writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

韓国には、日本ではまだ許されていないカジノで遊ぶことができるのは知っていますか?韓国のカジノはホテルに併設されていることが多く、知っておきたいルールもあります。

韓国のカジノのルール


photo by pixta

韓国のカジノに行くためには、まずルールを知っておくことが大切です。ここでは韓国のカジノで遊ぶ前に知っておきたいルールを簡単にまとめました。韓国のカジノに行く際は必ず知っておきたいので、頭に入れておくか、メモしておきましょう。

年齢は19歳以上

韓国のカジノは19歳以上が入場可能です。世界的に有名なアメリカのラスベガスや、アジアのカジノシティであるマカオは21歳以上でないと入場できないのですが、韓国では19歳で入ることができるのは珍しいです。

入場の際はパスポートで年齢確認をされるので、カジノに行く際はパスポートの持参は忘れないようにしましょう。

言語は基本的に韓国語または英語

韓国でカジノを楽しむ時の言語は主に韓国語と英語です。どちらかの言語を知っていないと、ディーラーがいる場所でのプレーは難しいかもしれません。しかし、韓国カジノにはスロットなどもあるので、言語に自信がない人でも楽しめるでしょう。

服装はセミカジュアルでOK

特にヨーロッパなどの場所によっては、カジノでもドレスコードがしっかりしていることがあります。しかし、観光のカジノではドレスコードはそこまで厳しいものではありません。しかし、サンダルにジーパンなどのカジュアルすぎたり、ヨレヨレの服装をしていると、入場を拒否されてしまうことがあるので、セミカジュアルにまとめましょう。

一部リゾート地ではカジュアルでも大丈夫なところがあるので、現地で確認した方が良さそうです。

持ち物は必要最低限にしよう


photo by unsplash

カジノでカメラが持ち込み禁止なのは有名ですが、大きな荷物やカバンなども持ち込みが禁止されています。荷物を持っている場合、多くの韓国のカジノで入るときにクロークに案内され、コートやカバンなどを置いておく必要があります。

掛け金は50円〜!

一番安いもので、スロットで掛け金が50円から始まるものもあります。ちょっと経験してみたいなと気軽に考えている人も、スロットならルールも簡単で始められるでしょう。ちなみに、テーブルで行われるゲームは、200〜1,000円がミニマムベットなこともあります。

初めてカジノを行う人でも気軽に挑戦できるのが、韓国カジノのメリットでしょう。

韓国でのチップは気持ちでOK

韓国のカジノでのディーラーへのチップは、必須ではありません。しかし、ゲーム後カジノで渡すチップはお礼の意味を表します。金額はいくらでも大丈夫ですが、基本的に勝った金額の10%〜20%が相場となっているそうなので、勝った時は特に、渡しましょう。

韓国のカジノの主なゲーム


photo by unsplash

続いて、韓国のカジノでできる主なゲームを3つご紹介します。

スロット

ボタンを押すだけで遊ぶことができるゲームです。一度PLAYボタンを押せば自動で止まるので、待つだけ。とても簡単で掛け金も50円から始められるので、初めてカジノに挑戦する人にはぴったりのゲームです。

ブラックジャック

ボードゲームの鉄板です。ルールは簡単ではないので、カジノ初心者の方は、しっかりルールを理解してから挑戦しましょう。コツを掴むと一番勝ちやすいとも言われています。

大小

ディーラーが振るサイコロの目を、大か小かを当てるゲームです。しかし、この中でも様々なルールがあるので、しっかりルールを理解した上で挑戦しましょう。

writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事