その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

一般的に、都市は人口が多くなってゆくごとに市域がどんどん広がり、また都市の内部の道路や街並みは複雑になってゆきます。

膨らんでいった都市は気づけば迷路のような構造になっていて、旅行するのはおろか、生活するのにも大変不便になってしまうということも頻繁に起こっています。

 

今回は、便利なはずの都市が複雑化しすぎて迷路のようになってしまった例を世界から7つ厳選して紹介します。ガイドブックを持っていても役に立たないほど迷ってしまう都市とは、一体どんなところなのでしょうか。

 

ヴェネツィア(イタリア)

5498154852_4b6f56c647_b

Photo by Rodrigo_Soldon

イタリアはもとよりヨーロッパを代表する水の都・ヴェネツィアは、その名の通り街中のいたるところに水路があります。市内を観光する際には水路を渡るために橋を探さなければいけないのですが、市内に400もの橋があるのでどの橋を渡らなければいけないか把握していないとすぐに道に迷ってしまいます。

街自体も小路が多数存在していて行き止まりも多く、観光の難易度は高めだと言えるでしょう。

 

モスクワ(ロシア)

5390097678_edea1b61d2_b

Photo by Cheshire Cattt

ロシアの首都モスクワも、迷路のように入り組んだ都市として有名です。急速な経済発展に伴って国内外から企業が集まり、近代的なビルや高層マンションが多数立ち並び、せわしなく人が行きかっています。モスクワは地下鉄が複雑なことでも知られていますが、環状線が一本走っているので、日本人の感覚としてはまだ分かりやすいと言えるでしょう。

 

上海(中国)

16344281256_3b00063832_b

Photo by christian mange

近年の著しい経済発展によって急速にビルが増加した上海市。中国の大都市特有のごみごみした感じに加えて、無秩序な発展のためにかなり複雑で分かりにくい都市になってしまっています。観光する際には場所だけを捉えるのではなく、道のりまできちんと理解して進まなければいけないでしょう。

 

アルジェ・カスバ地区(アルジェリア)

5571578146_64a4787bac_b

Photo by Magharebia

地中海沿岸のアルジェリアの首都・アルジェは、他の地中海の都市同様、侵攻の危険から市民を守るために、入り組んで迷路のようになった街並みを今日まで維持しています。

その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング