ブルーラグーン
その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

ホフディ・ハウス(迎賓館)

photo by pixta

海岸近くの広い芝生広場の中に佇む、ホフディ・ハウス。迎賓館という名前ですが、白い壁にグレーの屋根、ベージュの煙突と、外観はいたってシンプルです。

現在は会議や公式行事などに使用されているそうで、かの有名なレイキャビク会談もここで行われました。

■詳細情報
・名称:ホフディ・ハウス(迎賓館)
・住所:Fjörutún, 105 Reykjavík, アイスランド
・料金:外部の見学は自由。内部は非公開

チョルトニン湖

photo by pixta

レイキャビク市民の憩いの場、チョルトニン湖。鴨、あひる、白鳥など、たくさんの水鳥が鑑賞できるゆったりとした観光スポットです。

湖の近くには、古い建物の並ぶ旧市街や国会議事堂などがあり、美しい景観が楽しめる場所として人気です。

■詳細情報
・名称:チョルトニン湖
・住所:レイキャヴィーク

ヴィーズエイ島

土地全体が自然保護区に指定されており、多くの野鳥や植物などが鑑賞できるヴィーズエイ島。レイキャビク湾に浮かぶ面積1.6kmほどの小さな島で、レイキャビクから日帰りハイキングを楽しむ人も多いそう。

この島には、オノ・ヨーコが造った「イマジン・ピース・タワー」があります。

■詳細情報
・名称:ヴィーズエイ島
・住所:アイスランド
・公式サイトURL:http://borgarsogusafn.is/is/videy

レイクホルト

首都・レイキャビクから108kmほど離れた場所にある小さな村、レイクホルト。アイスランド有数のオーロラ観測スポットとしても有名で、毎年多くの観光客がここを訪れています。

近くのフロインフォッサルにかかるオーロラが美しいと評判で、レイクホルトから夜の滝を訪れるツアーも催行されています。

■詳細情報
・名称:レイクホルト
・住所:アイスランド
・アクセス:レイキャビクからの長距離バス:週2便

フロインフォッサル

photo by pixta

フロインフォッサルは、普通の滝と違って、川壁の溶岩のすき間を水が流れ落ちる迫力満点の観光スポットです。氷河の溶けた水が溶岩台地に染み込んで、グヴィートアゥ川へ流れ落ちていく姿は、見るものを圧倒します。

先にもご紹介しましたが、ここにかかるオーロラはとてもきれいだそうです。

■詳細情報
・名称:フロインフォッサル
・住所:アイスランド
・アクセス:レンタカーを利用、またはレイキャビク発のフロインフォッサルを含むツアーに参加

バルナフォス

photo by pixta

フロインフォッサルの少し上流にある滝、バルナフォス。美しい自然の中を流れるミントブルーの水、溶岩台地の茶色と、素晴らしい自然景観が鑑賞できます。

しかしながらこのバルナフォスという名前は、以前ここに2人の子供が落ち命を失ってしまい、それを悲しんだ母親が岩の橋をたたき割ったという悲劇的な話からつけられたといいます。

■詳細情報
・名称:バルナフォス
・住所:アイスランド
・アクセス:レンタカーを利用、またはレイキャビク発のバルナフォスを含むツアーに参加

ラングヨークトル

広さ953平方キロメートルにも及ぶ広大な氷河、ラングヨークトル。アイスランド国内では、ヴァトナヨークトル氷河に次ぐ大きさを誇る氷河で、文字通り「ラング=長い」、「ヨークトル=氷河」という意味があります。

レイキャビクからも日帰りできるアクセスの良さも、人気の秘訣です。

■詳細情報
・名称:ラングヨークトル
・住所:アイスランド
・アクセス:レイキャビクから日帰りツアーに参加するのがおすすめ

ラーカギーガル[ラキ火山]

photo by pixabay

スカフタフェットル国立公園内にあるラーカギーガルは、アイスランド南部にある火口群で、自然の圧倒的な恐ろしさ、そして美しさを堪能できる場所です。

1783年〜1784年にかけて大きな噴火があり、割れ目から大量の溶岩が流出したため、1万人ものアイスランドの人々が亡くなってしまったという悲しい歴史があります。

■詳細情報
・名称:ラーカギーガル[ラキ火山]
・住所:アイスランド
・アクセス:夏季にはバスが運行している

ランドマンナロイガル

photo by pixta
色とりどりの雄大な山々を鑑賞できるランドマンナロイガル。レイキャビクから東へ140kmほどの場所にあり、内陸部へのトレッキングの起点として人気を誇っています。

天然の温水プールなどもあるので、水着も必須です。

■詳細情報
・名称:ランドマンナロイガル
・住所:アイスランド
・アクセス:レイキャビクからランドマンナロイガルへのツアーあり

ソゥルスモルク

エイヤフィヤトラヨークトル氷河、ミールダルスヨークトル氷河、ティンドフィヤトラヨークトル氷河という3つの氷河に囲まれた自然保護区で、緑豊かな森林が残っている、ハイカーに人気のスポットです。

特に夏季は多くの人がハイキングやトレッキングを楽しんでいます。

■詳細情報
・名称:ソゥルスモルク
・住所:アイスランド
・アクセス:レイキャビクからソゥルスモルクへのツアーに参加。また夏季にはバスの運行もあり

スコゥガフォス

photo by pixabay

スコゥガフォスとは、アイスランド南部にある滝で、雄大な自然の中を大量の水が勢いよく流れる姿を鑑賞できます。

幅は約25m・落差は約60mと、アイスランド国内でも最大級で、水量の多い晴れた日には虹を見れることもあります。滝の落ち口に展望台があるので、写真を撮りたい方はそちらに向かうのがおすすめ。

■詳細情報
・名称:スコゥガフォス
・住所:Gönguleið um Fimmvörðuháls, アイスランド
・アクセス:レンタカー、またはスコゥガフォスを含むツアーに参加

ブラックサンドビーチ

photo by pixta

アイスランド南部には、世にも珍しい真っ黒なビーチがあります。あたり一面黒砂が広がる景色は、他ではなかなか見ることができません。

黒い砂や石で覆われている海岸、断崖絶壁、奇岩群と、まるで別世界に入り込んだかのような奇妙な風景が楽しめます。

■詳細情報
・名称:ブラックサンドビーチ
・住所:アイスランド
・アクセス:レンタカー、もしくはレイキャビク発着のブラックサンドビーチを含む日帰りツアーに参加

グリムセイ島

グリムセイは、アイスランドで人が住む最北端の島で、野鳥の楽園となっており、バードウォッチャーのパラダイスとしても有名です。

北極海を望む雄大な景色の中で、楽しく島の散策をしてみましょう。

■詳細情報
・名称:グリムセイ
・住所:アイスランド
・アクセス:ダールヴィークからフェリーも週3往復あり、所要時間は約3時間。

アイスランド観光について調べている方に、人気の商品はこちらです

created by Rinker
¥22 (2021/11/27 10:56:14時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ラッキーシップ(Lucky-ship)
¥1,463 (2021/11/27 00:09:24時点 Amazon調べ-詳細)

その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング