ライター
けんちょ サウナが大好きなトラベルインスタグラマー

大学生の頃、友人に誘われたことがきっかけで、初海外でアメリカ横断へ。 これまでに見たことのない景色や、全く違う文化や価値観に衝撃を受け、気がつけば旅にどハマり。訪問国数25カ国ほど。夢は20代で100カ国踏破。 国内外問わず、訪れた魅力的なスポットはInstagramで発信中。 現在は都内IT企業に勤務しつつ、毎週のように大好きなサウナに訪れ、お財布と海外旅行欲を充電しています。

人々の公衆衛生の役割を担い、ピーク時には都内だけで2,500以上もの数があった銭湯。設備の老朽化や後継者不足、家庭へのお風呂の普及などもあり、最盛期と比べるとその数は随分と減りましたが、今でも都内だけで500軒以上の銭湯が営業を続けています。

数ある銭湯の中にあって、「昭和レトロ」な銭湯のイメージを覆す、今注目の銭湯が東京・錦糸町にあります。それが黄金湯さんです。本記事では、そんな話題の銭湯「黄金湯」についてご紹介したいと思います。

スタイリッシュに生まれ変わった老舗銭湯「黄金湯」


今回ご紹介する黄金湯は、2020年にリニューアルオープンして生まれ変わったばかりのモダンでスタイリッシュな銭湯。

近年空前のブームを巻き起こしているサウナ界隈の間でも評判の施設で、今絶対に行くべきサウナの一つとして「サウナシュラン2020」にも銭湯から唯一選出されるほど話題沸騰中の施設なのです。

JR錦糸町駅から歩くこと10分ほど、モダンながらもどこか懐かしさを感じる、そんな佇まいの黄金湯さんへと到着です。


お店の中に入ると、「これはほんとに銭湯?」と思ってしまうような、おしゃれな空間が広がっています。それもそのはず、黄金湯の内装は、ブルーボトルコーヒーなどの数々の店舗を設計してきた長坂常さんによって手掛けられ、カフェのようなスタイリッシュな空間に仕上がっているのです。まさに新時代の銭湯といった佇まいで、ワクワクが止まりません。

もちろん無料のシャンプーやボディソープ、有料のレンタルタオルなど、アメニティは一通り用意されているので、手ぶらでも気軽に訪れることができますよ!

モダンな浴室にはこだわりの3種類のお風呂が!

入口に設置されている券売機で入浴料金とサウナ料金を支払うと、期待に胸を膨らませながら浴室へと向かいます。浴室の中は白を基調としたデザインに統一されていて、受付の内装と同じようにシンプルでスタイリッシュな雰囲気です。

清潔感あふれるモダンな浴室は、子どもから大人まであらゆる人が楽しめるように、熱湯、中温湯、低温炭酸泉と3種類の異なる温度のお風呂に加えて、血行促進やリフレッシュ効果もあるとされる温冷交代浴用の水風呂が用意されていて、お風呂好きも納得のラインナップ。すべてのお水に軟水を使用した、こだわりのお風呂を楽しむことができます。

軟水は乾燥肌や敏感肌に優しく、髪の毛がサラサラになる効果もあるので、個人的にはとっても嬉しいポイントなんですよね。


こだわりのお風呂に浸かりながらあたりを見てみると、銭湯らしからぬ壁絵が目につきます。銭湯の壁絵といえば、青を基調とした、富士山のペンキ絵のイメージが強いのではないでしょうか。

そんな銭湯の壁絵のイメージとは少し異なり、黄金湯の壁絵は、モノトーン調に優しいタッチで描かれたちょっと変わった壁絵です。実はこの壁絵、『きょうの猫村さん』などで知られる人気漫画家・ほしよりこさんによって描かれたものだそうで、右から左へと物語が進む絵巻スタイルなんだとか。

種類の異なる3種類のこだわりのお風呂にゆっくりと浸かりながら、壁絵のストーリーにもぜひ注目してみてくださいね。

サウナシュラン2020にも選ばれた自慢のサウナエリア


黄金湯のサウナは、サウナシュラン2020に銭湯から唯一選ばれたこだわりのサウナ。男湯は麦飯石とヒバで作られた熱々のオートロウリュサウナ、女湯は国産ヒノキを使用したセルフロウリュサウナと、男女で種類は異なりますが、どちらのサウナでもロウリュを楽しむことができます。

ロウリュとは、サウナストーンの上に水をかけて水蒸気を発生させること。室内の湿度を高めて発汗作用を促すフィンランド式のサウナの入浴方法で、じわじわと降り注ぐ蒸気がとっても気持ちいいんです!

男湯のオートロウリュサウナは、15分おきに降り注ぐオートロウリュと輻射熱によってしっかりと熱さを感じる、サウナーも大満足の広々とした空間。女湯の国産ヒノキのサウナは、コンパクトながらも、セルフロウリュによって自分好みに熱さをアレンジできる上質な空間となっています。いずれもフィンランドさながらのサウナで、サウナシュラン選出も納得のクオリティです。


男湯のサウナエリアには、ボイラーを改造したサウナ利用者専用の広々とした水風呂があります。キンキンに冷えた水風呂はサウナー好みの水温に設定されていて、熱々のサウナ後の水風呂は極上の気持ちよさ!日が暮れるとライトアップされるため、夜には幻想的な雰囲気を楽しむことができます。

露天スペースには椅子が8つ設置されているので、都会の空の下、開放的な外気浴が可能です。こだわり抜かれたサウナ、水風呂の後の開放的な外気浴によって、ととのいの境地に誘われること間違いなしでしょう。究極のリラックスタイムを過ごすことができます。

女湯には露天スペースはありませんが、水曜日限定で男湯と女湯が入れ替わるので、女性は水曜日を狙って訪れるのがおすすめです!

湯上がりに極上のクラフトビールが楽しめる!


お風呂やサウナ上がりのお楽しみといえば、コーヒー牛乳やキンキンに冷えたビールという方も多いのではないでしょうか。

黄金湯のエントランスに設置されているビアバーでは、厳選されたクラフトビールやオリジナルの黄金湯ビールが提供されていて、お風呂上がりにいただく注ぎたてのこだわりビールはたまらない味わい。

立ち飲みスペースの設置もあるので、待ち合わせにもおすすめです。ぜひ湯上がりに絶品の一杯を味わってみてくださいね!

これからも目が離せない!老舗銭湯「黄金湯」

2020年に新たに生まれ変わった黄金湯は、これまでの銭湯が持つ古臭いイメージが苦手な方も気軽に訪れられる、最先端の銭湯です。

お風呂だけでなく、内装のデザインやサウナなど、細部にまでこだわられた施設は、訪れるすべての人を満足させること間違いなし。気になる方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

アップデートし続ける黄金湯さん、これからも注目の銭湯です。

■詳細情報
・名称:黄金湯
・住所:〒130-0012 東京都墨田区太平4丁目14-6
・地図:
・アクセス:JR錦糸町駅から徒歩10分
・営業時間:10時00分~0時30分(土曜日は15:00から)
・定休日:第二・第四月曜日
・電話番号:03-3622-5009
・料金:入浴料470円、男性サウナ500円、女性サウナ300円
・公式サイトURL:https://koganeyu.com/#top

All photos by Yurika Kono

ライター
けんちょ サウナが大好きなトラベルインスタグラマー

大学生の頃、友人に誘われたことがきっかけで、初海外でアメリカ横断へ。 これまでに見たことのない景色や、全く違う文化や価値観に衝撃を受け、気がつけば旅にどハマり。訪問国数25カ国ほど。夢は20代で100カ国踏破。 国内外問わず、訪れた魅力的なスポットはInstagramで発信中。 現在は都内IT企業に勤務しつつ、毎週のように大好きなサウナに訪れ、お財布と海外旅行欲を充電しています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング