ライター
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

お店で販売している鎌倉焼も人気

そしてお店では「鎌倉焼」という和菓子も販売。抹茶を練り込んだ柔らかいカステラ生地に、胡麻あんが詰まっているお菓子で、なんと1個60円という破格の値段!食べてみると、自然な甘さの胡麻あんと抹茶の風味がたまりません……。

こちらは売り切れ次第終了で、16時台に売り切れてしまうこともあるそうです。この日は17時頃に訪れましたが、お店にいるあいだに販売終了していました。朝10時半頃に第一弾が焼きあがるそうなので、確実に食べたい方は早い時間の訪問がおすすめです。

 

実は筆者が薬味を選んでいるときに、おふたりのマダムが来店。一緒になって楽しくお話をしていたら、「お姉さんも一緒に食べる?」とごちそうになってしまいました。「どこ行ってたんですか?」「これから江ノ島に行くのよ〜」なんて、話していたらつい盛り上がってしまいました。こんな楽しい出会いも、旅ならではですね。

すてきなマダムたちとのおしゃべりのあとに、薬味を購入。紙袋の真ん中にデザインされている家紋のような模様が気になったので、スタッフの方にうかがうと、このデザインはお店のロゴだそう。薬膳の語源である五味「酸味」「甘味」「苦味」「辛味」「塩味」に由来していおり、その5つの輪っかが重なるようなロゴにしたと、お話してくれました。

シンプルですが、高級感のある紙袋もすてきですよね。この紙袋を求めて、わざわざお店を訪れる方もいらっしゃるそうです。

お土産に人気の「柚子胡椒」を購入してきました

そして、筆者がお土産に購入したのは柚子胡椒。お店で見たときからすてきなパッケージだと思っていましたが、自宅のキッチンにこの薬味が仲間入りするだけで食卓のレベルがアップしたような気分になります。鎌倉で買った薬味を使う自分、少しいい女かも?

柚子と唐辛子を粗く刻んであるのでチューブ式の柚子胡椒とは違い、素材そのものを感じられます。早速冷奴にちょこんとのせて、ちょっと醤油をたらして食べてみると……もう最高です。冬にはおでんや煮物にも合いそう。

いろんな料理に合わせてみるのが、今から楽しみです。

鎌倉のお土産にぴったり

鎌倉旅で見つけた、すてきなお土産「YAKUMI」。あとから知ったのですが、こちらのお店は和の鉄人、黒木シェフのお店「くろぎ」の姉妹店だったようで、なるほどそれはおいしいはずだと納得しました。次に鎌倉を訪れた際には、ぜひこちらでお気に入りの薬味を見つけてくださいね。

■詳細情報
・名称:arbre noir YAKUMI
・住所:神奈川県鎌倉市雪ノ下1-8-39
・地図:
・アクセス:鎌倉駅から572m
・営業時間:10:00~18:00
・定休日:なし
・電話番号:0467-53-8210
・公式サイトURL:http://www.arbrenoir.com/index.html

All photos by Abe saxophone

ライター
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング