TABIPPO社員
平野 嵐 TABIPPO / コミュニティマネジャー

20歳のときにTABIPPOのイベントに感化されて、世界一周を決意。その後大学を1年間休学して世界一周の旅へ。大学卒業後は商社で営業をしていたが合わず、旅人採用の立ち上げメンバーとしてTABIPPOに出戻り。現在は学生支部のコミュニティマネージャーを務め、1年の半分は地方や海外を旅するように暮らしている。

こんにちは!TABIPPOで最も沖縄を愛する男、アラシです。

どれぐらい沖縄が好きかというと、ここ2年間で16回も行ったほど!多いときは月に2回いくこともあります(行き過ぎ)。ソーキそばを食べて「BLUE SEAL」のアイスクリームを食べてオリオンビールを飲んで…と、沖縄に行ったら食べて飲んでばっかりしています。

食にいっぱいお金を使う分、航空券はLCCのセールで購入して、宿泊はホステルのドミトリーを予約するという節約旅なんですが、今回はちょっとリッチに「レクー北谷沖縄スパ&リゾート」に宿泊してきました!

有名観光地のアメリカンビレッジ内に開業


レクー北谷沖縄スパ&リゾートがあるのは、那覇空港から車で40分程の中部エリアにある美浜アメリカンビレッジ内。沖縄でも有名な観光地で、観光客はもちろん地元の方々も老若男女問わず遊びに来るスポットです。

飲食店やおみやげ屋さん等、200以上のお店があって欲しいものが何でも揃っちゃうのが美浜アメリカンビレッジのすごいところ。アミューズメント施設やおしゃれなカフェはもちろん、ビーチや温泉も徒歩圏内にあるので1日中たっぷり楽しめますよ。

僕は沖縄旅行の度に必ずここに遊びに来て、カフェでゆっくりしたりお土産を買ったりただ海辺に座ってぼーっとしたりして過ごします。


アメリカンビレッジのいたるところにはウォールアートがたくさんあります。友達や恋人と写真を撮って、思わずSNSにアップしたくなるかわいさですよね。

この車のウォールアートは中でも一番有名なスポットらしく、たくさんの若者がここで撮影をしていました。足場や手すりがついていて、本物の車に乗っているような写真が撮れちゃうのが面白い!

他にもインスタ映えするポイントはたくさんあるので、ぜひアメリカンビレッジ内を散策して探してみてください。


2020年春にアメリカンビレッジ内にオープンした新エリア「デポセントラル」に、レクー北谷沖縄スパ&リゾートは誕生しました。これから夏にかけて、たくさんのお店が新オープンするみたいですよ!

「レクー」という名前は、気取りすぎず、でも非日常を感じながら、大切な人と笑顔で過ごすひとときをお届けしたいと いう思いを込めて、“Lead to Quality Time(充実した時間にいざなう)”から名付けられたそうです。おしゃれすぎる。

館内でも十分に沖縄を感じられる安らぎ空間


ホテルはアメリカンビレッジの特徴であるカラフルな外観を保ちつつ、沖縄のモダン風建築とヨーロッパ風建築を融合させたデザインで高級感たっぷり。

ロビーの壁には琉球石灰岩や琉球瓦など、沖縄ならではの建築材料が使用されています。せっかく沖縄に来たならホテルの中にいるときもその雰囲気を感じたいって思いませんか?このロビーはそんなわがままを満たしてくれる空間でした。


ロビーの奥には、沖縄の陶芸作家さんたちの作品が並べられています。旅行でなかなかこういった伝統文化に触れる機会はないので、こういう宿泊先で気軽に鑑賞できるのっていいですよね。

その隣には「ワクワクするホテル」というコンセプトに基づいて設置されたカーリングゲームが。お母さんがフロントでチェックインの手続きをしている間、お父さんとお子さんがこれで遊んでいて和みました。

僕も子供心をくすぐられて(一人で)遊んでみたんですが、思った以上にむずかしくて危うく小一時間カーリングに熱中しちゃうところでした。危険。


僕が宿泊したのはスーペリアルーム。こちらのホテルは全ての部屋にバルコニーが設置してあるみたいです。空気清浄機も完備されていてとっても快適。全館Wi-Fiが無料で速度も全く問題なく、お部屋でのデスクワークはめちゃくちゃはかどりました。

この部屋には最大4名まで宿泊が可能で、その場合は1泊20,800円/室 から泊まれちゃいます。しかもなんと、18歳以下のお子様は添い寝は無料!家族連れでもコスパよく泊まれてパパママ大喜び間違いなしですね。

目玉はなんといっても最上階にあるスパ


このホテルの見どころは、なんといってもスパ!最上階には北谷の街や海を一望できるインフィニティプールがあります。海を見ながらプールで泳ぐなんて贅沢すぎやろ…。

ソファベッドタイプの休憩スペース(ガゼボって言うらしい)もあって、あたたかい日に寝転んだら一瞬で寝落ちしてしまいそう。


プールから高さ3mの位置にあるスタンディングジャグジーがあったりして、まるでセレブかのようなラグジュアリー感を体感できる場所でした。晴れた日には真っ青な水平線が広がっていて、沖縄の本気を全身で体感できます。楽園、見つけちゃった。


夕暮れ時には美しい夕陽が見れて、日が暮れた後はライトアップされたプールとともに夜景を見ることができます。早起きできれば、山から昇る朝日も。

どの時間帯に来ても楽しめるので、僕は自分の部屋にいるよりここにいるほうが圧倒的に長かった気がします。本を読んだり、好きな音楽を聞いたり、写真を撮ったり。海風に当たりながら自由で特別な時間を満喫できます。

■詳細情報
・営業期間:3月20日〜10月31日
・営業時間:8:00〜20:00
(7月1日〜9月30日は22:00まで営業)
・料金:大人2,000円 / 小人(6〜12歳)1,000円 5歳以下無料
※宿泊者のみ利用可能


隣接するカフェ&バーでは泡盛を使ったオリジナルカクテルやノンアルコールのフルーツドリンクを購入して、プールサイドで飲むことができます。

色んな種類のドリンクがあるので大人も子どもも楽しめます。フルーツドリンクはとにかく可愛くて飲むのがもったいないぐらい。

■詳細情報
・営業時間:9:00〜23:00(ラストオーダー 22:30)
※11月1日〜3月19日は14:00〜23:00(ラストオーダー 22:30)
・料金:オリジナルカクテル
美らフルーツ泡盛 600円、Lequコーヒー泡盛 600円
オリジナルフルーツドリンク
美らマンゴー 700円、ソルティーパインスパークリング 600円、など
※通年営業、宿泊者のみ利用可能

同じフロアには地下1,400mから汲み上げた、沖縄本島では珍しい天然温泉の大浴場もあります。沖縄って温泉のイメージが全然なかったからこそ、いい意味で裏切られました。朝風呂も最高だったな〜。

他にもハワイアンリラクゼーションサロン「SPA SOLANI OKINAWA CHATAN(スパソラニ沖縄北谷)」によるアルガンオイルを使用したスパなどのコースもあって、旅の疲れを癒やすには最高の設備が整っています。

TABIPPO社員
平野 嵐 TABIPPO / コミュニティマネジャー

20歳のときにTABIPPOのイベントに感化されて、世界一周を決意。その後大学を1年間休学して世界一周の旅へ。大学卒業後は商社で営業をしていたが合わず、旅人採用の立ち上げメンバーとしてTABIPPOに出戻り。現在は学生支部のコミュニティマネージャーを務め、1年の半分は地方や海外を旅するように暮らしている。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング