「魔女の宅急便」の舞台になった海外スポット13選

Pocket はてブ

プラツァ(ドブロヴニク)

ドブロヴニク旧市街の目抜き通りにあたるのが「プラツァ」です。「プラツァ」にはおしゃれなカフェ、レストラン、お土産屋がいっぱい。クリスマスの時期になると出店が立ち並びます。

もともと「プラツァ」は水路として作られ、ベネチアみたいな雰囲気だったとか。今は水路の面影は残っていませんが、メインストリートであることに変わりありません。

■詳細情報
・名称:プラツァ
・住所:Dubrovnik, Croatia
・アクセス:ピレ門からすぐ
・所要時間:1時間
・オススメの時期:夏

 

トームペア(タリン)

タリンを見下ろす絶好スポットがトームペアと言われる丘です。この場所はタリンを見下ろせることから、政治的に重要な意味を持ちました。そのため、トームペアには城があります。風が強い日は帽子が吹き飛ばされそうになるので、ご注意ください。

■詳細情報
・名称:トームペア
・住所:Tallinn, Estonia
・アクセス:ヌンネ通りから入る
・所要時間:30分
・オススメの時期:いつでも

 

旧市庁舎

タリン旧市街はおもちゃ箱のようなかわいらしい街。それでいて、中世の雰囲気がそのまま残る素敵なスポットです。そんなタリン旧市街のシンボル的存在が旧市庁舎。タリンの旧市庁舎は北欧唯一のゴシック様式になっています。

そして、旧市庁舎で目立つのが高い塔。実際に塔に上がることができるので、高所恐怖症でなければチャレンジしてみましょう。

■詳細情報
・名称:旧市庁舎
・住所:Estonia, Tallinn, Raekoja, Plats1
・アクセス:ラエコヤ広場近く
・営業時間:10:00~16:00(9月~6月は予約制)、塔は11:00~18:00
・定休日:日・祝(塔は祝日と9月中旬~4月)
・電話番号:6457900
・料金:大人5ユーロ、学生2ユーロ(塔は大人3ユーロ、学生1ユーロ)
・所要時間:1時間
・オススメの時期:夏
・公式サイトURL:http://raekoda.tallinn.ee

 

まとめ

宮崎駿氏はキキの住む街について、「戦争が起きなかったらこうなっていたと思うヨーロッパ」と発言しており、実際にヨーロッパ各地の街を取り混ぜてデザインしたのだそうです。

ヨーロッパ旅行に行くたびに、魔女の宅急便を彷彿とさせる風景に出会って、ついついキキを探してしまいそうですね。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していま…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

スタジオジブリ

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品