writer
佐々木 拓馬 フリーライター

せかいいっしゅうしましょう じぶんのいきたいところにいきましょう むずかしいことはなしにして さぁ、いきましょう

突然ですが、クイズです。インドとモロッコの共通点ってなーんだ?

正解は・・・日本語ギャグが流行っていること(笑)。

なぜかは知りませんが、インドとモロッコでは日本語ギャグが流行っています。

 

屋台で買い物をしたり、タクシーに乗ったり、町を歩いていたりすると・・・どこからともなく日本語ギャグが聞こえてくるのです。特にインドはバラナシ、モロッコはマラケシュのジャマルフナ広場が日本語ギャグのメッカ。

下手すれば一日100回ギャグを聞くほどです(笑)というわけで、今回は僕がインドとモロッコで実際に言われた「日本語ギャグ」を紹介していきます。

 

「バラナシ、歯ブラシ、スバラシ!!」/インド

9660576547_81767a887a_b

photo by Science Museum London

僕はその日、小舟に乗ってガンジスの朝日を見ていました。後にも先にもあんな真っ赤な太陽を見たことはありません。力強く輝く太陽の光はあらためてここが「聖地」だということを感じさせてくれました。

感動に震えている僕を見て、船の運転手はいいました。

 

「バラナシ、歯ブラシ、スバラシ!!」と。

・・・台無しだよ(涙)!インドなのにめっちゃ寒いよ!!

あとからわかったことですが、このギャグは伝統的バラナシの日本語ギャグらしく、バラナシの大人はだいたい知っているそうです。

 

「ガンジスに沈めんぞ。」/インド

8815577710_7202d1d635_b-678x438

photo by R. Mitra

僕がガンジスをぼーっと眺めていた時に、突然肩をたたかれました。「なんだろう?」と思って後ろを振り向くと、20代くらいのインド人青年が一人。

彼はゆっくりと口を開くと、「ガンジスに沈めんぞ?」と微笑みながら言いました。

writer
佐々木 拓馬 フリーライター

せかいいっしゅうしましょう じぶんのいきたいところにいきましょう むずかしいことはなしにして さぁ、いきましょう

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング