レジュメの書き方
その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

外資系企業での就職につながるレジュメ(履歴書)の書き方を伝授します!人気企業の採用担当者は日々多くの履歴書を目にしていますが、英文レジュメの書き方をマスターして、他の候補者と差を付けましょう。レジュメに関するコツは当サイトでも度々ご紹介していますが、今手元にあるレジュメをこの機会に見直しましょう。

英文履歴書はアメリカではレジュメ、その他の国ではCV(curriculum vitae)と呼ばれますがここではレジュメに統一します。

 

1.レジュメの内容を応募する職種に合わせる

就職活動中は多業種に渡って、複数の求人案件に応募すると思います。マーケティングのポジションといっても、教育分野とIT分野など、どれとして全く同じ業種・職種に応募するという事は稀でしょう。

例え似たような仕事に応募するとしても、詳細をよく見るとそれぞれの求人において特徴は異なるはずです。だからこそ、応募する求人に応じてレジュメを調整することが重要です。

 

もしかすると、過去に使用したレジュメを再利用できるケースもあるかもしれませんが、それでも応募前にはレジュメを再確認しましょう。最も効率的な方法は、今までの経歴や功績を全て盛り込んだマスターのレジュメを用意しておき、応募する職種内容に応じて加筆修正をすることです。

プロのオススメ:今回応募する求人案件に最も相応しいと思う過去の経歴や業績が1番目立つように、毎回レジュメを工夫しましょう。

 

2.自分が企業に貢献できる点をレジュメに挙げる

過去の経歴やあなたのスキルはレジュメを見れば一目瞭然です。他の候補者も同様です。では、どのように他と差をつけるか?効果的なのは自分がどのように企業に貢献できるのか、レジュメできちんと述べること。

レジュメの冒頭部分に、数行で良いので短い「ステートメント」を書くようにしましょう。これはあなたのこれまでの経験、功績、そして今後あなたのスキルがどのように企業に貢献できるかを凝縮した、あなたのキャリアに纏わるサマリーです。

 

志望動機が明確になるよう、短く、でも的確に書くことで採用担当者は迅速にあなたのキャリアを知ることができます。

プロのオススメ:あなたのサマリーが目立つように、ステートメントの文章はフォントや色を変えることをお勧めします。レジュメの本文は黒を使用することが多いので、ステートメントはグレーを使用するなどして担当者が一目でわかるように工夫すると良いです。(ただし、やり過ぎには注意!)

 

3.レジュメを書く際は、学歴よりも職歴を目立たせる

レジュメを書く際は、学歴よりも職歴を目立たせる

photo by shutterstock

日本語の履歴書と違い、欧米では学歴よりも職歴を重視する傾向がありますので、レジュメを書く際は職歴を先に書くようにしましょう。学歴はそのあとで構いません。

著名な大学を卒業していたり、MBAを保持しているかもしれませんが、それよりも採用担当者はあなたのスキル、経験、そして功績を重視しています。職歴が浅い人でも、これまでの経験、アルバイト先での功績、ボランティア経験などこれまでの職歴を目立たせるようにしましょう。

プロのオススメ:職歴と学歴がきちんと分かれていることが分かるように、小見出しなどを付けて区切りを明確にしましょう。端的に、でも的確に書かれたレジュメは採用担当者の頭に残りますので、見やすいレイアウトを心がけましょう。

その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング