ライター
戸口 実花 フリーライター

編集者として勤めながら、フリーライターをしています。文字を書くか、お酒を飲むか、の日々(大抵後者)。 TABIPPOのメディア事業部ではライター/編集者として、その後プロダクト事業部ではPRと制作を担当していました。2017年3月にインターンを卒業。

1年中どこかしらの雑誌やテレビなどのメディアで特集が組まれ、常に観光客で溢れる神奈川の観光地。

みなとみらいの夜景、鎌倉のおしゃれカフェ、江ノ島の海鮮、箱根の老舗旅館。東京から1時間もあればサクッと来れる神奈川には、気軽に遊べるスポットがたくさんあります。

一方で、「遊ぶ場所が定番化」してしまうのもまた事実。でも一回行って終わりなんて、もったない! 掘れば掘るほど魅力的なのが、神奈川なのです。

もっともっと、皆さんにディープな神奈川を知ってもらうために、生まれてから今日まで、神奈川の山奥で育ってきた私から、「神奈川でやりたい100のこと」を愛を込めて提案させていただきます。

お酒ネタが多かったり、出身校がある江ノ電沿いのネタが多かったりと内容の偏りがある点に関してはご承知おきくださいませ。神奈川県出身のみなさま、お気に入りのあの場所が入っていなかったらすみません!

見出し

神奈川のグルメを味わう

ナポリタンの発祥店と言われる野毛の「センターグリル」で昔懐かしいナポリタンに舌鼓を打つ

photo by PIXTA
神奈川県の有名グルメといえば「崎陽軒のしゅうまい」が定番。ですが、他にも隠れた名物グルメがあるんです。

そのうちのひとつが「ナポリタン」。じつはナポリタン発祥のお店が、横浜の野毛にある米国風洋食レストラン「センターグリル」です(諸説あり)。レトロな店内で昔ながらのケチャップナポリタンを食べると、歴史をタイムスリップしたような気分に。

■詳細情報
・名称:米国風洋食レストラン「センターグリル」
・住所:神奈川県横浜市中区花咲町1丁目9−3
・アクセス:桜木町駅 徒歩5分
・営業時間:11:00~21:00
・定休日:月曜日
・電話番号:045-241-7327
・公式サイトURL:http://www.center-grill.com/

神奈川のご当地ラーメン「サンマーメン」は野菜たっぷりで女性も嬉しい

photo by PIXTA
続いてご紹介する、隠れ神奈川名物は「サンマーメン」。知る人ぞ知る、神奈川のご当地ラーメンです。

名前から「秋刀魚が入ってるの?」と誤解されがちですが、入っていません。野菜を多く使った、とろみのあるスープが特徴的な体にうれしいラーメンです。

食べに行くなら、サンマーメン発祥の店と言われる中華街の老舗店「聘珍樓」がおすすめ。一般的なこってりラーメンよりもヘルシーなので、女性もペロリと食べられますよ。

■詳細情報
・名称:聘珍樓横濱本店
・住所:神奈川県横浜市中区山下町149
・営業時間:(月~金)11:00~15:00 17:00~22:00(ラストオーダー21:00)、(土)11:00~23:00(ラストオーダー22:00)、(日)11:00~22:00(ラストオーダー21:00)
・定休日:不定休
・電話番号:045-681-3001
・公式サイトURL:http://www.heichin.com/

江ノ島の「とびっちょ」で新鮮な生しらす丼を食らう

photo by PIXTA

湘南が誇る観光地・江ノ島の名物といえば「生しらす丼」。初めて食べる人は、プリプリでなめらかなあの食感に驚く人も多いはず。

あの塩気のある味が食欲を掻き立てるんですよねぇ……。個人的には、釜揚げしらすと生しらすの2色丼が好きです。

そして今書きながら知ったのですが、生しらすを乾燥させた「たたみいわし」も湘南発祥名物なんですね。びっくり。てっきりどこにでもあるんだと思っていました。

炙るとカリカリになって、これまた塩気もあって最高の酒のつまみになるんです。ぜひ湘南の居酒屋で見つけたら頼むべし。

■詳細情報
・名称:とびっちょ 本店
・住所:神奈川県藤沢市 江の島1-6-7
・アクセス:片瀬江の島駅から徒歩10分
・営業時間:11:00~21:00
・定休日:不定休
・電話番号:0466-23-0041
・公式サイトURL:http://tobiccho.com/

他に、神奈川のグルメを味わう方法

・箱根・大涌谷で富士山を眺めながら黒たまご食べて寿命を延ばす
・葉山にある手作りビーカープリンの専門店「マーロウ」をお土産に
・葉山の超人気パン屋さん「ブレドール」でパン食べ放題モーニングを堪能
・ベーグル専門店「白楽ベーグル」のもちふわ食感を楽しむ
・関東でわんこそばが食べられる唯一のお店、東白楽「わんこそば たち花
・隠れた名店が多い辻堂ではしご酒
・中華街の「新ラーメン博物館」でたらふくラーメン三昧
・逗子海岸が一望できるレトロモダンな「なぎさ珈琲館」でほっと一息
・鎌倉の天空カフェ「樹ガーデン」で森を見下ろしながら至福のひとときを過ごす
・じつは日本の第一号店。七里ガ浜の「bills」で海を眺めながら世界一の朝食を
・カレー好きなら知らなきゃ損する噂の名店、七里ガ浜「珊瑚礁」で至高のカレーを食す
・茅ヶ崎の土産といえば、カリカリ食感がたまらない「湘南 冨士美」のかりんとう万十
・茅ヶ崎の海の幸を食べるなら「えぼし」へ
・鎌倉プリンスホテル「御曹司きよやす邸」で極上のひととき
・ラーメン通が喜ぶ鎌倉お土産といえば「邦栄堂製麺」の中華麺
・大正13年創業、鎌倉の老舗蕎麦屋「峰本」で受け継がれた伝統の味を堪能する
・鎌倉のハウスオブフレイバーズで日本一高いテーズケーキを嗜む
・海軍カレーも捨てがたいけど!隠れ名物「横須賀ネイビーバーガー」も食べてほしい
・行列の絶えない有名店。家系好きなら横浜の「家系総本山 吉村家」に一度は行くべき
・「太田なわのれん」ですき焼きの前身らしい「牛鍋」を食べる
・鎌倉小町通りの「コクリコ」でレモンシュガークレープを買って食べ歩き
・箱根で美食を堪能するなら「ひらまつ仙石原」で絶品ディナーを
・七里ガ浜駅出てすぐのラーメン屋「ハイブリッド」は牛乳ラーメンと豚キムチ丼が旨い(あとおじさんが優しい)

神奈川の穴場スポットを訪れる

数多くのパワースポットがある足柄の大雄山最乗寺

photo by PIXTA

小田原市隣の南足柄市にあり、道了尊(どうりょうそん)とも呼ばれる曹洞宗の寺「大雄山最乗寺」。天狗の伝説が残り、数多くのパワースポットがあるお寺です。山の中にあるので、澄んだ空気の中でお参りするだけで心が浄化されていきます。

真っ赤に色づいた紅葉をじっくりと堪能できるスポットとしても人気。秋はハイキングをしながら身も心もリフレッシュさせてみて。

■詳細情報
・名称:大雄山最乗寺
・住所:神奈川県南足柄市大雄町1157
・電話番号:0465-74-3121
・公式サイトURL:http://www.daiyuuzan.or.jp/

横須賀・猿島で無人島BBQを楽しむ

photo by PIXTA
東京湾に浮かぶ「猿島」は、横須賀沖から船でわずか10分で行ける無人島。そのむかし猿島が要塞として使われていた歴史があるため、重厚な史跡が多く残されています。

気軽に行ける距離にありながら、まるでジブリの作品に入り込んだかのような神秘的な空間が魅力的。デートがマンネリ化してきたら、猿島でプチサバイバル気分を味わってみては?

猿島ではBBQも楽しめるので、夏は友人たちと楽しいひとときを過ごすにもぴったりです。

■詳細情報
・名称:猿島
・住所:神奈川県横須賀市猿島1
・アクセス:横須賀中央駅より徒歩15分、三笠桟橋から定期船約10分
・公式サイトURL:https://www.tryangle-web.com/sarushima.html

“降りたくても降りられない”鶴見線の秘境駅「海芝浦」

photo by PIXTA
JR鶴見線海芝浦支線の終着点「海芝浦」は目の前に海が広がる絶景駅。この駅は、降りたくても降りられない不思議な駅として話題になった秘境駅でもあります(理由は、駅が工場私有地内に位置しているため)。

駅の改札外には出られませんが、駅内に公園が作られているのでゆったりと海を眺めることができます。ひっそりと暮れていく夕日を眺めながら過ごす時間は、日頃の疲れを癒してくれるはず。

■詳細情報
・名称:JR鶴見線海芝浦支線「海芝浦駅」
・住所:神奈川県横浜市鶴見区末広町2丁目

他に、神奈川の穴場を観光するなら

・足柄の森の空中アトラクション施設「パカブ」でアクティブに遊ぶ
・学食という概念を超えているらしい慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス(SFC)
九頭竜神社で鳥居と芦ノ湖バックに写真撮影
・大雄山線でぶらり途中下車の旅
・大船観音寺で観音様の胎内に入る
・縁結びのオブジェ「茅ヶ崎サザンC」で写真を撮って恋愛祈願
・湘南屈指のサンセットスポット「稲村ヶ崎公園」で落ちていく夕日を見送る
・伊勢原のシンボル「丹沢大山」に登ってお茶屋さんで一息
・鎌倉のジャム専門店「ロミ・ユニ コンフィチュール」で季節のジャムを買う
・小田原のサドルバック牧場で海を見下ろしながら乗馬体験
・「よこはま動物園ズーラシア」で世界三大珍獣のオカピに出会う
・森と湖と芸術のまち・藤野で自然とアートに触れてリフレッシュ
・みなとみらいを見守る横浜三塔「キング」「クイーン」「ジャック」の歴史を辿る
・江ノ電・鎌倉高校前駅の踏切は『スラムダンク』ファンが集まる有名スポット
・鎌倉の銭洗弁財天宇賀福神社で金運アップを願ってお金を洗う

神奈川で自然を満喫する

仙石原でススキの絶景を眺める

photo by PIXTA
秋の箱根旅行にオススメの「仙石原すすき草原」。台ヶ岳ふもとの斜面に、東京ドーム4個分(約18ヘクタール)にわたって広がる黄金色のすすきを一望できます。

中央にまっすぐ伸びた散策路をじっくりと辿りながら、秋風にそよぐすすきの絶景を目に焼き付けて。

■詳細情報
・名称:仙石原すすき草原
・住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原
・アクセス:「仙石高原」バス停下車すぐ

春は三渓園でライトアップされた幻想的な桜と庭園を眺めて大人のお花見デート

photo by PIXTA
神奈川の桜の名所といえば「三渓園」。園内にはソメイヨシノをはじめ、およそ300本の桜が植えられています。

「観桜の夕べ」の開催シーズンになると、夜に園内がライトアップされ、美しく明かり照らされた夜桜が楽しめます。池に映しだされた夜桜の幻想的な光景は、大人のお花見デートにぴったり。

■詳細情報
・名称:三渓園
・住所:神奈川県横浜市中区本牧三之谷58
・営業時間:9:00~17:00 ※「観桜の夕べ」開催時は21:00まで
・電話番号:045-621-0634
・公式サイトURL:https://www.sankeien.or.jp/index.html

箱根「芦ノ湖スカイライン」で絶景ドライブ

photo by PIXTA
芦ノ湖の西岸(箱根峠~湖尻)を走る全長10.7キロの観光道路「芦ノ湖スカイライン」は絶景ドライブにぴったり。いくつものビュースポットがあるので、のんびりと車を走らせながら眺望を楽しんで。

特にオススメのスポットは「三国峠」。雄大な富士山と、駿河湾から遠く伊豆半島まで見渡せる絶好の場所です。

■詳細情報
・名称:芦ノ湖スカイライン
・営業時間:7:00~19:00
・公式サイトURL:http://www.ashinoko-skyline.co.jp/

他に、神奈川の自然を満喫する方法

・鎌倉・報国寺の美しき竹林を巡る
・川崎の東扇島東公園で潮風を浴びながら黄金色の夕日と工場夜景を堪能
・鎌倉・極楽寺で可憐に咲く紫陽花に癒されて
・真鶴半島をサイクリングで走破
・夏はビール片手に夜の七里ヶ浜をお散歩
・鎌倉の材木座海岸で人気のマリンスポーツ「SUP」に挑戦
・足柄・丹沢湖の水面に浮かぶ紅葉を眺める

ライター
戸口 実花 フリーライター

編集者として勤めながら、フリーライターをしています。文字を書くか、お酒を飲むか、の日々(大抵後者)。 TABIPPOのメディア事業部ではライター/編集者として、その後プロダクト事業部ではPRと制作を担当していました。2017年3月にインターンを卒業。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング