野見山 旅する写真家兼起業家

日本とタイとのハーフ。都内を中心に展開するタイ大使館認定のタイレストラン、チャオタイやタイを中心に様々な企業を起業する起業家。 写真家でもありカメラを片手に世界一周、 アフリカ縦断を行い今まで70カ国以上を旅する。 写真集の発売、個展開催など写真家としても幅広く活動する。 資格マニアで調理師、ゾウ使い、乗馬、小型船舶、ドローンパイロット、ダイブマスターなどの資格を持つ。

ナイトマーケット

Photo By Daichi Nomiyama

毎晩開かれているナイトマーケットですが、ロイクラトンの時期になると市場がカラフルに彩られます。こちらは傘や提灯をつかったアートがとても綺麗ですので、コムローイを打ち上げた帰りにナイトマーケットに寄ってはいかがでしょうか?

美しいアートと陽気な音楽、お酒を飲んで買い物やらマッサージやら。チェンマイで夜遊びするなら治安もいいのでもってこいです。

 

ワットドイティー

Photo by Daichi Nomiyama

Photo by Daichi Nomiyama

チェンマイとランパーンの県境にあるお寺。チェンマイ市内から1時間弱の所にあります。高さ21mの僧侶の像はタイ北部では有名なルーバーシーウィチャイの像です。その姿は圧巻でロイクラトンの時期になりますとコムローイも打ち上がります。

こちらもチケット制なのですが、一斉打ち上げ後には誰でも入ることができ、コムローイを打ち上げられるので夜9時以降に地元の方々と一緒に打ち上げるのも通ですね。

 

やっぱりコムローイ

Photo by Daichi Nomiyama

以前記事に書いたとおり、コムローイの一斉打ち上げはチケット制です。こちらのチケットを確保することができなく、それでもチェンマイに来たからにはコムローイを打ち上げて観たいという方には必見です。

チェンマイ市内からアクセスがいいピン川沿いの橋で、コムローイの販売や打ち上げが行われています。こちらは多くの地元の人が参加しており、一斉打ち上げほどの迫力はありませんが、自分のペースでゆっくり打ち上げられますし、何回でも打ち上げられます。コムローイの値段は一個100バーツ程度なのでお手軽です!

 

まとめ

Photo by Daichi Nomiyama

いかがでしたでしょうか。ロイクラトン時期のチェンマイ。この時期は多くの日本人で賑わっていてとても嬉しいです。この時期にしかない景色やお祭りがあるのでロイクラトンは本当にオススメです!これを機会にチェンマイを好きになってくれる人が1人でもいると幸いです。

自分の旅は自分が主役!それではみなさん、また会いましょう。

野見山 旅する写真家兼起業家

日本とタイとのハーフ。都内を中心に展開するタイ大使館認定のタイレストラン、チャオタイやタイを中心に様々な企業を起業する起業家。 写真家でもありカメラを片手に世界一周、 アフリカ縦断を行い今まで70カ国以上を旅する。 写真集の発売、個展開催など写真家としても幅広く活動する。 資格マニアで調理師、ゾウ使い、乗馬、小型船舶、ドローンパイロット、ダイブマスターなどの資格を持つ。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング