イスラエルの世界遺産
writer
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

今回はイスラエルの世界遺産全7ヶ所を紹介します。イスラエルは古代から文明が発達していたパレスチナ地方にあり、歴史的、宗教的な見どころが多くあります。最大の観光名所は、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の三大聖地であるエルサレムの旧市街です。

 

エルサレムの旧市街とその城壁群

キリスト教、ユダヤ教、イスラム教全ての聖地とされるエルサレムには過去も現在も殉教者が耐えません。嘆きの壁やゴルゴダの丘、岩のドームなど宗教色の濃い歴史的建造物の多い都市でもあります。

周辺都市は情勢が危うく、また宗教間で歴史を通して領有権が争われてきたことなどから、最も長い期間危機遺産として登録されている物件です。

エルサレムの旧市街とその城壁群

photo by Kyle Taylor

エルサレムの旧市街とその城壁群

photo by tmesis

エルサレムの旧市街とその城壁群

photo by bachmont

 

テルアビブの白い都市

第一次世界大戦後、テルアビブにはユダヤ人を中心に多くの移民が流れてきました。移民たちのために多くの住居が必要とされ建てられたのがこの白亜の都市です。

20世紀前半の都市計画の優れた例証として、世界文化遺産に登録されました。暑さを避けるために塗られた、熱を反射する白壁の家々は独特の景観をもたらしています。

テルアビブの白い都市

photo by israeltourism

テルアビブの白い都市

photo by Ran Yaniv Hartstein

 

マサダ

ヘブライ語で要塞を意味するマサダは、その名の通り岩山の上に築かれた要塞跡です。紀元前120年頃に建設された要塞は、後にヘロデ王の離宮兼要塞となりました。

現在でもマサダはユダヤ人にとって民族の聖地となっています。観光客は麓からのロープウェイに乗って行くことができます。2001年に世界文化遺産に登録されました。

マサダ

photo by Daniel García Peris

マサダ

photo by Solly Markovitch

 

ハイファ及び西ガリラヤ地方のバハイ聖地群

バハイ教はバーブによるバーブ運動をきっかけにバハーウッラーによって創始されたイスラム教系の新宗教で、ハイファにはバハーウッラーの墓、バーブの霊廟など26の建築物が2008年より世界文化遺産に登録されています。

ここには教団本部棟をはじめ、住居、庭園、墓地などがあり、バハイ教の信者達にとっての聖地となっています。

ハイファ及び西ガリラヤ地方のバハイ聖地群

photo by eutrophication&hypoxia

ハイファ及び西ガリラヤ地方のバハイ聖地群

photo by Guillaume Paumier

ハイファ及び西ガリラヤ地方のバハイ聖地群

photo by Josh Evnin

 

香料の道-ネゲヴ砂漠都市

かつてナバタイ王国が栄えたハルザ、アヴタット、マムシット、シヴタの4つの砂漠都市がまとめてネゲヴ砂漠都市と呼ばれています。これらの都市を経由する香辛料や香料を運ぶための交易路が香料の道です。

紀元前3世紀から2世紀にかけて古代ナバタイ人によって利用されました。周辺には要塞や隊商宿などの遺跡も残っています。

香料の道-ネゲヴ砂漠都市

photo by Derek Winterburn

香料の道-ネゲヴ砂漠都市

photo by Tomash Devenishek

香料の道-ネゲヴ砂漠都市

photo by Tomash Devenishek

 

ユダヤ低地の洞窟世界マレシャとベト・グヴリン

石灰岩の層から掘り出された人工の洞窟群です。マレシャとベト・グヴリンの地下にあり、2000年にも渡って発掘が続けられながら洞窟が拡張されていったと考えられています。

writer
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング