ライター
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

「みち潮」で新鮮な地元食材をいただく

夕食をいただいたのは、人気の居酒屋「みち潮」。テレビの取材をお断りしている人気のお店で、地元の新鮮な食材を使った料理を提供しています。

ああ……おいしそうなお魚を目の前に、思わずよだれが出てきてしまいそう。肉厚なお刺身はどれも脂がのっていて最高です。気づいたら食べる手が止まらなくなっていました。


▲チーズフォンデュも人気メニューのひとつ。たっぷりチーズをつけていただきましょう。

とても気さくなご主人を前に、カウンターでおしゃべりも弾みます。瀬戸内海を横目に、食事を楽しみましょう。ちなみにこの日もたくさんのお客さんでにぎわっていたので、夜の食事は事前予約がおすすめです。1日のシメは「みち潮」で決まり!

■詳細情報
・名称:みち潮
・住所:香川県さぬき市津田町鶴羽2920-6
・地図:
・営業時間:[月・火・木・金・土] 11:30~14:00 17:00~23:00 [水・日] 17:00~23:00
・電話番号:0879-42-2244
・公式サイトURL:https://tabelog.com/kagawa/A3704/A370401/37009285/

瀬戸内海を望める「ベッセルおおち」に宿泊

1日中香川を楽しんだら、宿泊先の「ベッセルおおち」へと向かいます。温泉や食事処、ログハウスなどが一緒になった複合施設で、瀬戸内海を望める絶景のロケーションです。

朝から海を目の前に、思いっきり深呼吸して気持ちよさそう!

10月31日までは、女子に人気のグランピング施設もオープンしています。モロッコ風の内装がとってもおしゃれで、撮影大会になったことは言うまでもありません。波の音を聞きながら、ぜいたくな時間を過ごしてみませんか?

SUP体験や焼き芋体験など、アクティビティも宿泊料金に含まれていますので、ぜひそちらもチェックしてみてくださいね。

■詳細情報
・名称:絹島温泉 ベッセルおおちの湯
・住所:香川県東かがわ市馬篠1200
・地図:
・営業時間:AM10:00~PM10:00(入浴最終受付 PM21:00)
・定休日:毎月第2水曜日
・電話番号:0879-26-1126
・公式サイトURL:http://www.vessel-o.com/index.html

そのほか、香川女子旅で寄りたいスポット

紹介した場所以外にも、思わず「きゅん」としてしまうスポットをたくさん発見しました!おすすめのスポットをダイジェストでお送りしますので、ぜひ足を運んでみてくださいね。


▲大串自然公園のかわいいベンチはおすすめ撮影スポット!


▲醤油にこだわった「さぬきうどん 溜(たまり)」でうどんをいただく。


▲津田の松原にある「願い橋叶え橋」は、白い砂浜と青い海とのコントラストがすてき!


▲「志度寺(しどじ)」で閻魔大王像の姿を拝見。どんな顔に見えるかな?


▲中四国最大の大きさ!野外音楽広場「テアトロン」をバックに撮影。

空港へ行く前に、和を感じるカフェへ

香川女子旅はまだまだ終わりません。高松から成田に出発するジェットスターの最終便は20時。その前にふらりと寄りたい、空港近くにスポットをご紹介します。

日も暮れてきた夕方にお邪魔したのは、「菓子と珈琲 暖(はる)」。和の雰囲気が漂う店構えで、入り口からいい雰囲気を出しています。

店内はコンパクトですが、手作りの焼き菓子がずらりと並びます。どれもおいしそうで迷っちゃう!

フライト前に甘いものを食べたくなった筆者は、お店イチオシの「生麩ロール」をいただくことに。洋菓子に生麩を入れるという発想がとても斬新ですが、これがとってもマッチしておいしい!ふんわりとした生地と生麩の感触が絶妙なバランスでした。

最後まで香川を満喫したら、これにて女子旅はおしまい。今まで知らなかった絶景やグルメ、フォトスポットなどに「きゅん」とさせられた香川旅でした!

■詳細情報
・名称:菓子と珈琲 暖(はる)
・住所:〒761-8084 香川県高松市一宮町373-11
・地図:
・営業時間:9:00~18:00
・定休日:火曜日
・電話番号:087-880-3307
・公式サイトURL:http://www.kashitocoffee-haru.com/

次の週末は香川女子旅へ!


ジェットスターの東京(成田)ー高松便は、たったの片道4,490円~*!朝の便で香川へ向かい、翌日の夜の便で帰宅すれば、2日間をフル活用して観光を楽しめます。

受託手荷物がない場合には、国内LCC初の便利なモバイル搭乗券を使うとチェックインカウンターに寄る必要なし!空港に着いたらそのまま搭乗ゲートまで向かうことができ、スマホ1台で気軽に旅をすることができます。

これから観光のオフシーズンとなるこの季節。観光客も少なくゆっくりと旅ができるこの時期に、香川女子旅はいかがでしょうか?

(*表示運賃は、エコノミークラス「Starter」片道運賃。支払手数料が別途必要です。受託手荷物の料金は含まれていません。また、諸条件が適用されます。)

▶︎https://campaign.jetstar.com/kagawatravel/

All photos by Abe saxophone

ライター
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング