writer
さとり 外に出るオタク

京都出身。ジョグジャというインドネシアの古都の観光局で働いています(青年海外協力隊として)旅行が好きなので、インドネシアを拠点に2週間に1回は遠出しています。

こんにちは。インドネシア在住ライターのさとりです。インドネシアのリゾートといえばバリ島が一番有名ですが、14,000の島を抱えるインドネシアには、他にもまだまだあまり外国人に知られていない島が多くあります。

その中でも、最近じわじわと人気が高まってきているのが「カリムンジャワ」という島。インドネシアでもトップクラスの綺麗な海に囲まれた島ですが、まだまだメディア等に取り上げられていない「知る人ぞ知る秘島」です。

今回は、そんなカリムンジャワの魅力・観光スポット・アクセス方法を紹介します。

 

カリムンジャワってどんな島?

photo by satori

カリムンジャワは、インドネシアのジャワ島北側にある27の島からなる離島群で、インドネシアの国立公園に指定されています。一番大きなカリムン本島の面積でも小さく、大体八丈島(東京)と同じくらいの面積で、人口は約13,000人。

最寄りのジェパラ港からフェリーで4時間と、アクセスが少し難しいため、旅行者がとても少ない秘境ビーチとして地元・バックパッカー人気が高まっています。

 

カリムンジャワは他の島とどう違う?おすすめの理由

インドネシアで働いていると、同僚に「カリムンジャワ、もういった?」とニヤニヤしながら聞かれることが多く、かなり現地民人気が高いことを感じます。

バリやロンボクなど、他のビーチをたくさん知っているインドネシア人ですら好きになってしまう、他の島にはないカリムンジャワの魅力をご紹介します。

 

とにかく綺麗!飲めそうなくらい透明度の高い海

photo by satori

カリムンジャワの海はとにかく綺麗!海の色が、飲めそうなくらい透明です。最寄りのジェパラ港からフェリーで4時間、高速船で2時間という距離にあり、他の島からの生活排水の影響がないためでしょう。

私は海が好きでいろんなビーチに訪れていますが、カリムンジャワはインドネシアの中でもトップクラスの綺麗な海だと感じました。

 

観光客が少なく、プライベート感たっぷり

photo by satori

インドネシア人の中では有名なカリムンジャワですが、外国人にとってはまだほんの一部のバックパッカーなどが訪れる島。写真は島々をボートで巡る、アイランドホッピングツアーに参加した際に立ち寄った場所ですが、自分たち以外の客がまったくおらず、貸切状態でした!

人気リゾートのシュノーケリングツアーに参加すると、稀に昼食をガヤガヤとした船の上などで過ごすことになってしまうことがありますが、カリムンジャワにおいてその心配はありません。

 

フォトスポットのクオリティが高い!

photo by satori

インドネシア人はセルフィー(自撮り)が大・大・大好き。カリムンジャワには、そんなインドネシア人のセルフィー需要に応える、おしゃれなフォトスポットが多いのですが、そのクオリティが妙に高いんです!

私は自撮りするタイプではないので、フォトスポットはあまり楽しめないんじゃないかな?と思っていました。しかし、実際訪れるとあまりにもクオリティが高いフォトスポットに感化されて、思わず何枚か撮ってしまいました。

writer
さとり 外に出るオタク

京都出身。ジョグジャというインドネシアの古都の観光局で働いています(青年海外協力隊として)旅行が好きなので、インドネシアを拠点に2週間に1回は遠出しています。

RELATED

関連記事