writer
佐々木 拓馬 フリーライター

せかいいっしゅうしましょう じぶんのいきたいところにいきましょう むずかしいことはなしにして さぁ、いきましょう

日本語は素敵な言葉です。

ルールがむつかしいとか漢字が面倒くさいとか、意見は色々あると思いますが、個人的には世界で一番素敵な言葉だと思っています。

そんな素敵な日本語は、日本語でしか表現できない言葉を生み出しました。

 

筆者は世界の美しい光景や場所を見るたびに、日本語にしかない言葉でその感動を表現してしまうことも結構多くて、海外にいながら「日本語っていいな」って何度も思ったものです。

というわけで、今回は世界の言葉ではいい表せない日本語を紹介していきます。

 

わびさび

わびさび

photo by pixta

海外の言葉に訳せない日本語の代表格がこの「わびさび」。

質素で簡素な美しさといった意味合いです。抽象的で、日本人でも感覚でしかつかめない言葉ではありますが、多くの日本人が「わびさび」の美しさを感じることができると思います。

意外かもしれませんが、海外のさびれた町やちょっとした公園などが、良い感じのわびさびを感じさせてくれます。

 

もったいない

6787195466_b76669661d_b

photo byTakashi(aes256)

※食べちゃうのがもったいない!なんて使い方もしますよね。

実は「もったいない」という言葉も海外の言葉では表現できない単語の一つ。海外ではそのまま「mottainai」と表記されています。

ケニアの環境保全家のワンガリ・マータイさんが「mottainai」を標語に環境保全運動を進めたことで世界的に知られる単語となりました。

 

切ない

切ない

photo by pixta

「切ない」は海外の言葉ではほとんど表現できない単語です。

強いていうなら、ポルトガル語のサウダージ(saudade)などが意味合いとしては近いですが、胸が締め付けられるような、あのぐっとくるなんともいえない感じは日本語の「切ない」でしか表現しきれない感じがします。

writer
佐々木 拓馬 フリーライター

せかいいっしゅうしましょう じぶんのいきたいところにいきましょう むずかしいことはなしにして さぁ、いきましょう

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング