ライター
土庄 雄平 山岳自転車旅ライター・フォトグラファー

1993年生まれ、愛知県豊田市出身、同志社大学文学部卒。第二新卒を経験後、大手部品メーカーで営業をしながら、トラベルライターを両立。長期連休は自転車旅に充て、土日は山に足繁く通うアウトドアスタイルを信条とする。 春は桜を愛でながらサイクリング、夏は冷涼な北日本へ自転車で大冒険、秋は秘境の紅葉を求めて登り、冬は輝く樹氷と白銀の世界に魅了される。そんな自然の中へ身を投じる旅がルーティーン。 2020年9月「夏のYAMAPフォトコンテスト2020」入賞。入賞作品がプリントされたTシャツがグラニフから発売決定。

海外旅行を再開する目処が立たない昨今。旅が日常となっている人にとっては、とても辛いものです。かくいう私も新婚旅行に行けなくなってしまい、頭を抱えています!

そんな中でも、どのように旅感覚を忘れず、この長いトンネルを乗り切るか?こうしたことに盛んに意識が向けられるようになった気がします。また、アウトドア×日本がメイン領域となっている私にとっては、日本の魅力を幅広い方へお届けするチャンスだとも感じています。

というわけで今回は、私がこれまでの旅の中で出会ってきた「日本にある世界の絶景」をご紹介!日本にいながら世界を感じる体験を通じ、「日本にはこんな場所もあったんだ!?」という驚きを感じながら、将来の海外旅行への期待を膨らませてみてはいかがでしょうか?

【岐阜県】あのパノラマが日本に?天空の茶畑「岐阜のマチュピチュ」


まず最初に紹介するのは、あの有名な世界遺産マチュピチュに例えられる岐阜の穴場名所「上ヶ流茶園 天空の茶畑」。元々、寒暖差の激しい気候から、茶の栽培に適している揖斐川町の春日地区では160年以上にわたり、茶畑が営まれてきました。

そんなこの場所で、茶畑を営む農家のお子さんが、ふと「まるでマチュピチュみたい!」と言ったことから、少しずつ口コミで広がって、今では多くの観光客が訪れるように!


茶畑の駐車場から15分ほどハイキングをすれば、山間に抱かれた茶畑を望め、まさに天空の都市を思わせる光景が広がります。標高は決して高くないものの、そのスケールと開放感には思わず立ち尽くしてしまうはず!

この茶畑は今でも春日地区の複数の農家さんの手によって維持されています。異国情緒漂う絶景でありながら、日本の奥ゆかしい伝統的な文化景観。ぜひ後世までずっと残ってほしい名所です。

■詳細情報
・名称:岐阜のマチュピチュ 天空の茶畑
・住所:〒503-2502 岐阜県揖斐郡揖斐川町春日六合
・地図:
・アクセス:大垣市街から車で約45分
・電話番号:0585-22-2111
・料金:無料
・所要時間:1〜2時間程度
・オススメの時期:茶摘みをする6月
・公式サイトURL:http://kamigare.net/

【愛知県】日本のナイアガラの滝?日本三大堰堤「長篠堰堤」


愛知県三河地域の奥座敷といわれる新城市。そこには、都会という愛知のイメージとは裏腹に豊かな自然が根付いています。ポイントは、その豊かな自然を人々の知恵で活用した名所が多いということ。

今回取り上げる「長篠堰堤(ながしのえんてい)」もその一つです。かつて織田信長と武田勝頼が対峙したことで知られる新城市長篠に築かれた小さなダムで、南北を流れる河川を利用した日本初の立軸式水車発電所でもあります。


そんな「長篠堰堤」はいつしか、その横に長いビジュアルから”ナイアガラの滝”と例えられるようになりました。なるほど、幅100mにも及び、ゴォォ〜と音を立てて落ちる流水は圧巻で、確かに名瀑を彷彿とさせる大迫力!人工物でありながら、天然の滝のような趣も兼ね備えていますね。

まだ知る人ぞ知る新城の穴場名所です!

■詳細情報
・名称:長篠堰堤
・住所:〒441-1314 愛知県新城市横川倉木
・地図:
・アクセス:新城市街から車で約20分
・料金:無料
・所要時間:1時間程度

【和歌山県】秘境「古座川の一枚岩」は日本版エアーズロック?


紀伊山地の大塔山を水源とする古座川峡。紀伊半島の南端である串本町へと流れる長大な峡谷です。古座川峡や串本町を含む、この南紀一帯は、橋杭岩や虫喰岩をはじめとした奇岩群の宝庫として有名です。

その中で密かに異国情緒漂う絶景と言われているのが、古座川中流から下流域に現れる「古座川の一枚岩」です。一枚の岩盤としては国内最大級。そして国の天然記念物に指定されているこの大岩は、その迫力と存在感から”日本のエアーズロック”と呼ばれています。


写真に収まりきらない一枚岩と、エメラルドグリーンの渓流、そこに川下りのボートが加われば、日本版エアーズロックの本領!秘境感が堪らない絵になる風景が見られますよ。

■詳細情報
・名称:古座川の一枚岩
・住所:〒649-4235 和歌山県東牟婁郡古座川町相瀬290
・地図:
・アクセス:串本町の市街地より車で約25分
・所要時間:30分〜1時間程度
・オススメの時期:夏
・公式サイトURL:http://www.town.kozagawa.wakayama.jp/kankou/sub001.html

【香川県】私の旅の原点!日本のエーゲ海「小豆島」


4つ目に取り上げるのは、私がトラベルライターとして活動を始める原点となっている「小豆島」。瀬戸内海に浮かぶ離島で、穏やかで絵になる景観が特徴的!近年は伝統産業の醤油やオリーブ、そして瀬戸内国際芸術祭によるアート創作活動で活気づいています。

そんな「小豆島」が彷彿とさせるのは、ヨーロッパの”エーゲ海”!特に島の至る所に植わっているオリーブの木々と港町がコラボレーションする風景は、どこか日本離れした美しさを兼ね備えています。


異国情緒を感じるポイントはいくつかありますが、その中でおすすめしたい穴場名所が、池田港近く、オリーブ農家の井上誠耕園さんが手がける「Bakery & Cafe菊太郎」。2Fのテラス席ではオリーブ畑越しに池田港を眺めながら、自家製オリーブオイルやジャムに合う、ふわふわな生食パンを頂けます。

特にヨーロッパ好きにおすすめしたい国内の旅行先です!

■詳細情報
・名称:Bakery & Cafe菊太郎
・住所:〒761-4301 香川県小豆郡小豆島町池田2267-5
・地図:
・アクセス:池田港から車で約8分
・営業時間:10時00分~14時00分
・定休日:火曜日・木曜日
・電話番号:0879-75-1369
・料金:1000円〜2000円
・所要時間:1〜2時間程度
・オススメの時期:春〜夏
・公式サイトURL:https://www.inoueseikoen.co.jp/kikutaro/index.html

【青森県】あのパタゴニアの絶景が日本に!下北半島「仏ヶ浦」


海外通なら一度は憧れる旅行先・南米のパタゴニア!その代表的な名所であるトーレス・デル・パイネ国立公園は、草原からツンドラ地形、そして高山帯まで広い気候が一つ集約し、ここでしか味わない体験を求めて多くの観光客が訪れます。

そんなパイネ国立公園に例えられる名所が日本にあることを知る人は、あまりいないでしょう!その正体は、本州最北端・下北半島に位置する景勝地「仏ヶ浦」。海底火山の活動により堆積した凝灰岩が、波や風によって浸食された結果、生まれた異形の景観が特徴的です。


規模こそ違いますが、パイネ国立公園の三つの峰と、仏ヶ浦のそそり立つ奇岩はどこか趣が重なります。また”仏”という名称から、仏教世界に例えられ、奇岩が命名されているのも面白いところ。

世界の絶景を彷彿とさせながら、実は日本的な価値観が強く反映されているこの場所。日本にある世界の絶景を巡れば、日本のディープな世界を再発見することができます。

■詳細情報
・名称:仏ヶ浦
・住所:〒039-4712 青森県下北郡佐井村大字長後縫道石地内
・地図:
・アクセス:佐井村の観光船で約30分〜40分
・営業時間:8時00分~17時00分
・定休日:なし
・電話番号:0175-38-2255(佐井定期観光)
・料金:観光船は往復2500円 ※車で訪れることも可能です。その場合は無料
・所要時間:2時間前後
・オススメの時期:夏
・公式サイトURL:https://simokita.org/sight/hotoke/

【鹿児島県】東洋のマッターホルン!屋久島「モッチョム岳」


ヨーロッパのアルプス山脈の顔・マッターホルン。天を衝くようにそびえる岩峰は、世界各国の登山愛好家を魅了してやまない存在と言えるでしょう。日本においてもそれを象徴するかのように、全国各地にマッターホルンと例えられる山が存在します。

中でも”東洋のマッターホルン”と栄誉ある異名を冠しているのが、世界遺産屋久島の南部にそびえる「モッチョム岳」。標高は1,000mに満たないのですが、海抜0mからそそり立ち、山頂が鋭利な岩で形成されている山容は、思わず息を呑む迫力です。


そんなこの山、中々ハードなコースとして有名で、登山中級者向き!しかし、過酷な道のりを越えれば、まるで海へと吸い込まれるような壮大なパノラマが味わえます。

アウトドアが大好きな私が一押しするスポットです!

■詳細情報
・名称:モッチョム岳
・住所:〒891-4404 鹿児島県熊毛郡屋久島町尾之間
・地図:
・アクセス:宮之浦港から車で千尋の滝(登山口)まで約30分
・所要時間:登山後往復7時間〜8時間
・公式サイトURL:https://www.welcomekyushu.jp/world_heritage/modelcourses/detail/4

【長崎県】日本のモン・サン・ミッシェル?壱岐島「小島神社」


最後に紹介するのは、神の島・壱岐島にあるパワースポット「小島神社」。なんと干潮の際に、海から道が浮かび上がり、参拝できる変わった神社です。香川県小豆島のエンジェルロードを筆頭に、全国各地で最近注目されているトンボロ現象へ分類されます。

そんなこの神社が例えられているのは、あの有名なフランスの世界遺産”モン・サン・ミッシェル”。少々大げさかもしれませんが、奇抜なネーミングで話題性が高まっています!


特におすすめしたい時間帯は午後!太陽の光が順光となり、青空が海に反射して、より一層ミステリアスな雰囲気を漂わせてくれます。また大切な人と手をつないで渡れば、愛が実るとも言われており、訪れる人が後を絶ちません。

壱岐島には数多くのパワースポットが存在するので、マニアな旅人はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

■詳細情報
・名称:小島神社
・住所:〒811-5315 長崎県壱岐市芦辺町諸吉二亦触1969番地
・地図:
・アクセス:壱岐空港・芦辺港から車で約10分
・料金:無料
・所要時間:1時間程度
・干潮時間:http://www.data.jma.go.jp/kaiyou/db/tide/suisan/suisan.php?stn=X3
・公式サイトURL:https://www.ikikankou.com/spot/10092

今だからこそ!日本で異国情緒漂う絶景探しの旅はいかが?


いかがでしたでしょうか?これまで私が様々日本を巡る中で出会ってきた、とびっきりの世界の絶景をご紹介してきました。今すぐに海外旅行は難しいですが、それでも刺激的な旅がしたい!というあなた、今こそ日本のディープな魅力を再発見する旅へ出かけてみてはいかがでしょうか?

All photos by Yuhei Tonosyou

【特集】NEXT JAPAN TRAVEL – あたらしい旅、だいすきな場所。-


TABIPPO.NETでは、新しいスタイルでの国内旅行について特集しています。他の記事もぜひチェックしてみてください!
特集を見る

ライター
土庄 雄平 山岳自転車旅ライター・フォトグラファー

1993年生まれ、愛知県豊田市出身、同志社大学文学部卒。第二新卒を経験後、大手部品メーカーで営業をしながら、トラベルライターを両立。長期連休は自転車旅に充て、土日は山に足繁く通うアウトドアスタイルを信条とする。 春は桜を愛でながらサイクリング、夏は冷涼な北日本へ自転車で大冒険、秋は秘境の紅葉を求めて登り、冬は輝く樹氷と白銀の世界に魅了される。そんな自然の中へ身を投じる旅がルーティーン。 2020年9月「夏のYAMAPフォトコンテスト2020」入賞。入賞作品がプリントされたTシャツがグラニフから発売決定。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング