TABIPPO社員
小倉 茄菜 TABIPPO / デザイナー

海と写真が好きなデザイナー。桑沢デザイン研究所在学中の19歳の時にTABIPPOと出会い、ジョイン。その後、人生はじめての海外&ひとり旅へ出て、旅に魅了され、休みがあれば旅をする日々へ。学生の頃から「旅するデザイナー」として働きながら旅をすることを実現。タイ/バンコク、小笠原諸島父島と拠点を移し、現在は湘南に拠点を置きながらWeb/紙媒体のデザイナーとして活動中。暮らすように旅するのが好き。

夏になれば足元には決まってビーチサンダル。ラフで心地いから、海へだって旅にだって履いて行っちゃう、わたしの夏の定番。

そしてお気に入りのブランドは大抵毎年同じで、鼻緒が壊れたりソールが薄くなっては、同じデザインのものを何回も数年間で買い換えてきました。

photo by Nana Ogura

「さて、壊れたビーチサンダルはどこへゆくのだろう。」

そんなことは今の今まで考えたことさえありませんでした。

photo by Nana Ogura

もしかしたらわたしが使わなくなったビーチサンダルは、大好きな海に浮かぶゴミの一部になっているかもしれない。

ビーチサンダルはひとつの例で、きっとひとりひとりが生活をしていく中で少なからず自然を汚していて、その結果が今の環境問題で改善すべき課題だと思います。

さあ、ストーリーでモノを選ぶ時代へ。地球のことを考えてみよう。

旅に出る時も足元から地球のことを考えてみませんか?

今年からわたしが愛用しておすすめしたいのが、インドネシア/バリ島発のフットウェアカンパニー「indosole(インドソール)」。


おすすめしたい理由は、製品の生まれたストーリー。そしてサンダル自体が廃棄されたタイヤと、高品質で環境保全を意識した再利用素材、ビーガン素材でできている点。

汚染問題の軽減、そしてバリという小さな島でサステイナブルなビジネスをクリエイティブに生み出し体現しているフットウェアカンパニーです。

photo by indosole
photo by Nana Ogura
今までのビーチサンダルにないフィット感のある履き心地、ソールが立体的な形になっていて歩きやすさ抜群です。廃棄されたタイヤで作られているなんて想像もつかない商品です。

photo by Nana Ogura
そしてメンズ・ウィメンズどちらもお洒落なカラーラインナップで、廃棄されたタイヤをモチーフに形どられたソール裏部分など遊び心まで忘れていない、細部までこだわり抜かれたデザイン性が人々を魅了しています。

photo by Nana Ogura

photo by Nana Ogura
今なら廃棄されたタイヤからつくられているindosoleのフットウェアをお得に購入することができます。

夏に向けて新しいものを購入する予定なら、indosoleの商品を選ぶことが、環境問題に貢献できる一歩に繋がるはずです。

TABIPPO限定の割引クーポンコードは記事最後に記載しています。

世界中で廃棄される膨大な量のタイヤ

環境汚染の点でindosoleが取り組んでいるのが廃棄されるタイヤの再活用です。タイヤってそんなに多く廃棄されているのかな?と疑問に思う方もいると思いますが、多くの環境問題を生み出しています。

そんな廃棄されるタイヤの現実とIndosoleのチャレンジについてindosole公式HPから引用してご紹介します。


世界中で年間1.5億ものタイヤが廃棄されています。それらの多くは中間処理場に長期間放置されていたり、河川などに不法投棄されたりと深刻な環境汚染問題となっています。

また、熱帯諸国では、山積みにされた廃タイヤが蚊の繁殖地となり、マラリアやデング熱などの病気を引き起こしています。タイヤは廃棄しても長い間、原形を留めてしまい、腐敗するまでには何千年もかかるといわれています。

そしてタイヤ燃焼に伴う有毒物質の発生問題もあり、発展途上国では廃タイヤを焼却して安価な燃料代替品として使っています。

廃棄されて山積みにされた廃タイヤから起きる蓄熱火災も後を絶ちません。これらの燃焼がもたらす大気、水質、土壌への汚染、そして人体に害を及ぼすことは言うまでもありません。

行き場を失った廃タイヤを再利用


2004年、Indosoleの創始者であるカイル・パーソンズは初めてバリ島を訪れました。彼はその時、バイクのタイヤをソールに使ったサンダルと出会ったのをきっかけに、世界の廃タイヤ問題について関心を持ち始めました。

毎年10億個以上の廃タイヤが埋め立てられている状況を知り、サンダルの素材として再活用したいという想いがさらに高まり、リサイクルタイヤサンダルを開発することでインドネシアの汚染問題の軽減に少しでも貢献できればと願い、起点となったバリ島に戻ることを決めました。

こうして2009年にインドソール社が起業され、 カイルは現在経営者(CEO)としてインドソールチームメンバーと共に世界中で廃タイヤ革命を起こすチャレンジを続けています。

引用:https://indosole.jp/pages/our-story

indosoleの工場はこんなところ

Indosole は2014年に社会や公益のための事業を行っている企業に発行される民間認証制度、B-Corpsとして認証されています。

フェアトレードやオーガニック製品と同じように、ビジネスのアカウンタビリティや透明性、社会的パフォーマンス、環境へのインパクトなどの条件をクリアした企業のみが取得できる認証制度で、労働者の環境も良好。

photo by indosole
photo by indosole

Professional プロ意識の高い職人の集まり
Safe 衛生かつ安全で明るい作業場
Healthy 笑い声と音楽で溢れる楽しい環境

こんな目標の中、indosoleのフットウェアは製造されています。

ストーリーでモノを選ぶ時代へ

photo by indosole
同じビーチサンダルを買うなら、どこの何を素材に使って、誰がどんな労働条件で働いてるか見えない商品より、想いがあって共感できるストーリーのある商品を買いたい。ストーリーでモノを選ぶ時代へ、きっともうなっているのではないでしょうか。

photo by indosole
ひとつのフットウェアカンパニーの想いや商品の背景を知るだけでも、その商品を使ってみたくなったり、愛用しながらそのストーリーをまた誰かに伝えたくなる。

そんな連鎖から環境問題への関心が生まれる、それって素敵なことじゃないかなと思いながらindosoleをおすすめしています。

photo by Nana Ogura

次の旅から足元から地球のことを考えてみない?

photo by indosole
世界をまた平和に巡れる日が戻ってきたら、次に旅へ出る時には足元から環境のことを考えながら、ストーリーと想いのこもったお気に入りのフットウェアで世界へ一歩踏み出してみませんか。

旅が大好きだからこそ、環境問題にも本気で向き合い、今できることから行動に移していきたい。そんなふうにわたしは思っています。

photo by indosole

今だけTABIPPO限定クーポンコード発行中!

今ならindosoleのフットウェアをお得に購入することができます。この夏は足元から地球のことを考えて、お気に入りのフットウエアで素敵な夏を過ごしてみませんか。

Indosoleオフィシャルサイトで利用可能なクーポンコードはこちら。

クーポンコード:TABIPPO_indosole2020
内容:10% OFF
利用期限:2020/8/03までの期間限定です。
(※おひとりさま1回のご使用のみ)

ウェブストアを見る

公式Instagramではindosoleのフットウェアについて日々発信しています。こちらも合わせてチェックしてみてください。
@indosole_jp

photo by indosole
photo by Nana Ogura

TABIPPO社員
小倉 茄菜 TABIPPO / デザイナー

海と写真が好きなデザイナー。桑沢デザイン研究所在学中の19歳の時にTABIPPOと出会い、ジョイン。その後、人生はじめての海外&ひとり旅へ出て、旅に魅了され、休みがあれば旅をする日々へ。学生の頃から「旅するデザイナー」として働きながら旅をすることを実現。タイ/バンコク、小笠原諸島父島と拠点を移し、現在は湘南に拠点を置きながらWeb/紙媒体のデザイナーとして活動中。暮らすように旅するのが好き。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング