ライター
キタ トモミ TABIPPO編集部 / 愛犬家

*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡し、3ヶ国目のフランスでは列車で爆睡して待ち合わせに2時間遅刻してしまうほど大雑把で大胆な一面も。憧れの旅人はスナフキンで、将来は気の向くままに世界を放浪しながら仕事をして、自分の旅本を出すのが夢。

レバノンに旅行に行ったら、何をしたいですか?

絶景を見る旅もいいし、現地の美味しいグルメも堪能したい。本記事ではPAS-POLの書籍「この世界で死ぬまでにしたいこと2000」に掲載されている、レバノンでしたいことをまとめました!

読んだあとは、きっとレバノンに行きたくなっているはず。

 

レバノンのグルメを味わう

photo by Vlastimil Kuzel/Shutterstock.com

*ナスのペーストババガヌーシュ

ナスがこんなにおしゃれに美味しくなるなんて!レバノンの郷土料理をパンにつけて食べてみたい。ババガヌーシュはbabaがアラビア語で「父」という意味でもあることから、とある女性が「歯のない父でも食べやすいように」と考案したのではという逸話もある。

 

レバノンで自然を満喫

photo by Eva Mont/Shutterstock.com

地下に落ちる奇跡の滝「バータラ峡谷」そのダンジョン感にワクワクする

世界中の絶景ハンターが訪れるスポット。水のない季節に行くと、地下255mまで続く縦穴洞窟。その穴は、なんと約2億年前のジュラ紀の石灰岩層まで達していると言われている。ところが雪解けの春になると…。3つの天然の岩橋の中を落下する美しい滝がその姿を現す。

地表から、落とし穴のような洞窟に垂直に落ちていく神秘の滝。上からのぞき込むのはもちろん、洞窟の中に降りて岩橋から見上げたり、その奇跡のような空間はRPGのダンジョンのようで、どこからか壮大なBGMが聞こえてきそうな錯覚に陥る。

photo by ①Richard Yoshida/Shutterstock.com ②Ava Kabouchy/Shutterstock.com ③みっちー / PIXTA

①紙幣に描かれた鳩の岩

国民的な人気を誇る観光スポット?現地の人と仲良くなって、海に立つ奇岩に連れて行ってもらう。

②バールベックの巨石

世界最大。「運搬不可能」と言われる驚異のオーパーツがここに。2,000tもの重さの巨石に圧倒される。

③神の森カディーシャ渓谷

国旗に描かれたレバノン杉の里。神々しい杉が生い茂る断崖絶壁の絶景を写真に収めたい。

 

レバノンの夜を観光する

photo by JM Travel Photography/Shutterstock.com

モハメッド・アル・アミン・モスク

ラピスラズリの屋根が美しい、ランドマーク的なモスク。青白く輝く幻想的なライトアップを見たい。

ライター
キタ トモミ TABIPPO編集部 / 愛犬家

*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡し、3ヶ国目のフランスでは列車で爆睡して待ち合わせに2時間遅刻してしまうほど大雑把で大胆な一面も。憧れの旅人はスナフキンで、将来は気の向くままに世界を放浪しながら仕事をして、自分の旅本を出すのが夢。

RELATED

関連記事

EVENT

イベント一覧