ライター
RORO ライター × 星空案内人

動画編集/ライター/星空準案内人/フリーランス。香川生まれ、三浦半島在住。大学卒業後、PEACE BOATで初海外、世界一周の旅に出る。帰国後、次は日本を知るために、北から南まで約2年半旅をしながら働く生活を送る。訪れた国は29カ国、国内は45県を制覇。「ソトコト」のオンラインメディアで連載記事執筆の他、イベントレポート執筆・編集も行いながら、星空案内人(準案内人)としても活動中。

関西の入り口である関西国際空港。開港されて以来「ロストバゲージ」が一度もないことを知っていましたか?

イギリスのスカイトラックス社が発表した「Best Airport for Baggage Delivery」でも昨年に続き2年連続1位となっています。関西国際空港ではどのように荷物が管理されているのか、紹介していきたいと思います。

 

開港以来「ロストバゲージゼロ」

baggage-hall-775540_960_720

photo by pixabay

関西国際空港は1994年に開港されて、今年で22年目を迎えようとしています。

ロストバゲージゼロという驚異的な数字を持ち、スカイトラックス社が世界の550空港を対象に行った調査で、荷物の取り扱いが最も優れている部門「Best Airport for Baggage Delivery」の世界一位に輝きました。

海外に出て行くと分かると思いますが、日本の丁寧かつ迅速な対応は、世界でもトップクラスを誇ります。それが証明される結果となりました。

 

関空が行っている取り組みとは

ロストバゲージは、他の飛行機に間違って搬入したり、トランジットの際に荷物を降ろし忘れたり、預け忘れたりすることが原因で起こります。

関空では、まずファーストクラスの荷物から先にターンテーブルに載せていき、残りの荷物は後で載せるために脇に並べて置きます。

ライター
RORO ライター × 星空案内人

動画編集/ライター/星空準案内人/フリーランス。香川生まれ、三浦半島在住。大学卒業後、PEACE BOATで初海外、世界一周の旅に出る。帰国後、次は日本を知るために、北から南まで約2年半旅をしながら働く生活を送る。訪れた国は29カ国、国内は45県を制覇。「ソトコト」のオンラインメディアで連載記事執筆の他、イベントレポート執筆・編集も行いながら、星空案内人(準案内人)としても活動中。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング