ラオスの魅力
TABIPPO社員
恩田 倫孝 TABIPPO / コミュニティマネジャー

日々酒で踊り続ける、砂漠と氷河を愛する吟遊詩人。旅を通じて「楽しさ」を考えて、多くの人の『楽しさの自給率』を上げることを目論む。食いつくキーワードは、ウェルビーイング、コミュニティ、教育。訪問国数は50。地元は新潟。慶応大学理工学部出身。趣味はホットサンドメーカーでサーモンを焼くこと。

東南アジアと言えば、タイ、ベトナム、カンボジアが日本では人気となってますが、そこに挟まれた未開の国【ラオス】 魅力は、優しい人とゆったりとした空気が流れるこころ安らぐ場所を紹介します。

 

旅の概要

ラオスの魅力!それは、人の優しさとまるで昔へのタイムスリップ

photo by michinori onda

-旅行時期:2013年9月上旬
-旅行日程:3週間
-誰と行ったか:一人旅
-移動手段:バス
-訪れたエリア:ルアンパパーン、バンビエン、ビエンチャン

 

ルアンパパーンでメコン川を眺めてビールを飲む

ルアンパパーンでメコン川を眺めてビールを飲む

photo by michinori onda

ルアンパパーンというのは、ラオス北部にある街全体が世界遺産になっている街です。街の雰囲気はおだやかで、近くにメコン川が雄大に流れています。街中で、ラオスのビール、ビアラオを買って、川を見ながら飲むビールがとても美味しいです。川の近くでサンドイッチを買えるのですが、そのパンが絶品。

 

魅惑の街。バンビエン

ルアンパパーンでメコン川を眺めてビールを飲

photo by michinori onda

ラオス中央部に位置するバンビエン。ルアンパパーンから、バスで7時間から10時間程に存在する小さな街。ここでは、チュービングと言われる浮き輪のようなチューブに乗って川下りが出来ます。川の両側には、沢山のバーが並んでいるので、お酒を飲んで、チュービングをしての繰り返し。お酒の飲み過ぎには、注意!

TABIPPO社員
恩田 倫孝 TABIPPO / コミュニティマネジャー

日々酒で踊り続ける、砂漠と氷河を愛する吟遊詩人。旅を通じて「楽しさ」を考えて、多くの人の『楽しさの自給率』を上げることを目論む。食いつくキーワードは、ウェルビーイング、コミュニティ、教育。訪問国数は50。地元は新潟。慶応大学理工学部出身。趣味はホットサンドメーカーでサーモンを焼くこと。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング