LCCとレガシー
tabippo

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

従来の航空会社(レガシーキャリア、FSCともいう)に加えて、最近ではLCCも旅行の選択肢に入ってきました。レガシーキャリアとLCCは具体的にどこが違うのか、7つの項目で比較をしてみました。

 

チケット予約

チケット予約

photo by shutterstock

レガシーキャリアのチケットは、航空会社のホームページからはもちろんのこと、旅行代理店や電話、チェックインカウンターなど販路がとても広く、しかもいずれも手数料がかからない場合が多いです。

一方LCCは、航空会社のホームページがメインであり、電話やカウンターで予約をしますと300円から2700円程度の手数料が発生します。

 

チケット価格

チケット価格

photo by shutterstock

レガシーキャリアのチケット価格は、早めに買うほどお得に買えて、出発間際になるほど高くなっていきます。一方LCCは、レガシーキャリアよりも概してチケット価格は安いです。

空席率に応じて価格が変動しますので、出発間際でも空席が多くあればお得に購入が可能です。

 

持ち込み荷物

持ち込み荷物

photo by shutterstock

レガシーキャリアのほとんどは、20キロまでの荷物でしたら無料で持ち込みが可能です。一方LCCは、10キロまでとしているところが多く、それ以上の荷物は追加料金を徴収します。

あらかじめ支払うよりも、空港で支払う方が追加料金が高いです。

 

機内サービス

機内サービス

photo by shutterstock

レガシーキャリアであれば、国内線であってもドリンクやブランケット、薬やキャンディーなどを無料で提供してくれます。

tabippo

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事

FOCUSいま注目の特集