ライター
ゆんたく フリーライター

日本とアジアを旅したあと、沖縄に移住。現在は、台湾在住です。アジアの路地裏から日本の離島の自然まで、好きなものを求めて旅しています。

2.カツェ・ダム(Katse dam)

標高2,000mを超える高い場所にある「カツェ・ダム(Katse Dam)」。アフリカ大陸で2番目に大きいこのダムは、レソトだけではなく南アフリカ共和国にも水を供給しているほか、近年はマスの養殖がさかんに行われ、世界中に輸出されているのだそう。湖のように美しい姿のダムです。

■詳細情報
・名称:カツェ・ダム
・住所:Katse Dam, 999, Bokong, Lesotho
・アクセス:首都マセルから車で4時間~4時間半
・公式サイトURL:http://thegate.boardingarea.com/katse-dam-in-lesotho/

3.センチネルピーク(Sentinel Peak)

レソト国内を南北に貫く「ドラケンスバーグ山脈(Drakensberg)」に属する「センチネルピーク(Sentinel Peak)」。登山コースとして人気で、岩山や丘に囲まれた独特の景観が見応えあるスポット。

■詳細情報
・名称:センチネルピーク
・住所:Sentinel Peak,Lesotho
・アクセス:首都マセルから車で4 時間
・公式サイトURL:http://www.drakensberg-tourist-map.com/sentinel-peak.html

4.マレツニャーネ渓谷(Maletsunyane River valley)

「マレツニャーネ渓谷(Maletsunyane River valley)」は、山や渓流、渓谷が作り出す広大な自然に出会えるスポット。現地では、ポニーに乗りながら平原や渓谷をトレッキングできるツアーがあるので、ぜひ参加してみてください。

■詳細情報
・名称:マレツニャーネ渓谷
・住所:Maletsunyane River valley,Lesotho
・アクセス:首都マセルから車で約2時間、その後は徒歩
・公式サイトURL:https://www.asa-africa.com/s%C3%BCdliches-afrika/lesotho/rundreise-maseru-maletsunyane/

5.マレツニャーネの滝(The Maletsunyane Falls)

「マレツニャーネ渓谷」のトレッキングコースの定番スポット「マレツニャネの滝(The Maletsunyane Falls)」は、アフリカ大陸最高の192mの落差を持つ滝です。険しい岩が続く雄大な風景に囲まれた、見ごたえのある滝です。

ロープ1本で懸垂下降をして降りるアクティビティも用意されているので、興味がある人はぜひ!

■詳細情報
・名称:マレツニャネの滝
・住所:Off road north of Semonkong, Semonkong 120, Lesotho
・アクセス:首都マセルから車で約2時間、その後は徒歩
・公式サイトURL:https://www.britannica.com/place/Maletsunyane-Falls

6.Liphofung Caves

約2400年前に石炭などの当時の画材で、ブッシュマンが描いた壁画。壁画があるのは2ヶ所のみですが、現地のガイドさんの説明を聞きながら見学できます。マレツニャーネ渓谷や マレツニャーネ滝のコース途中にあるので、立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

■詳細情報
・名称:Liphofung Caves
・住所:Leribe, Lesotho
・アクセス:首都マセルから車で約2時間40分
・料金:40ランド
・公式サイトURL:http://www.travellesotho.com/destinations/liphofung-caves/

7.Morija Museum

レソトの歴史、特に自然史について知ることができる「Morija Museum」。恐竜の足跡がある岩場や動物たちの剥製、昔から現地で使われてきた道具、伝統的な家屋などを展示しています。敷地内にあるカフェのピザがおいしいことでも知られているので、ぜひ味わってみてください。

■詳細情報
・名称:Morija Museum
・住所:Church Street, Morija 190, Lesotho
・アクセス:首都マセルから車で約40分
・電話番号:+266 2236 0308
・公式サイトURL:http://www.morija.co.ls/

8.タバ・ボシウ(Thaba-Bosiu National Monument)

「タバ・ボシウ(Thaba Bosiu)」は、レソト語で「夜の山」という意味があります。ヨーロッパからの侵攻が激しかった当時、要塞としての役目を持っていたという小高い山。頂上には、モシェシェ1世の墓や住居などが残っています。この場所は、レソトの人々にとっては聖地なのだそうです。

■詳細情報
・名称:タバ・ボシウ
・住所:Thaba-Bosiu , Lesotho
・アクセス:首都マセルから車で約30分
・公式サイトURL:http://whc.unesco.org/en/tentativelists/5392/

9.ツェハランヤネ国立公園(Ts’ehlanyane National Park)

レソトの北部にある「ツェハランヤネ国立公園(Ts’ehlanyane National Park)」は、5,600ヘクタールもの広さを持つ国立自然公園。レソトを代表する絶景スポットとしても知られており、セグロジャッカルやカラカルなど、希少な野生動物が生息する場所としても有名。ロッジなどに宿泊しながら過ごすのがおすすめです。

■詳細情報
・名称:ツェハランヤネ国立公園
・住所:maloti mountains leribe, lesotho
・公式サイトURL:http://www.travellesotho.com/destinations/tsehlanyane-national-park/#.Wcs4TchJZqM

10.コメ洞窟(Kome Caves)

レソト北西部に位置する「コメ洞窟(Kome Caves)」。19世紀に作られた住居で、現在も実際に使用されています。牛の糞と粘土でできたという洞窟は、曲線が美しくてやわらかい印象が残ります。歴史的にも貴重な資料としてレソトの国家遺産としても認定されています。

■詳細情報
・名称:コメ洞窟
・住所:Unnamed Road, Lesotho
・アクセス:首都マセルから車で約1時間

 

絶景を見に出かけよう

南アフリカの絶景スポットが集まる「レソト」についてご紹介しました。アフリカと聞いて思い浮かべるイメージとは少し異なる、雄大な岩山が続く渓谷、滝など見ごたえある自然にあふれた場所ですよね。機会があったらぜひ訪れてみてください。

ライター
ゆんたく フリーライター

日本とアジアを旅したあと、沖縄に移住。現在は、台湾在住です。アジアの路地裏から日本の離島の自然まで、好きなものを求めて旅しています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング