ライター
けんちょ サウナが大好きなトラベルインスタグラマー

大学生の頃、友人に誘われたことがきっかけで、初海外でアメリカ横断へ。 これまでに見たことのない景色や、全く違う文化や価値観に衝撃を受け、気がつけば旅にどハマり。訪問国数25カ国ほど。夢は20代で100カ国踏破。 国内外問わず、訪れた魅力的なスポットはInstagramで発信中。 現在は都内IT企業に勤務しつつ、毎週のように大好きなサウナに訪れ、お財布と海外旅行欲を充電しています。

新型コロナウイルス感染症対策として、ニーズが高まっている旅のスタイルの一つがドライブ旅。

週末や連休、車でちょっとどこかへ遠出をしようなんて考えている人も多いはず。限られた休日、せっかくならあっちもこっちも回りたいなんて思いますよね。

そんな欲張りな人は必見、1泊2日の2日間で人気観光地の草津(群馬)、伊香保(群馬)、越後(新潟)をドライブでぐるっと巡る旅行プランをご紹介します。

もちろん今の時期に気になる、コロナ対策も併せてご紹介しますので、「Go To キャンペーン」を利用してどこかに行こうと考えている人は、ぜひご覧ください!

【1日目】11:00~13:00:ひもかわうどんの「ふる川」さんでランチ


伊香保へ向かう前にちょっと寄り道して、お昼ごはんはひもかわうどんをいただきます。寄り道できるのもドライブ旅ならではの特権。

ひもかわうどんは、群馬県の桐生地方の郷土料理です。きしめんよりもさらに平べったい幅広麺は、食べ応え満点。しっかりとコシのある麺が口いっぱいに広がり、病みつきになる味わいです。

そんなひもかわうどんが食べられる有名店が、桐生市内にある「ふる川」さんです。駐車場を見渡すと群馬県下のナンバーだけでなく、埼玉や茨城、千葉など近隣の都道府県からも訪れていることがわかるほどの人気っぷり。お店の前に到着すると、10組ほどの行列ができていました。


行列に並ぶこと1時間ほど、ようやく入店することができ、ついに念願のひもかわうどんとご対面。

まずびっくりなのが、今まで見たこともないような真四角な麺。期待を膨らませながら一口食べてみると、もちもちと弾力性があり、初めて食べる食感です。餅ともうどんとも違ったひもかわがしっかりと出汁に絡んでいるので、めちゃくちゃおいしいんですよ!

■詳細情報
・名称:ふる川
・住所:〒376-0011 群馬県桐生市相生町2丁目735-15
・地図:
・アクセス:天王宿駅徒歩約9分
・営業時間:11:00~14:00(L.O.)17:30~22:30(L.O.)
※現在は新型コロナウイルス感染症防止のため20:00閉店
・定休日:月曜日
・電話番号:0277-47-8190
・公式サイトURL:http://himokawa.jp/

【1日目】14:00〜16:30:伊香保温泉を観光!

石段街を散策


名物のひもかわうどんを楽しんだ後は、桐生市内から車でおよそ1時間ほど、伊香保温泉へと向かいます。

伊香保温泉は群馬県を代表する温泉地の一つで、365段の石段の両側には温泉旅館やおみやげ屋さん、飲食店などがずらりと並んでいて、街歩きが楽しい温泉街です。


頂上を目指して石段街を散策していると、至る所で見かけるのが湯の花饅頭のお店。

なんでだろうと思っていると、実は温泉饅頭の発祥の地がこの伊香保なんだとか。それぞれのお店によって、生地の食感や甘さなどが全然違うので、食べ歩きしながら頂上を目指すのがおすすめです。

もちろん各店舗にはアルコール消毒が設置されているので、感染症対策にもバッチリと配慮されています。


また、温泉街らしく射的などの遊技場もちらほらと。入店にはマスク着用が必須と、こちらも感染症対策をきちんと行って営業しています。

射的は地元のお祭り以来、なんて人も多いのではないでしょうか。久しぶりにやってみると、これがまた意外と燃えてしまいます!


散策の楽しい石段街を一番上までの登り切ると、伊香保神社があります。伊香保神社は、縁結びや子宝に縁のある神社と言われているので、せっかく上まで登り切った人は、お参りも忘れないように。

また、天気がいい日には榛名山や越後連山などを一望できるので、景色も楽しみにぜひ365段登りきることをおすすめします。運動不足でも大丈夫でしたよ!

散策を終えたら温泉へ!


石段街の散策を楽しんだ後は、お楽しみの温泉へと向かいます。コロナの影響もあって、温泉利用は宿泊者のみとしている施設も多い中で、黄金の湯館さんでは日帰り入浴することができます。入館時には体温測定の徹底と、こちらも感染症対策もバッチリ。

茶褐色のお湯の色から黄金の湯と呼ばれ、 400年以上の歴史があることで知られている伊香保温泉。黄金の湯館では、そんな伊香保名物の黄金の湯を源泉掛け流しで楽しむことができます。

ぬるめの内湯と熱めの露天風呂、どちらも気持ちがよくて、最高にリラックスすることができますよ。

■詳細情報
・名称:黄金の湯館
・住所:〒377-0102 群馬県渋川市伊香保町伊香保550
・地図:
・営業時間:10:00~24:00
・定休日:なし
・電話番号:0279-30-4100
・料金:大人/中学生以上 980円(税抜)、小人/3歳以上小学生以下 600円(税抜)
・公式サイトURL:https://www.itoenhotel.com/koganenoyu/

【1日目】18:00〜:越後湯沢に宿泊

宿で新潟の日本酒を楽しむ!


温泉を満喫したあとは、伊香保温泉から車で1時間ほどの越後湯沢へ。越後湯沢がある新潟県といえば、お米や日本酒が有名な地域。夜はおいしい日本酒をいただきます。

ただし今回はドライブ旅。外へお酒を飲みに行くと、運転手は我慢しないといけなくなってしまいます。また、まだまだコロナにも気を配らないといけない時期なので、今回は宿でゆっくりと日本酒を楽しみます。

実は新潟県のスーパーは日本酒の種類が圧倒的に豊富。むしろコスパよくいろんな種類の日本酒を飲み比べできるので、たまには宿でゆっくりと過ごすのもおすすめです。

【2日目】9:00~11:00:清津峡渓谷を観光!


2日目は越後から車で30分ほどの場所にある、清津峡観光から一日がスタート!

清津峡渓谷は、黒部峡谷・大杉谷とともに日本三大峡谷の一つで、最近ではインスタ映えの絶景のトンネルが話題となり、たくさんの観光客で賑わいます。特にお昼前になると、かなり混み合ってくるので、比較的空いている朝一番の観光がおすすめ!

話題の絶景が見られるトンネルの入口では、丁寧に一人ずつ検温されています。密になりやすいトンネルだからこそ、感染症対策も抜かりなし。

マ・ヤンソン/MADアーキテクツ「Tunnel of Light」(大地の芸術祭作品)
トンネルの中は少し薄暗く、探検感があってワクワクします。入口から歩くこと約750mほどで話題のインスタ映えスポット「パノラマステーション」へと到着します。

「パノラマステーション」は床一面に水が張られていて、外の景色を鏡張りのように映し出しています。肉眼でもしっかりと鏡張りに見えるので、スマートフォンのカメラでも自然と芸術が合わさった、インスタ映えの写真を撮ることができますよ!

■詳細情報
・名称:清津峡トンネル
・住所:〒949-8432 新潟県十日町市
・地図:
・営業時間:8:30~17:00
・定休日:なし
・電話番号:025-763-4800
・料金:大人(高校生以上) 800円、子供(小・中学生) 400円
・公式サイトURL:http://nakasato-kiyotsu.com/tunnel

【2日目】13:00〜17:00:草津でのんびり過ごす

温泉に浸かってゆっくりする


清津峡から車で走ること2時間ほどで草津温泉へと到着します。草津温泉は言わずと知れた温泉地で、2日間の旅の終わりにゆっくりと過ごすのにとってもおすすめ。


温泉は至る所にありますが、その中でも特におすすめなのが人気の日帰り温泉施設、大滝乃湯です。ここでは「合わせ湯」という、少し変わった入浴方法が大人気。

合わせ湯は、温度が異なるの浴槽に、水温の低い順に入浴していくことで、体を慣れさせていく入浴方法です。草津の温泉は熱いことで知られており、あつ湯に慣れるために合わせ湯という入浴方法ができたんだとか。

大滝乃湯では、38度から46度程度までの4~5種類の浴槽で、順に微妙な高低差で慣らしていくことから、お風呂上がりも体がポカポカ気持ちがいいんです。

広々とした露天風呂もあるので、開放感も抜群!合わせ湯や露天風呂など、気持ちのいい温泉にゆっくりと浸かって、リラックスすることができますよ。

■詳細情報
・名称:大滝乃湯
・住所:〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町大字草津596−13
・地図:
・営業時間:9:00~21:00
・定休日:なし
・電話番号:0279-88-2600
・料金:大人:900円 子供:400円
・公式サイトURL:http://ohtakinoyu.com/

湯上りの食べ歩き!


温泉から上がると、残り時間はゆっくりと散策。大滝乃湯から歩いてすぐのグランデフューメ草津では、美味しいジェラートやラスクをいただくことができます。しかもなんと時間制限なしの食べ放題!

お風呂上がりのポカポカした体に冷たいジェラートは格別の美味しさなので、ぜひ立ち寄ってみてください!

■詳細情報
・名称:グランデフューメ草津
・住所:〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町大字草津594-4
・地図:
・営業時間:9:00~18:00
・定休日:なし
・電話番号:0120-066-862
・公式サイトURL:http://grandefiume-kusatsu.com/

また、温泉といえば忘れてはいけないグルメが温泉卵です。


草津温泉では、温泉卵がその場で食べられるようにカップに入っていて、食べ歩きにもぴったり!温泉街の中心地である湯畑の周りにはいくつか温泉卵が食べられるお店があるので、散策しながらぜひ召し上がってみてください。

草津温泉は日本三名泉なだけあって、その他にも散策が楽しいお店がたくさん。お土産探しをするもよし、食べ歩きをするもよし、思い思いの時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ドライブ旅だからこそ旅先は自由自在!

こんな時期だからこそおすすめのドライブ旅!ちょっとした寄り道をしながらいくつかの観光地をぐるっと回れるのも、自由度の高いドライブ旅ならではの魅力です。

今回ご紹介した伊香保、越後、草津エリアは人気の観光地なだけあって、感染症対策もバッチリ。だからこそ訪れる私たちも、ソーシャルディスタンスへの意識やアルコール消毒の徹底など、意識しすぎなくらいの気持ちで新しい旅を楽しむといいのではないでしょうか。

All photos by kento sato

【特集】NEXT JAPAN TRAVEL – あたらしい旅、だいすきな場所。-


TABIPPO.NETでは、新しいスタイルでの国内旅行について特集しています。他の記事もぜひチェックしてみてください!
特集を見る

ライター
けんちょ サウナが大好きなトラベルインスタグラマー

大学生の頃、友人に誘われたことがきっかけで、初海外でアメリカ横断へ。 これまでに見たことのない景色や、全く違う文化や価値観に衝撃を受け、気がつけば旅にどハマり。訪問国数25カ国ほど。夢は20代で100カ国踏破。 国内外問わず、訪れた魅力的なスポットはInstagramで発信中。 現在は都内IT企業に勤務しつつ、毎週のように大好きなサウナに訪れ、お財布と海外旅行欲を充電しています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング