writer
ほさかまき 「世界一周ひとり旅」経験者

理系の国立大学院を卒業後、11年間勤めた企業を退職し、2017年2月に世界一周開始。30代半ばにして突如世界一周を思い立つ。社会人になってから毎年有給休暇で海外旅行をしていたが、バックパッカーは初めて。東京生まれ東京育ちのため、のどかな田園風景に憧れる。衰えつつある体力と戦いながら、趣味の写真撮影を楽しめるよう、のんびり旅します。

サニシドロまでのトレッキングが楽しい

イルーシャから片道3時間前後歩くと、サニシドロ(San Isidro)という、イルーシャよりも更に小さい村に行くことができます。

サニシドロまでのトレッキングがまた楽しいのです。壮大な岩山の間を、川沿いに、たまに川を越えながら進んでいきます。途中ロバがいたり、ときにはコンドルが飛んでいる様子も見ることができます。

私はイルーシャの宿で知り合ったアルゼンチン人と一緒に、日帰りで行きました。サニシドロは警察さえないような小さな村なので、ビュースポットまで行っても1時間あれば十分見て回れます。

少ないながらも宿泊施設があるので泊まることも可能です。もちろんレストランと売店もあります。

 

宿泊施設と注意点

All photo by ほさかまき

イルーシャの宿をBooking.comで探すことはできませんでした(2018年1月時点)。しかしバスの到着時間に合わせて宿の人がたくさん勧誘に来ていたので、宿探しに困ることはありません。Wi-Fiはイルーシャで唯一のホテル以外にはありません。諦めましょう。

シャワーは一応温水ですが、ぬるいお湯がチョロチョロと出るだけで、しかも給湯器が15分で切れると言われました。これも諦めるしかありません。私が泊まった宿は、家の中は暖かく清潔だったので、その点は良かったです。

村の道路は全部石畳で、相当デコボコしています。キャリーバッグで行くのはやめた方がいいでしょう。

イルーシャは秘境といわれるだけあって不便な面もありますが、他ではなかなか味わえない素朴な村の様子と、美しい谷の中にある小さな村という独特の景色を見ることができます。

時間がある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。特にウマワカ渓谷の景色に感動した方には、自信をもっておすすめします。

\オトナフォトジェンヌほさかまきの世界一周連載はこちらから!/

writer
ほさかまき 「世界一周ひとり旅」経験者

理系の国立大学院を卒業後、11年間勤めた企業を退職し、2017年2月に世界一周開始。30代半ばにして突如世界一周を思い立つ。社会人になってから毎年有給休暇で海外旅行をしていたが、バックパッカーは初めて。東京生まれ東京育ちのため、のどかな田園風景に憧れる。衰えつつある体力と戦いながら、趣味の写真撮影を楽しめるよう、のんびり旅します。

RELATED

関連記事