その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

料金を安く抑えるために搭乗者数を多めにしていますから仕方ないのでしょう。ただ今後の展開を見て見ますと、料金は安く、一方機内は豪華にという競争原理から座席ピッチは改善されていく傾向にあります。

 

LCCの予約は旅行代理店では扱わない、ネットかE-チケットで

LCCの台頭によって、日本の旅行代理店の手数料収入に依存していた収益構造が大きく崩れています。

LCCの航空券販売の大部分はインターネット予約のみで、さらに航空券発券も紙のものを使わないでEチケット(電子航空券)だけとなっています。

そのため従来の多くの旅行会社は新たな商品企画が要求され、LCCを組み込んだパックツアーなどで、LCCの使用は避けて通れない商品開発となるでしょう。

 

LCCの料金は通常は安いが高い時もあるので要注意

FSAの料金も大きく時期や条件によって異なりますが、急に上がったり下がったりすることはありません。

LLCは常に大きく下がったり上がったりします。事前に予約すれば価格が安くなる場合もあれば、直前になってもっと安くなる場合もあります。

つまり需要と供給の関係で密接に価格に繋がっているわけです。この現象は確認が難しくお客にとっては悩ましい問題です。

さらにFSAでは無料の項目がLCCでは有料です。食事、手荷物、指定席などです。これらを含めて本当に安いかどうか、比較表を自分で作って確認する手順も必要でしょう。

 

まとめ

この他にもLCCの各会社は価格を抑えるために色々な方策を打ち出してくるでしょう。LCCの新規参入が今後益々増加していく傾向にあります。

しかし、LCCの企業としての体質は大部分が脆弱です。

そのため運行効率を上げるため、機体点検を短時間で行って便数を増やすことも行われており、安全が脅かされる危惧が今後増してくることになります。

LCCを使う場合は、従来のFSAとは根本的に異なるルールを持った航空会社であることを肝に銘じて選択しなければなりません。

 

その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング