ライター
とぐちみか フリーライター

2017年3月までTABIPPOインターンとしてメディア事業部のライター/編集者、その後プロダクト事業部ではPR/制作を担当。生活史、人類学、路面電車、古道具、犬、旅、犬をこよなく愛してます。

神奈川のおしゃれスポットを満喫する

温泉だけじゃない!大人の箱根デートなら美術館巡りもおすすめ

photo by PIXTA
温泉で有名な箱根ですが、じつは美術館が多い街としても人気のスポット。

箱根で一番歴史のある「箱根美術館」をはじめ、有名な絵画を数多く展示する「ポーラ美術館」、「彫刻の森美術館」など様々な美術館がありますが、個人的なおすすめは「箱根ガラスの森美術館」。

15〜19世紀にかけてヨーロッパ貴族の中で栄えたヴェネチアン・グラスや、現代のグラス作家による作品を展示しています。ガラスの体験工房もあるので、旅の記念にぜひオリジナルグラスやアクセサリー作りに挑戦してみては。

■詳細情報
・名称:箱根ガラスの森美術館
・住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原 940-48
・営業時間:10:00~17:30
・電話番号:0460-86-3111
・公式サイトURL:http://www.hakone-garasunomori.jp/

山手西洋館巡りのカフェタイムには、「しょうゆ・きゃふぇ」濃厚クリーミーな生プリンを堪能

photo by PIXTA
レトロな雰囲気が素敵な山手西洋館巡りは、異国情緒を感じながらのんびりできるオススメのコース。

なかでもぜひ立ち寄って欲しいのが、山手本通りにある「エリスマン邸」。邸内にある「しょうゆ・きゃふぇ」ではプリンの上に生卵が乗っている“生プリン”を頼んでみて。濃厚でクリーミーな味わいに胃も心も満たされるはず。

■詳細情報
・名称:しょうゆ・きゃふぇ
・住所:神奈川県横浜市中区元町1丁目77-4
・営業時間:10:00~16:00
・電話番号:045-621-4890
・公式サイトURL:http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/yamate-seiyoukan/

鎌倉「明月院」の丸窓から覗く絶景を心のシャッターに刻む

photo by PIXTA
鎌倉・明月院は紫陽花の名所として知られますが、紅葉シーズンもオススメ。本堂の奥にある丸窓「悟りの窓」から覗く紅葉は、息をのむ美しさです。

■詳細情報
・名称:明月院
・住所:神奈川県鎌倉市山ノ内189
・アクセス:北鎌倉駅から徒歩で10分
・営業時間:6月 8:30~17:00、6月以外 9:00~16:00
・電話番号:0467-24-3437

神奈川のおしゃれスポット、もうちょいあります

・藤沢の「湘南T-site」でとっておきの一冊を見つける
・「横浜イングリッシュガーデン」で1,800種類のバラを見る
・江ノ電の線路沿いすれすれに佇む和田塚の「無心庵」であんみつを食べる
・白楽の“GIFT”がテーマのセレクトショップ「eimeku」で特別な誰かにとっておきのプレゼントを買う
・葉山の海辺に佇む「SCAPES THE SUITE」でおしゃランチ
・鎌倉・小町通りの「gram」で、ペアリングをオーダーメイド
・本格派珈琲店「コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ」で高級ブランデー・ナポレオンを注いだ「カフェロワイヤル」(3000円)を飲んでみる
・「BLUE BLUE YOKOHAMA」の壁でインスタジェニックな写真を撮る
・期間限定イベント「逗子海岸映画祭」で海風にあたりながら映画を観る
・「カンノンコーヒーカマクラ(KANNON COFFEE kamakura)」でインスタ映えスイーツを食べる
・横浜のライブレストラン「モーションブルー」でジャズと食事に酔いしれる
・伝統こけしとマトリョーシカの専門店「コケーシカ鎌倉」でお気に入りの一品を見つける
・羽田から旅に出るなら、前泊は川崎のおしゃれな最強コスパホテル「ON THE MARKS」がおすすめ

神奈川でユニークなデートをする

京急の「みさきまぐろきっぷ」でマグロと温泉を堪能

京急電鉄が販売する「みさきまぐろきっぷ」は、一定区間の電車・バスの交通費と、三浦半島周辺のレジャー施設料、加盟店の食事券がセットになった超最強コスパの観光きっぷ。

三崎のマグロを提供する飲食店は、もちろんどこを選んでもハズレなし。レジャー施設は温泉旅館の日帰り利用や、「京急油壺マリンパーク」を選べます。この券1枚あれば三浦半島を遊びつくせるので、一度は利用してみるべき。

■詳細情報
・名称:みさきマグロきっぷ
・公式サイトURL:https://www.keikyu.co.jp/information/otoku/otoku_maguro/

レトロでディープなスポット、野毛の「都橋商店街」でハシゴ酒

photo by PIXTA
酒好きなら一度は名前を聞いたことがあるであろう、神奈川随一の飲み屋街・野毛。特に人が集まるのは「野毛小路」ですが、もっとディープにはしご酒を楽しみたいなら「都橋商店街」もおすすめです。

一つのビルの中に小さなお店がズラーっと軒を連ねている光景は、まさにノスタルジック。一見少し怪しげな雰囲気があるので最初は戸惑うかもしれませんが、意を決して戸を叩いてみて。

おすすめのお店は、雑誌「danchu」にも掲載されたことのある立ち飲み屋さん「コッコ堂」。絶品の焼き鳥が、お酒を飲む手を加速させます。

■詳細情報
・名称:やきとり コッコ堂
・住所:神奈川県横浜市中区宮川町1−1 都橋商業ビル
・営業時間:18:00~24:00

海で遊び疲れた後は「江ノ島アイランドスパ」で夕日を眺めながらのんびり温泉タイム

photo by PIXTA
江ノ島で海水浴を楽しんだ後は、橋の向こうにある「江ノ島アイランドスパ」でのんびり温泉タイムがおすすめ。富士山と湘南の海を一望できる10種のスパプールや、サウナ、洞窟泉などが楽しめます。

温泉に浸かりながら夕日を眺める時間は、言葉にならないほどの贅沢さ。水着着用なので、カップルでも楽しめますよ。

■詳細情報
・名称:江ノ島アイランドスパ
・住所:神奈川県藤沢市江の島2丁目1−6
・アクセス:片瀬江ノ島駅から徒歩10分
・営業時間:3月~11月 10:00~22:00、12月~2月 11:00~21:00
・電話番号:0466-29-0688
・公式サイトURL:http://www.enospa.jp/

他に、神奈川でデートするならこんな体験

・横浜中華街に行くなら、ついでに手相占いも行くべし
・入場料無料の「野毛山動物園」で可愛い動物に癒される
・鎌倉・本覚寺でほっこり可愛いお守り「にぎり福」を買う
・誕生日デートなら「新江ノ島水族館」に行くと良いことづくし
さがみ湖リゾート プレジャーフォレストの巨大クライミングアトラクション「マッスルモンスター」で絶叫
・川崎「藤子・F・不二雄ミュージアム」でドラえもんに癒される
・横浜グルメの代名詞!崎陽軒横浜工場で出来立てシウマイを食べる
・「キリンビール 横浜工場」で出来たて生ビールを試飲
・国の登録有形文化財である江ノ島・岩本楼本館の「岩本楼ローマ風呂」で歴史を感じながら湯に浸る
・江ノ電が目の前を走るレストラン「AWKitchen GARDEN鎌倉」で本格ピザを頬張る
・長谷の御霊神社で鳥居と江ノ電のコラボを写真に収める
・鎌倉の建長寺で座禅を組んで身を清める
・開放日を狙って、横須賀の米軍基地でアメリカ気分を味わう
・数多くのドラマロケ地に使われている「海の見える丘公園」
・横浜スタジアムでビール片手に野球観戦
・みなとみらいのカップヌードルミュージアムでオリジナルのカップヌードルをつくる
・「サザン」の故郷・茅ヶ崎で歌詞に出てくるスポットを巡る
・最新技術を駆使した新感覚パーク「オービィ横浜」で大自然を体感する
・鎌倉の寺院にせっかく行くなら「鎌倉・江の島七福神巡り」に挑戦
・じつは日本三大大道芸のひとつらしい「野毛大道芸」を観る
・葉山の「げんべい」でカラフル可愛いまるげビーサンを買う
・箱根の野外遊園施設「フォレストアドベンチャー」で身体動かした後に日帰り温泉で疲れを癒す

神奈川の夜を観光する

みなとみらいデートといえば大桟橋はマスト(ただし冬以外)

photo by PIXTA
みなとみらいデートを楽しんだ日は、大桟橋で夜景を眺めるのが神奈川県民の定番コース。

屋上デッキ「くじらのせなか」から、世界に出発する豪華客船と、横浜ランドマークタワーや赤レンガ倉庫など、みなとみらいの街に煌めく夜景に酔いしれて。「時が止まってほしい」と願わずにはいられないほど、ロマンチックなひと時を過ごせます。

ただし海風がビュンビュン吹いていて寒いので、冬のデートは決死の覚悟で行ってください。

■詳細情報
・名称:横浜港大さん橋国際客船ターミナル
・住所:神奈川県横浜市中区海岸通1-1-4
・アクセス:みなとみらい線日本大通り駅から徒歩7分
・営業時間:9:00~21:30(ターミナル内)
・電話番号:045-211-2304
・公式サイトURL:https://osanbashi.jp/

川崎の工場夜景クルーズで近未来的な光景を眺める

神奈川県の夜景スポットとして近年注目を浴びているのが、川崎の工場夜景。川崎の臨海部に位置する京浜工業地帯には、数多くの工場が立ち並び、夜になると幻想的な夜景を作り出します。

各エリアに撮影スポットが点在しているので、バスツアーやクルージングを利用するのがおすすめ。

なかでもメジャースポットは、千鳥町エリア。むき出しになった配管がメタリックにライトアップされている光景を見ていると、まるでSFの世界に入り込んだかのような気分を味わえます。

「横浜スカイクルーズ」で空からみなとみらいの夜景を見下ろす

photo by PIXTA
誕生日やプロポーズなど特別な1日を演出したいときは、ヘリコプターで横浜の夜を遊覧できる「横浜スカイクルーズ」がおすすめ。みなとみらいの夜景を独占できるなんて、女の子が喜ばないわけがありません。

ちなみに、過去の利用者でプロポーズした人たちの成功率は100%とのこと。高所恐怖症さんにはちょっとツラいかもしれませんが、一生の思い出づくりとしてぜひご検討ください。

■詳細情報
・名称:横浜スカイクルーズ
・電話番号:045-223-1155
・公式サイトURL:https://www.skycruise.jp/

他に、神奈川の夜を楽しむ方法

・横浜の三大夜景スポットといえば、湘南平・チェックメイト・ヤビツ峠
・鎌倉の元鎌倉銀行ビルにオープンした重厚感のあるバー「THE BANK」で大人の一杯を嗜む
・「横浜みなとみらい 万葉倶楽部」の屋上で、足湯しながらみなとみらいのシンボル「コスモクロック」を眺める
・クリスマスは宮ヶ瀬ダムで幻想的なイルミネーションに包まれる

100個じゃ足りない神奈川県の魅力。あなただけの楽しみ方を見つけてみて

以上、神奈川でやりたい100のことをご紹介しました。個人的な偏愛が詰まった記事を最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

自分が生まれ育ち、愛してきた場所を他の誰かにも楽しんでもらえるなら嬉しい限り。この記事に載せられなかった以上の魅力が、まだまだ神奈川には詰まっているので、ぜひ足を運んであなただけの楽しみ方を見つけてください。

ライター
とぐちみか フリーライター

2017年3月までTABIPPOインターンとしてメディア事業部のライター/編集者、その後プロダクト事業部ではPR/制作を担当。生活史、人類学、路面電車、古道具、犬、旅、犬をこよなく愛してます。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング