writer
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

高さ29メートルの階段…しかも足場が丸見え…なにこれ、怖すぎるんですけど…。

突如オランダ・ロッテルダムに出現した巨大階段。一体、これはなに?

ででーん!高さ29メートル、長さ57メートルの巨大階段!

スクリーンショット 2016-05-31 15.04.59
photo by MVRDVrotterdam

ロッテルダムに突如現れたこの巨大階段、実は第二次世界大戦中のロッテルダム爆撃からの復興75周年を記念して建築されたもの。

1940年5月14日に実施されたこの爆撃により、ロッテルダムの中心部はほどんと焼け野原になったといいます。

建築を担当したMVRDV社の共同創業者であるWiny Maasは「この建築はロッテルダムの都市計画の次のステップを想像してもらうことが目的。第二の復興だ」と述べています。

屋上からは近代都市を一望!

スクリーンショット 2016-05-31 15.03.56
photo by MVRDVrotterdam

階段を上りきった屋上からは、爆撃から復興した街を一望することができます。またバーなども併設されているとのこと。

最高の景色を見ながら一杯できるなんて…高いところが平気な人は是非訪れたいですね。

建設中の様子も動画で公開

スクリーンショット 2016-05-31 14.34.04
photo by MVRDVrotterdam

お兄さんたちが夜な夜な作業をしています。

スクリーンショット 2016-05-31 14.34.46
photo by MVRDVrotterdam

足場もだんだん高くなっていきます。

スクリーンショット 2016-05-31 14.36.56
photo by MVRDVrotterdam

えっさ、ほいさ。

スクリーンショット 2016-05-31 14.41.15
photo by MVRDVrotterdam

約4分にまとめられているこのタイムラプス動画。どんどんと出来上がっていく階段に目が離せません。

ちなみにこの階段の公開は6月12日(現地時間)まで。オランダに行く予定のある方は是非訪れてみては?

writer
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

RELATED

関連記事