいますが、それもかえって集中できるはずです。

ホテル敷地内!和歌山の食を楽しめる自慢のお店

名産品や産地でおなかを満たすのも旅の楽しみ。「HOTEL SEAMORE」館内にオープンしているおすすめのレストランを2つご紹介します。

全席オーシャンビュー!大将が目の前で握ってくれる「すし八咫」


ホテル本館の敷地内にあるすし八咫。16席限定で、どの席も海が眺められるオーシャンビュー席となっています。

旧・南紀白浜梅樽温泉ホテルシーモア時代は、白浜の名産魚クエ専門店・九絵亭として親しまれており、「HOTEL SEAMORE」にリニューアル後、新鮮な魚を堪能できる御膳料理メインのいけす円座とおすし専門・すし八咫となりました。

八咫では3つのコース料理から選べ、その日仕入れた新鮮なネタを、大将が目の前で握ってくれます!どれも絶品で、飽きのこないアレンジが話題となり、すし八咫を訪れるために白浜に訪れる方も多いのだそう。


和歌山グルメで外せないクエは、薄造りにしてすだちと少しのお醤油で食べるのがおすすめ。

絶対に「すし八咫」で食事をしたいなら、昼・夜ともに予約することをおすすめします。お一人でもお連れ様とでも、ちょっと贅沢なお寿司で心も身体も満たしちゃいましょう。

■詳細情報
・名称:すし八咫(ホテル敷地内)
・営業時間:お昼の部11:30〜14:30(L.O14:00)
夜の部 17:30〜21:30(L.O21:00)
・お席:16席(カウンターのみ)
・定休日:無定休
・電話番号:0739-33-9090(お店直通)
・公式サイトURL:https://www.keyterrace.co.jp/restaurant/#yara

イートイン&お持ち帰りも対応「TETTI BAKERY&CAFE」


HOTEL SEAMOREに入って最初に目に入るパン工場。ガラス張りになっており、職人がせっせとパンを作る姿が見れるのもHOTEL SEAMOREならでは。

お持ち帰りはもちろんのこと、ラウンジやテラスでのイートインも可能です。お仕事をしながら、小腹が空いたらすぐに買いに行ける距離なのが嬉しい。こだわり抜かれたパンを楽しんでみてくださいね。


陳列されたパン類は、思わず迷ってしまうほど種類が豊富。特にカヌレは、午後には売り切れてしまうほど大人気!小さなお子様から高齢者まで、笑顔でお買い物する光景が素敵です。

■詳細情報
・名称:TETTI&BAKERY&CAFE(ホテル敷地内)
・営業時間:7:00〜18:30
・定休日:無定休
・電話番号:0739-33-7845
・お席:店内にあり、ホテル内のラウンジ・テラスでもイートイン可能
・テイクアウト可能
・公式サイトURL:https://www.keyterrace.co.jp/shopping/#tetti

絶対に写真におさめたい!「HOTEL SEAMORE」のおしゃれスポット


リニューアルコンセプトは「ターミナルホテル」。ハイスペックなデザインが話題となった「HOTEL SEAMORE」ですが、思わず切り取りたくなるおしゃれスポットがあります。ここでは、そんなおしゃれなスポットを2つ紹介しましょう。

シーモア自慢の足湯&絶景で心も身体もポカポカに♪「インフィニティ足湯」


まず、どこを切り取ってもオシャレな、青いタイルが敷き詰められたインフィニティ足湯。テラスに繋がる大きなドアを開けると、青々とした空と海のコラボ!「きれい〜!」とシャッターを切らずにはいられない絶景が待っています。

足湯はなんと無料♪手ぶらでも楽しめるよう、無料のタオルがセッティングされていて、「HOTEL SEAMORE」の気遣いや配慮が至るところに。

まるで南国の雰囲気!「mikan terrace」


足湯の少し奥に行くと、ゆっくりと過ごせるmikan terraceが。たくさんの方が「かわいい〜!」と思わず足を止めるフォトスポットです。

こちらもデザインにこだわっており、最近ではウェディングパーティーなどにも利用されているのだとか。海×絶景×オシャレが揃う「HOTEL SEAMORE」ならではのスポットです。

海外に来たような雰囲気に、心躍りませんか?ぜひ、素敵な写真を撮って思い出メモリーを増やしてくださいね。

ホテルから徒歩圏内!疲れた身体を癒やす自然スポット

お食事でおなかが満たされたら、少し足を伸ばして和歌山観光にお出かけ!「HOTEL SEAMORE」から徒歩圏内で行ける、あまり時間がない方にもおすすめのスポットをご紹介します。

自然が創りだした「千畳敷」


1つめのおすすめスポットは、「HOTEL SEAMORE」から徒歩15分。だだっ広い岩が、長い年月をかけて削られ今の形となった千畳敷です。水際ギリギリまで歩いていけるので、海と空の絶景を独り占めできちゃいます。

少し足元が悪く、坂道もあるので、訪れる際はスニーカーなど歩きやすい靴をおすすめします。また、海が近く波が激しいことがあるため、風が強い日などはくれぐれもご注意を。

■詳細情報
・名称:千畳敷(せんじょうじき)
・住所:〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町千畳
・地図:
・アクセス:バス停「千畳口」下車徒歩約5分 / 白浜駅から車で約20分
・営業時間:24時間
・定休日:なし
・電話番号:0739-43-5555(白浜町)
・料金:なし
・公式サイトURL:http://wwwnanki-shirahama.com/search/details.php?log=1332737678

真っ白な砂浜!白浜を代表する海「白良浜」


2つめのおすすめスポットは、サラサラな白い砂浜が特徴的な「白良浜」。

白浜といえば白良浜というほど、観光客が押し寄せます。夕方頃になると比較的人も少なくて、夕日がきれいに見える時間帯なのでおすすめ。

サラサラな砂の上を裸足で歩くと気持ちいいですよ〜!海を眺めながら、日頃の騒音を忘れて自然の中で癒やされませんか?

■詳細情報
・名称:白良浜(しららはま)
・住所:〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町864
・地図:
・アクセス:バス停「白良浜」下車目の前
・電話番号:0739-43-5555(白浜町)
・公式サイトURL:http://www.nanki-shirahama.com/search/details.php?log=1332737557

ワーケーション×おこもり旅なら「HOTEL SEAMORE」へ!


和歌山・白浜には、たくさんの観光客が訪れます。もちろん海・自然・温泉・グルメが揃う白浜観光もおすすめですが、リモートワークが増えた現代だからこそ仕事をしながら旅も楽しめる滞在をしてほしいと思いました。

仕事がはかどる環境、その地を満喫できる配慮が揃う「HOTEL SEAMORE」。ワーケーション×おこもり旅を和歌山・白浜で楽しんでみませんか?

All photos by Mayu Takano

■詳細情報
・名称:SHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEMORE(ホテルシーモア)
・住所:和歌山県西牟婁郡白浜町 1821
・地図:
・アクセス:バス停「新湯崎」下車徒歩1分/白浜駅から車で約15分
・電話番号:0739-43-1000
・公式サイトURL:https://www.keyterrace.co.jp

【特集】NEXT JAPAN TRAVEL – あたらしい旅、だいすきな場所。-


TABIPPO.NETでは、新しいスタイルでの国内旅行について特集しています。他の記事もぜひチェックしてみてください!
特集を見る

ライター
髙野麻由 フリーライター

和歌山を拠点に旅するフリーライター。枕が変わると寝れない極度の心配性ですが、行動力と直感はピカイチです。アジアを放浪中、インドにどハマりし宗教や文化に興味を持つ。現在グローバルライターを目指し、中国語を勉強中。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング