鹿児島・桜島ジェットスターの旅へ
ライター
Ota chinami 広報・PRに強いライター

鳥取県出身(27)アパレル店員をやめ、スキル0から独学でライターを目指す。現在は計80社以上と仕事するフリーの広報・PRライターとして活動。コワーキングやコミュニティ運営、シェアハウスの立ち上げなども積極的に行っています。旅行施設やホテルの内観を見るのが大好きです。

こんにちは、トラベルライターのich(いち)です!

世の中の様子とともに、旅の形が少し変わってきましたね(マスク生活はいつまで続くんだろう)。「先の見えない中で、まだ旅行について考えられない」という人もいるかもしれません。

けれども、コロナ禍が収束に向かい、旅行に行けるとなったその日に、「あ、ここに行ってみたかった!」そんな風に思い出してもらいたいから、これからも私は九州旅の魅力や情報を伝え続けたいなと思っています。

カメラをもった女性ライターphoto by ich
この記事では、東京・成田空港から約2時間10分でサクッと旅に出られる鹿児島旅にスポットライトを。

今回は、鹿児島空港やJR鹿児島中央駅からアクセスのよい、鹿児島観光のハイライトともいえるシンボル・桜島周辺を舞台に、野生のイルカ探しや街中サイクリング、グルメやおみやげ探しなど、自然と街の両方の魅力をぎゅっと詰め込んだ週末旅をご提案します。

ちなみに、ジェットスターなら、片道5,680円(※1)からととってもおトクに旅ができます(フライト検索はコチラ)。不定期開催のセールを活用すれば、さらにおトクになるかも!?

都会では出会えない魅力が詰まった鹿児島旅へ、いざ!

野生のイルカ探しができる、桜島周辺のオススメ4スポット

桜島photo by PIXTA
鹿児島市の様々な場所から眺められる桜島は、「霧島錦江湾国立公園」に指定されている複合火山。市街地から約10kmの場所で、現在も毎日のように小規模な噴火を繰り返しています。その桜島周辺の「錦江湾(きんこうわん)」では、野生のイルカに出会えるって、みなさん知っていましたか?

イルカは、呼吸をするときに水面に一度顔を出すんです。その瞬間をうまく狙うと、街に近い場所でも野生のイルカが見つけられるかも……!

錦江湾で眺める海photo by ich
ということで、オススメの野生のイルカ探しの方法を、教えちゃいますね。

1、気ままに錦江湾さんぽをしながら

錦江湾は、JR鹿児島中央駅から自転車、または車で行くことができます。

私は、JR鹿児島中央駅前に並ぶ、鹿児島市コミュニティサイクル「かごりん」をチョイス。なぜなら、なんと!1日乗車しても200円という破格のお値段だからです……。これは利用しない手はありません。

鹿児島市コミュニティサイクル「かごりん」photo by ich
鹿児島の街並みを楽しみながら、片道約25分ほど。錦江湾に到着です〜!

鹿児島県桜島の景色photo by PIXTA
錦江湾には、いくつかのイルカスポットがあり、たまたま通りかかった通行人や観光客の方など、それぞれが思い思いの場所から、イルカが水面から顔を出すのを待っていました。

ただ、自然の生き物ですからね。この日私はイルカに出会うことはできず。

近くを通りかかっていた通行人の方にお聞きすると、「ずっと観察していれば、水面に浮かんだイルカに出会える確率は上がる」とのことでした。

鹿児島市サイクリングphoto by ich
イルカに出会えなかったのは残念でしたが、海辺を走るサイクリングはとっても気持ちよかったです!

けれども、水分補給だけは忘れずに行いましょう。こまめな休憩も入れながら、イルカ探しを楽しんでくださいね。

イルカこの日は残念ながらイルカが発見できなかったけれど、イルカが見つけられた場合のイメージ写真。photo by PIXTA

2、JR日豊本線の電車に乗って、車窓から

サイクリングはちょっとしんどい……という方は、電車の車内からイルカを探しましょう!

JR鹿児島中央駅から、JR日豊本線に乗って20分ほどで到着する重富駅までの道のりは、有名なイルカ発見スポット。

鹿児島県桜島の景色photo byPIXTA
電車は、こんなにきれいな海沿いを走ってくれるんです! 海が一面に見渡せて、美しいの一言……。目をよーくこらして探したら、遠くの方にイルカがちらりと顔をのぞかせてくれるかも。

お天気やタイミング次第ではありますが、ぜひ車窓からの景色と合わせてイルカ探しを楽しんでみてください。

3、桜島フェリーに乗って、海の上から

桜島フェリーphoto by ich
鹿児島港と桜島港を結ぶ桜島フェリーの乗船時間は約15分とコンパクト。ちょっとした船旅にもおすすめなのですが、この桜島フェリーからもイルカ探しをすることができるのです……!

デッキを登ると、見渡す限り、うみ、うみ、海!!!!

桜島フェリーからの景色photo by ich
と〜ってもきれいな景色にうっとりしながら、イルカがいないかをひたすら探します。

桜島の港photo by ich
ちなみに、桜島フェリーは到着すると当然桜島に着くのですが、そこは緑が多く、自然に囲まれたのどかな雰囲気で、まるで時間を忘れたようにゆったりと過ごすことができます。

せっかく鹿児島にきたのなら、イルカ探しのためだけでなく、ぜひ桜島のよさも堪能してほしいです……!

桜島の猫道端で出会った猫ちゃんの、なんともいえぬかわいさにも感動。 photo by ich

ハイビスカスお花も色鮮やかでとってもキレイ!カメラもあれば、旅をより楽しめそうです。photo by ich

4、番外編:桜島で足湯をしながら

桜島溶岩なぎさ公園photo by ich
桜島には、足湯の出来る絶景公園スポットもあるんです。その名も「桜島溶岩なぎさ公園」。

あたり一面は海に囲まれており、足湯を楽しみながらイルカを探せます。

桜島溶岩なぎさ公園の足湯photo by ich
桜島港からは徒歩約10分、自転車なら5分ほどで行ける距離なので、旅の休憩にもオススメです。

■詳細情報
・名称:桜島溶岩なぎさ公園
・住所:〒891-1419 鹿児島県鹿児島市桜島横山町1722-3
・地図:
・アクセス:桜島港フェリーターミナルから徒歩約10分
・営業時間:9:00~日没
・電話番号:099-216-1327(鹿児島市観光振興課)

旅に欠かせない、鹿児島グルメ

続いては、美味しい鹿児島グルメを紹介していきます!

「ちゃぶや咖喱堂」自然の恵みたっぷりカレー

ちゃぶや咖喱堂のカレーphoto by ich
JR鹿児島中央駅から自転車や路面電車で少し南下すると、カレー屋「ちゃぶや咖喱堂」があります。

私が注文したのは、鹿児島産の野菜がたっぷり入った、「やさしい咖喱-ちゃぶや特製カツ-」。

特製のカツは、しっかりとした衣感とあふれ出す肉汁……と思いきや、なんとお肉ではないのだそう!食べた食感も味も完全にお肉だったので、これはびっくりでした……!ベジタリアンやヴィーガンの方も楽しめますね。

(何でできているかは企業秘密だそう。気になる方は、ぜひお店で食べて、素材を当ててみてください)。

独自配合の多種類のスパイスが、野菜本来の旨味を最大限に引き出してくれており、どんどん食が進みます。ボリュームも満点で、大満足の一品です。

■詳細情報
・名称:ちゃぶや咖喱堂
・住所:〒890-0054 鹿児島県鹿児島市荒田2丁目53番13号 第一川路ビル1F
・地図:
・アクセス:市電「騎射場」から徒歩約5分
・営業時間:11:30~19:00(※変更の可能性がありますので、お問い合わせください)
・定休日:日曜
・電話番号:099-230-0172
・公式Instagram:https://www.instagram.com/chabuya_curry/

「いちにいさん」鹿児島といえば!の黒豚しゃぶしゃぶ

いちにいさんの「黒豚しゃぶコース:いちの味」photo by ich
個室のゆったりした雰囲気で、鹿児島のしゃぶしゃぶを楽しみたいなら「いちにいさん」!写真のセットは「黒豚しゃぶコース:いちの味」。

黒豚しゃぶ、生そば、小鉢、ぞうすいにデザートなど、豚しゃぶだけでなく、色々な料理が楽しめます。

いちにいさんの「黒豚しゃぶコース:いちの味」photo by ich
しゃぶしゃぶしたお肉を、かつおの出汁がたっぷりきいた「そばつゆ」につけるオリジナルな食べ方は、あっさりと、けれど深みがあり、観光で疲れた体に染み渡ります……!

そばつゆ、柚子胡椒や長ネギなどの薬味は、おかわり自由。満足するまで食べつくしちゃいましょう。

■詳細情報
・名称:いちにいさん アミュプラザ鹿児島店
・住所:〒890-0053 鹿児島市中央町1番1 アミュプラザ鹿児島5F
・地図:
・アクセス:JR鹿児島中央駅下車すぐ
・営業時間:11:00 〜 20:00(ラストオーダー19:30)(※変更の可能性がありますので、お問い合わせください)
・定休日:無休
・電話番号:099-252-2123
・公式サイトURL:https://ichiniisan.jp/

「すすむ屋茶屋」鹿児島を代表する茶屋のかき氷デザート

すすむ屋茶屋鹿児島のかき氷photo by ich
鹿児島発、上之園町にて創業された「すすむ屋茶屋」は、鹿児島を代表するお茶屋さんのひとつ。ぜひいただきたいメニューが、6月から9月限定で販売されているボリューム満点のかき氷です。

私は、ミルクをかけてとろーり楽しめる「かき氷抹茶ミルク」を注文。さくさくでふわふわのかき氷と、小豆の相性が抜群!

写真右奥の煎茶は、定番商品「こくまろ」。緑茶のまろやかな味わいが、抹茶のかき氷と合う〜!

すすむ屋茶屋のテイクアウトすすむ屋茶屋さんでは、緑茶やほうじ茶などの一部商品のテイクアウトも可能。photo by ich

■詳細情報
・名称:すすむ屋茶屋 鹿児島
・住所:〒890-0052 鹿児島県鹿児島市上之園町27-13
・地図:
・アクセス:JR鹿児島中央駅から徒歩8分
・営業時間:茶葉10:00〜18:00、喫茶10:00〜17:45(※変更の可能性もありますので、お問い合わせください)
・定休日:水曜日
・電話番号:099-251-4141
・公式サイトURL:https://susumuya.com/

番外編:室内でグランピングが楽しめちゃう素敵カフェ

「THE YOCADO PARK CAFE」店内photo by ich
観光地としても人気のある天文館エリアでは、室内で気軽にグランピング気分が楽しめる、こーんな素敵なスポットも発見しました! その名も「THE YOCADO PARK CAFE」。

「THE YOCADO PARK CAFE」店内photo by ich

キャンプゾーンには、たくさんのアウトドア用具が配置されており、好きな場所を選んで、ゆっくりと過ごすことができます。

利用時間は、飲食物のワンオーダー制で、90分。ランチメニューも豊富に用意されているため、料理付きのグランピング気分も味わえます。

「THE YOCADO PARK CAFE」店内photo by ich
遊具が完備されたキッズスペースも併設されており、小さなお子様と一緒でも楽しめそう。

雨の日スポットとしてもオススメなので、急な悪天候などで行き先に迷ったら、ぜひこちらも候補に入れてみてくださいね!

■詳細情報
・名称:THE YOCADO PARK CAFE
・住所:〒892-0828 鹿児島県鹿児島市金生町6-6 2階
・地図:
・アクセス:鹿児島市電「金生町」電停より徒歩すぐ
・営業時間:10:00〜19:00(※変更の可能性もありますので、お問い合わせください)
・定休日:1月1日および毎月第2火曜日
・電話番号:090-1369-0955
・公式Instagram:https://www.instagram.com/yocadopark/?hl=ja

おうちで楽しむ鹿児島土産3つ

最後は、「おうちでも鹿児島を楽しみたい!」。そんな方におすすめの鹿児島土産を3つご紹介。

鹿児島のお土産photo by ich
1つ目は、屋久島でつくられている「ジンジャーシロップ」。炭酸水やコーヒーで割っても、あたたかいミルクと混ぜても美味しいです。小サイズからあり、値段も数百円とお手頃。

2つ目は、「オッのコンボ」。これは、鹿児島に古くから伝わる伝統工芸品のひとつで、台所に飾っておくと幸運が訪れるといわれている、鹿児島の縁起物です。黄色のほかに、白や赤のコンボもあります。ひとつひとつ表情が違うので、お気に入りを探す楽しみも。

鹿児島のお土産photo by ich
3つ目は、かき氷デザートでも紹介した「すすむ屋茶店」で販売されている、日本茶ティーパックセット。

今回は、「緑茶(癒し)」「ほうじ茶(休息)」「さつま紅茶(至福)」の3点をセレクト。

商品ごとに、飲む時に欲しているシーンや気持ちが設定されているので、おうちに帰ってから、「さ、今はこんな気分」というときに、「鹿児島のお茶があったなぁ」なんて、ワクワクしながらお茶を入れるシーンが想像できますね。

鹿児島県産の茶葉を使った美味しいお茶で、旅行後のティータイムを楽しむ贅沢を、ぜひ。

鹿児島旅なら、ジェットスターで

都内では味わうことのできない、街と自然の近さや、そこでの野生イルカ探しなど、アクティビティや魅力に富んだ鹿児島旅。サイクリングで思い切り身体を動かしたり、合間に路面電車に揺られて街をめぐったり……。大満足の時間が過ごせる、そんな鹿児島旅には、ジェットスターの利用が便利です。

女性ライターphoto by ich

成田空港から鹿児島空港までは、直行便で約2時間10分。「バウチャー払い戻しオプション」をつけておけば、支払い済みの運賃や料金をバウチャーで払い戻しが受けられるので、急な予定変更で直前に旅行を取りやめても安心!

そして、なんといっても価格が最安値・最低価格保証(※2)で、東京(成田)=鹿児島が片道5,680円(※1)からでおトクに旅ができる点は、何度でも旅がしたい旅好きなTABIPPO読者にぴったり。(フライト検索はこちら

不定期開催のセールを活用すれば、さらにおトクになるかもしれないので、こまめにチェックしてみてくださいね!

ジェットスター機体photo by Jetstar
もちろん・コロナ対策にも力を入れている航空会社なので、個人個人でしっかり感染予防対策をしながら、安心・安全な空の旅を楽しめます。具体的には、ジェットスターグループ全体で感染予防対策「Fly Well(フライウェル)」を導入し、オンラインチェックインや自動手荷物預け機等、デジタル&セルフサービスで人との接触をできるだけ減らす 「Fly Cool(フライクール)」を実行中!(詳しくはこちらをご覧ください)

なお、機内の空気は約3分で入れ替わり、機内の空気はすべて、天井から床へ垂直に流れているので、感染リスクが最小化されているんだとか。また安心して旅行ができるようになった時には、それぞれがしっかり感染予防対策をしながら、旅行を楽しみたいですね。

※1 運賃はエコノミークラス「Starter」の片道運賃。支払手数料、空港使用料等が別途必要です。受託手荷物の料金は含まれません。諸条件が適用されます。
※2 諸条件が適用されます

お気に入りのお店や「行ってみたい!」と感じる場所はありましたか?この記事では伝えきれないくらいに、まだまだ魅力がいっぱい詰まった鹿児島旅。

今はまだ先の見通しがつきづらいかもしれませんが、もう少し落ち着いたら、ぜひお友達やご家族を誘ってジェットスターでの鹿児島旅を、楽しんでくださいね!

photo by ich
※掲載情報は2021年8月時点の情報です。内容が変更になる場合もございますので、詳細については、ご旅行前にご自身でホームページ等でご確認ください。

ライター
Ota chinami 広報・PRに強いライター

鳥取県出身(27)アパレル店員をやめ、スキル0から独学でライターを目指す。現在は計80社以上と仕事するフリーの広報・PRライターとして活動。コワーキングやコミュニティ運営、シェアハウスの立ち上げなども積極的に行っています。旅行施設やホテルの内観を見るのが大好きです。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング