何もしない時間が本当の贅沢!のんびり、まったりな世界の島10選
writer
ヤミー 世界一周経験者

はじめまして。ワーホリやバックパッカー、世界一周含めて4年間ふらーっとしている歩未です。ニックネームは、呼び間違いからYummy(ヤミー=美味しいの意味)です!18歳のとき高橋歩さんの「世界一周しちゃえば?」を読んでから旅病にかかり、ずーっと無計画に、気の向くままに、深く考えず直感で旅をしています。口コミで行き先を決めることもあれば、バスターミナルで惹かれた地名に行くことも。去年世界一周をして、長期の陸路旅だからこそ、文化や街並みや人の顔つきが徐々に変わっていくのを見れて、世界はオモシロイ!と改めて感じました。これからも旅を続けていきます。よろしくお願いします!

こんにちは!Yummyです!旅好きのみなさんは、どんな島を訪れたことがありますか?ハワイやバリ島など世界中には数えきれないほどの島が存在し、島国である日本にも約6800ほどの離島があるんです。

このような本土から離れた島や小さい島は、ゆったりとした空気が流れ、人も穏やかなことが多いですよね。普段時間に追われ忙しく過ごしている私たちにとっては、癒しの場所になる島。

そこで世界中にある島の中でも特に大自然に囲まれて「ただのんびりと何もしない贅沢を味わえる」、そんな島を10ヶ所ご紹介します!

 

コスメル島(メキシコ)

P1131441

Photo by Ayumi Hara

メキシコの東側、カリブ海に浮かぶコスメル島はメキシコのプラヤ・デル・カルメンからフェリーで1時間弱の場所にある島です。

島の中心部はアメリカのリゾートのような派手さがありますが、一歩ビーチに出るとその透明度は世界一とも思えるほど!シュノーケリングをすればどこまでも透き通る海に感動するはずです!泳げない人も、浅瀬を歩いているだけでたくさんの魚を見ることができます。

「恋するコスメル」としても有名な島で、ぜひビーチの岩場で音楽聞きながら昼寝をしてみてください!

 

ロットネスト島(オーストラリア)

16672541476_b4335d1f7a_b

Photo by Craig Siczak

P4100979

Photo by Ayumi Hara

西オーストラリアのインド洋に浮かぶ島で、オーストラリア本土のパース近郊の街フリーマントルから高速船で30分ほどで行ける小さな島です。

ここの最大の魅力は、クオッカという希少動物と触れ合えること!実はクオッカはこのロットネスト島でしか生息しておらず、その口角の上がった笑っているような顔から「世界一幸せな動物」と呼ばれるようになりました。木陰や脇道からひょこっと顔を出し、警戒心なく近寄ってきて写真を撮らせてくれます。

また、とても環境に優しい島で、島内は一般車両が禁止になっているので観光客はレンタサイクルで周ります。誰もが優しい気持ちになれる、そんな温かい島です。

 

タスマニア島(オーストラリア)

5864524207_bdf74f4985_b

Photo by Francesco Supertramp

もう1ヶ所オーストラリアから。タスマニア島は昔オーストラリア本土と繋がっていて、島ではありますがオーストラリアの1つの州として成り立っています。基本的にはどの都市からも空路で行けますが、メルボルンからフェリーで行くことも可能です。

もともとは植民地であった悲しい歴史もありますが、海に囲まれつつ山も多く、そしてタスマニアンデビルやウォンバットなど固有動物も多いなど魅力たっぷり!ダイナミックな自然に囲まれると不思議とエネルギーがもらえますよね!

ジブリファンの間では、魔女の宅急便でキキが居候していたパン屋のモデルがあることでも有名です。

 

フヴァル島(クロアチア)

DSCF4472コピー

Photo by Ayumi Hara

DSCF4464コピー

Photo by Ayumi Hara

クロアチアの港町スプリットからフェリーで約1時間のところにあるフヴァル島は、アドリア海に浮かぶ観光名所の島です。

同じアドリア海を挟んで反対側にあるイタリアのカプリ島と同じく、洞窟内の海底に日が差して全体が青く染まる「青の洞窟」に行けることで有名です。カプリ島よりも費用が安く行けるのでおすすめです。

クロアチアらしくオレンジ屋根が並び、アドリア海の青さとのコントラストがまるで絵本の世界にいるようです。ぜひのんびりと路地裏散策を楽しんでみてください。

 

ガラパゴス諸島(エクアドル)

P2203486

Photo by Ayumi Hara

誰もが一度は訪れてみたい島、ガラパゴス諸島は多くの固有動植物の残る世界遺産の島です。私も世界一周で必ず訪れると決めていた島です。エクアドルのグアヤキルから飛行機で1時間ほど。空港に着くと自然を守る為に入島料としてUS$100を支払います。

自然ガイド無しで個人で訪れる場合は、サンタクルス島、サンクリストバル島、イザベラ島の3ヶ所しか行くことができません。入島料も入島制限も、自然を壊さないようにとても大切なことですね。

writer
ヤミー 世界一周経験者

はじめまして。ワーホリやバックパッカー、世界一周含めて4年間ふらーっとしている歩未です。ニックネームは、呼び間違いからYummy(ヤミー=美味しいの意味)です!18歳のとき高橋歩さんの「世界一周しちゃえば?」を読んでから旅病にかかり、ずーっと無計画に、気の向くままに、深く考えず直感で旅をしています。口コミで行き先を決めることもあれば、バスターミナルで惹かれた地名に行くことも。去年世界一周をして、長期の陸路旅だからこそ、文化や街並みや人の顔つきが徐々に変わっていくのを見れて、世界はオモシロイ!と改めて感じました。これからも旅を続けていきます。よろしくお願いします!

RELATED

関連記事