other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

インタビュー前編では「夏は仕事、冬は海外旅行」というライフスタイルについてコジマサトコさんにお話をお伺いしました。

そんなコジマさんは以前より「3カ国語を話したいという夢があった」と言います。

 

今回はコジマさんのスペイン語習得の舞台となったニカラグアでのお話や、語学を勉強する上で、“楽しみながら続けるコツ”をお伺いしました。

 

スペイン語は日本人に合った言語

01★コロンビア、グアタペのお花屋さんの壁-583x437

↑コロンビア・グアタペにて。壁の写真を集めるのが密かなマイブーム。ここにはたくさんかわいい壁があるんです♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑旅の定番のペルーのマチュピチュにて。リャマさんとお昼寝。

 

以前から海外旅行へ行くときは、現地の簡単な言語は覚えるようにしていました。「ありがとう」「すみません」「1~10までの数字」あとは「ののしり言葉」とか。

 

もともと語学には興味がありました。だけど、世界1周で南米を旅してみてビックリしました…英語が全く通じない!でもそのことがとても面白く感じました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑キューバにて。いつもの公園で集まって遊んでいた仲間たち。

 

バスターミナルに行きたかったときに、「Terminal(ターミナル)!!」って言っても誰も理解をしてくれませんでした。

 

それで試しに「Terminal(テルミナル)?」って言ってみたら「Si(ターミナルね)!」って返ってきて、わかってもらえて。

04ニカラグアでの小さな大親友

↑ニカラグアのホームステイ先・エルサウセでできた初めてのお友達。

 

それから「わからなかったら英語をローマ字読みしてみよう!」と実践。けっこう通じることが多くて新しい発見でした。

あとから知ったことですが、スペイン語と英語の単語は45パーセントほどが共通するんだそうです。しかも母音の数が日本語と同じ!

 

なので、スペイン語の発音は日本語に近くて、ローマ字読みができるわたしたち日本人にはお得な言語だと思います。話してるとハッピーな気分になります!

 

私がニカラグアを選んだ理由

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑べネズエラのホストファミリー。短期間だったけど政治のこと、世界のこと、いろんなことを話して仲良しに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑キューバのホストファミリー。資本主義ではないキューバでの暮らし方を教えてくれたり、リアルな思いをたくさん話してくれた。

14619963_1218734191498157_1727176191_n

↑コロンビアのホストファミリー。英語を勉強したい長男くんと教え合いっこ。

 

ニカラグアを中心に中南米に4ヶ月ちょっとホームステイしました。

 

そもそも留学を決心した理由が、次の旅ではどこかに生活したいと考えていたからです。オーストラリアの高校に留学していた時の経験から、自分には体当たりで語学を学ぶのが合っているのではないか、と。

メキシコ、グアナファトの景色

↑メキシコのグアナファト。町並みが世界遺産!カラフルで心もウキウキ。

 

だったら地球の裏側の南米まで行こうと決めたらワクワクしてきて、留学先を調べていました。

 

物価が安くて、自分が甘えてしまわないように日本人も英語を話す人もいない田舎に行きたい。でも、そんなところはネットで調べても出てこない。

どこに行こうか悩んでいたところ、秋葉原で偶然日本を旅していたニカラグアの人に出会ったんです。

01ニカラグアの家族。ホストファミリー。一番お世話になりました

↑ずーっとお世話になったニカラグアの家族。本当の家族のように仲良しです♪

 

その方にどこがいいか相談をしたら、「ニカラグアのうちの家族のところに住みなよ!」と言われて、ホームステイ先が決まりました(笑)。エルサウセという、かなり田舎なんですが。

インタビュー前編では「夏は仕事、冬は海外旅行」というライフスタイルについてコジマサトコさんにお話をお伺いしました。

そんなコジマさんは以前より「3カ国語を話したいという夢があった」と言います。

 

今回はコジマさんのスペイン語習得の舞台となったニカラグアでのお話や、語学を勉強する上で、“楽しみながら続けるコツ”をお伺いしました。

 

スペイン語は日本人に合った言語

01★コロンビア、グアタペのお花屋さんの壁-583x437

↑コロンビア・グアタペにて。壁の写真を集めるのが密かなマイブーム。ここにはたくさんかわいい壁があるんです♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑旅の定番のペルーのマチュピチュにて。リャマさんとお昼寝。

 

以前から海外旅行へ行くときは、現地の簡単な言語は覚えるようにしていました。「ありがとう」「すみません」「1~10までの数字」あとは「ののしり言葉」とか。

 

もともと語学には興味がありました。だけど、世界1周で南米を旅してみてビックリしました…英語が全く通じない!でもそのことがとても面白く感じました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑キューバにて。いつもの公園で集まって遊んでいた仲間たち。

 

バスターミナルに行きたかったときに、「Terminal(ターミナル)!!」って言っても誰も理解をしてくれませんでした。

 

それで試しに「Terminal(テルミナル)?」って言ってみたら「Si(ターミナルね)!」って返ってきて、わかってもらえて。

04ニカラグアでの小さな大親友

↑ニカラグアのホームステイ先・エルサウセでできた初めてのお友達。

 

それから「わからなかったら英語をローマ字読みしてみよう!」と実践。けっこう通じることが多くて新しい発見でした。

あとから知ったことですが、スペイン語と英語の単語は45パーセントほどが共通するんだそうです。しかも母音の数が日本語と同じ!

 

なので、スペイン語の発音は日本語に近くて、ローマ字読みができるわたしたち日本人にはお得な言語だと思います。話してるとハッピーな気分になります!

 

私がニカラグアを選んだ理由

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑べネズエラのホストファミリー。短期間だったけど政治のこと、世界のこと、いろんなことを話して仲良しに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑キューバのホストファミリー。資本主義ではないキューバでの暮らし方を教えてくれたり、リアルな思いをたくさん話してくれた。

14619963_1218734191498157_1727176191_n

↑コロンビアのホストファミリー。英語を勉強したい長男くんと教え合いっこ。

 

ニカラグアを中心に中南米に4ヶ月ちょっとホームステイしました。

 

そもそも留学を決心した理由が、次の旅ではどこかに生活したいと考えていたからです。オーストラリアの高校に留学していた時の経験から、自分には体当たりで語学を学ぶのが合っているのではないか、と。

メキシコ、グアナファトの景色

↑メキシコのグアナファト。町並みが世界遺産!カラフルで心もウキウキ。

 

だったら地球の裏側の南米まで行こうと決めたらワクワクしてきて、留学先を調べていました。

 

物価が安くて、自分が甘えてしまわないように日本人も英語を話す人もいない田舎に行きたい。でも、そんなところはネットで調べても出てこない。

どこに行こうか悩んでいたところ、秋葉原で偶然日本を旅していたニカラグアの人に出会ったんです。

01ニカラグアの家族。ホストファミリー。一番お世話になりました

↑ずーっとお世話になったニカラグアの家族。本当の家族のように仲良しです♪

 

その方にどこがいいか相談をしたら、「ニカラグアのうちの家族のところに住みなよ!」と言われて、ホームステイ先が決まりました(笑)。エルサウセという、かなり田舎なんですが。

 

-その地名は初めて聞きましたね。留学先ではスペイン語をどのように習得されたのですが?

04スペイン語のレッスン中

↑すっごい優しいウゴ先生。町の人気者。はじめは読むだけで終わってしまっていたスペイン語レッスンも私に合わせてたくさん会話をしてくれるように。

 

とにかく家族と喋りました。あと学校が周りにない田舎だったので、家族に先生を紹介してもらいました。

でもその方が小学校の先生で外国人向けではなかったんです。 もちろん外国人がいない町を選んだのだから当たり前ですが…(笑)。

 

絵本をローマ字読みできると褒めてくれました(笑)。

何日も踊らされたニカラグア

↑エルサウセに着いた時はお祭りで、毎日毎日何時間も踊らされました(笑)。

 

そこでは読みと会話の練習だと思い、文法を家で勉強して先生に分からないことがあれば次の授業のときに聞くようにしました。とはいえ、なかなか勉強は進みませんでした(笑)。

 

なので、座学は日本でやればいい!と思い、とにかく家族と会話をして新しくできた友達とたくさん遊んで、スペイン語に慣れるようにしました。

 

帰国の飛行機で試しに教科書を開いたら、ほとんど分かるようになっていました。

 

語学の勉強はドラクエの呪文集め

04ニカラグアのホストファミリーのおばあちゃん

↑ニカラグアのホストファミリーのおばあちゃん。一緒に3時間バスに揺られて首都マナグアに向かっているところ。「お尻痛くない?」と聞いたら「全然!いつも乗ってるから!」。たくましい!

 

留学当初、トイレに行きたくて言葉が通じないので絵を書いてたところ、「バニョ!(トイレ)!」って言葉が返ってきました。その会話の中で「アキ(ここ)」「アヤ(あっち)」の3つの言葉をゲットできました。

 

3歳の時、通っていた英語教室で「メーアイカミン?ノックノック」と先生に言うと「シュア!」と言ってドアを開けてくれた。当時はその言葉の意味が分からなくて、「開けゴマ!」のような呪文のように捉えていました。

 

その呪文集めが楽しかったのを今でも覚えています。

nicaragua!!

↑ニカラグアをはじめ中南米にはかわいい壁がいっぱい! (壁写真集めてます。https://www.instagram.com/kojimasatoko/

 

その後中学校の英語でその言葉が“May I come in?“であることを知り、「この文は4つの単語から出来ていたんだ!」と驚きました。

 

まずは冒険しながら言葉を集める。ドラクエの呪文集めのように言葉を覚えていき、それを強めるために教科書があると思っています。

そのあとに、単語や文法を学ぶとより一層理解が深まるので、この勉強法はオススメですよ!

 

最後に

14793907_1218756601495916_178116188_n

↑ニカラグア、中南米サイコー!!

 

-次に習得したい言語はありますか

あります!韓国語とビンディー語を勉強したいです。あとはイタリア語とポルトガル語と…(笑)。

韓国語は、留学中キューバに旅行した時に韓国の人がすごく多くて、みんなの会話を聞きながら呪文集めをするのがとても楽しかったんです!文法も日本語と似ているとのことだし「これいけるんじゃないかな」と思いました。

 

2ヶ国語目を学んだ時よりコツをつかんでいるのか、3ヶ国語目の時の方が習得が早い気がするので、もうこうなったら4ヶ国語も5ヶ国語も変わらないと思ってます!

 

 <編集後記>
コジマさんの尽きることない探究心。お話を聞いていて、誠心誠意ハツラツと全力で答えてくださる姿がとても印象的でした。

次にコジマさんが訪れる国はどこになるのでしょうか?これからの活躍も併せて、益々期待です!

(写真:コジマサトコ 文 前編:前田塁、後編:田倉優子

other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング