ライター
morinohinako Go with the flow.

Writer / Editor. 制作会社で特産品のPRに関わる仕事をしながら、好きなことを見つけては記事にしています。沖縄の離島、九州と東京を行ったり来たり。おいしいもの、美しい自然があるところなら、どこでもかけつけます。旅をすればするほど、愛のある記憶が増えていく。だから私は旅を続けています。

みきづくりで大事な、一つのこと

photo by Hinako Morino
砂川さんが、島のおばあの元に通ってみきづくりを教わる中で、一番大事だよと教わったこと。

「笑顔でつくれね〜、怒ってつくっちゃだめさね」

そのことを教わることになったエピソードがあると言います。

砂川さん

私は毎朝、おばあたちの元に「今日のみきだよ、飲んでみて」と持っていってました。ある日、おばあはひとくち飲むと「ヨーコ、これよ〜、怒りながらつくってたさ」と言うんです。え?そうかな?と思い返してみたら、確かにそのみきをつくっていたとき、子どもがかまってほしいと言うのに「忙しいから!」とキーキー言いながらみきをつくってました。

そして、おばあに言われました。「みきからのメッセージ、みきが島の人に何を伝えようとしているか、わかるか〜。おばあは、葉子が幸せで暮らしていけますようにって願ってるさ。あんたもみんなも、みきを『みんなが幸せになりますように』って祈りながらつくってるさ。300年前から、ずっと。だから、笑顔でつくれね」

それが一番大事なことなんだって、すっと理解できました。レシピでも材料でも道具でもなくて、笑顔でつくること。暮らしの中でのささやかな祈りなのだけれど、怒らないで、笑顔で祈りながらつくらないと、って思いました。

みきを日々の食事にとりいれる

photo by Hinako Morino
こうしてできあがった、手作りのみき。ほどよい酸味で、そのまま飲んでもおいしい。砂川さんは、みきを日常の食事に取り入れるのがおすすめだと言います。その理由は、みきに含まれる乳酸菌。

なんと、1ccに、植物由来の乳酸菌が2億8000万個も入っているという調査結果が出たそう!ヨーグルトをお椀一杯食べるのと、みきスプーン1杯が同じくらいということ。

photo by Hinako Morino
私のお気に入りの食べ方は、少しのヨーグルトに、グラノーラ、そしてみきをかけた「みきボウル」。季節のフルーツがあれば、なおいいですね。

オンラインでの思い出も、島の景色の一部になる

photo by Hinako Morino
旅好きとしては、現地の独特の空気や人との出会いは、何にも取ってかえられない大事な要素。

私はずっと「現地での体験が一番」と思っていましたが、今回オンラインのワークショップをやってみて、そこでの出会いも、私にとっての来間島の風景になっていくのだと感じました。

砂川さんのお話、自分でつくったみきの味、ワークショップ参加者の楽しそうな表情。はじめての景色を現地の人に見せてもらって、一緒に感動する、旅の大事な部分は変わらない。現地の記憶も、オンラインの記憶も、ぜんぶ島の思い出にできるのかもしれません。

でもやっぱり、またいつか島で会いたい……。

複雑な気持ちを抱えながら、「また会えるまで、みなさんが幸せで暮らしていますように」とみきに祈りをのせて。そういう瞬間、きっと私たちはつながっているのだと、みきは教えてくれました。

砂川さんのワークショップ、次回の開催は2021年7月24日Facebookに最新のイベント情報が届きますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

ライター
morinohinako Go with the flow.

Writer / Editor. 制作会社で特産品のPRに関わる仕事をしながら、好きなことを見つけては記事にしています。沖縄の離島、九州と東京を行ったり来たり。おいしいもの、美しい自然があるところなら、どこでもかけつけます。旅をすればするほど、愛のある記憶が増えていく。だから私は旅を続けています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング