レソト マレアレア ポニートレッキング

天空の国「レソト王国」で楽しむ絶景ポニートレッキングは初心者OK&コスパ抜群

レソト マレアレア ポニートレッキング
Pocket はてブ

南アフリカ国の小さな隣国レソト。平地がほとんど無いため、丘や谷、様々な角度から景色を楽しめる「ポニートレッキングツアー」は、レソト旅行で人気のアクティビティです。

ポニーに乗って眺める広大な渓谷、素朴な村、数千年前の先人が残した壁画。地平線を見ながらポニーを走らせていると、まるで自分もこの土地に住む遊牧民になったかのような気分になるでしょう。

今回はレソトに行くなら一度は体験してほしい、景色良し、コスパも良し◎なポニートレッキングツアーについてご紹介します。

 

九州より小さな「天空の国」レソト

レソト マレアレア 観光

マレアレア村 photo by SHIHO

アフリカ大陸にあり、九州よりも小さな「レソト王国」は、標高が高い場所に位置するため「天空の国」「アフリカのスイス」などと称されます。この国の一番の魅力は、何と言ってもその大自然。国全土が、世界遺産にも登録されてる「ドラケンスバーグ山脈」という山脈の中にあります。

レソトは南アフリカ共和国に囲まれた、内陸国。ポニートレッキングツアーに参加するには、レソト西部に位置する「マレアレア村」を目指します。

当時、南アフリカを旅していた私は、南アフリカ側の「ブルームフォンテイン」から、バスで「ウェペナー」という国境の町経由で行きましたが、レソトの首都「マセル」からでもアクセス可能です。

レソト マレアレア 観光

村の商店 photo by SHIHO

マレアレア村は非常に田舎で、ホテルが一軒、商店が一軒、民家が数軒あるだけで、あとは畑しかありません。ポニートレッキングツアーは、村唯一のホテルからスタートします。

 

ポニートレッキングスタート!地平線まで続く穏やかな田園風景

レソト マレアレア ポニートレッキング

photo by SHIHO

今回は南アフリカから来たグループと一緒に、ツアーに参加しました。ツアーの注意点やポニーの歩かせ方など、簡単な説明の後にいよいよトレッキングスタートです!

レソト マレアレア ポニートレッキング

photo by SHIHO

ホテルを出た瞬間から、地平線まで続く田園風景が広がります。丘の斜面に作られたなだらかな段々畑は少しずつ色が違っていて、まるでパッチワークのようです!

レソト マレアレア ポニートレッキング

photo by SHIHO

私が訪れたのは9月。レソトではまだ冬が終わるくらいだったため、あまり緑は多くありませんでしたが、それでも眼下に広がるパノラマの景色に感動しました。

レソト マレアレア ポニートレッキング

photo by SHIHO

道中、現地の人が羊を放牧させている風景も見ることができました。元々レソトでは織物業が盛んでしたが、現在は羊毛のほとんどを隣国の南アフリカに輸出しているため、国内での織物業はほとんど行われていないそうです。

レソトの田舎の方では、膝まで隠れる大きなブランケットを羽織っている現地の人をよく見かけるのですが、それは昔から寒い土地で遊牧民として生きてきたこの国の人々のスタイル。

しかし、今ではこのブランケットのほとんどが、国外で作られているとのことでした。

 

世界最古の人類「サン族」の壁画

レソト ポニートレッキング サン族の壁画

photo by SHIHO

途中、ポニーを降りて崖の下にあるサン族の壁画を見に行きます。

レソト マレアレア ポニートレッキング

photo by SHIHO

崖の下の岩陰では、子供達が歌を歌っていました。ここに来る観光客からチップをもらうために歌っているそう。歌声が岩に反響し、なかなかいい音色だったので、少しばかりチップを入れて先に進みました。

レソト マレアレア ポニートレッキング

photo by SHIHO

手すりも何も無い、一歩間違えれば崖下に真っ逆さま!スリル満点のトレッキングコースです。

レソト ポニートレッキング サン族の壁画

photo by SHIHO

サン族の壁画は柵で守られているわけでもなく、簡単に触れられる位置に突如出現します。ガイドさんがいなければ見落としてしまうかもしれません。

サン族とは、アフリカ南部のカラハリ砂漠に住む狩猟採集民族で「ブッシュマン」とも呼ばれます。その数は少ないながらも、現在も砂漠地帯やサバンナで生活を営んでいます。はっきりとした起源は定かではありませんが、歴史的価値のある数多くの岩絵から「世界最古の人類」ではないかとも言われています。

 

この場所だけはでなく、ドラケンスバーグ山脈にはサン族が残した岩絵が数多く残されていて、中には世界遺産に登録されているものもあります。

レソト ポニートレッキング サン族の壁画

photo by SHIHO

人の形をした絵が多く、まるで踊っているような様々な動きが描かれていました。狩りをしている場面だけではなく、狩りを教えている絵もあり、他にも当時の生活の様子などが描かれているそうです。

レソト ポニートレッキング サン族の壁画

photo by SHIHO

ここで見られる壁画は紀元前4世紀、大体2,000年前くらいに描かれたとのこと。2,000年前と言うと日本は弥生時代。そんな昔の人が描いたものが残されていて、今この目の前にあると思うと、非常にロマンを感じます。

 

三角屋根がかわいい!石造りの伝統住居

レソト マレアレア ポニートレッキング

photo by SHIHO

再びポニーに乗り、次の目的地へ向かう途中に一つの集落を通りました。

レソト マレアレア ポニートレッキング

photo by SHIHO

ここでは、赤茶けた石造りの壁に、三角の茅葺き屋根の伝統的な住居を見ることができます。

現在も人が住んでいて、ここでホームステイできるツアープランもあります。小さい集落ながらも、周辺では子供達も沢山遊んでいたので、ホームステイも絶対楽しいでしょうね!

レソト マレアレア ポニートレッキング

photo by SHIHO

時々、牛に草を食べさせている子供にも出会います。

 

夏だと泳げる!「ボツェラ滝(Botsoela waterfall)」

レソト マレアレア ポニートレッキング

photo by SHIHO

最後に向かったのは「ボツェラ滝」。滝と言っても私が行ったのが乾季だったせいか、水量はほとんどありませんでした。「せっかくだから」と泳ごうとした人もいましましたが、まだ冬の時期だったため、水が冷たすぎて一瞬で出てきていました。

水はきれいだったので、暑い時期は水着を持って行っておくといいかもしれませんね。

レソト マレアレア ポニートレッキング

photo by SHIHO

帰路は、来た道とは違う道を通って帰ります。頭の高さまである、木や草が茂った道もありました。ポニーに乗ったまま、草木を掻き分けながら進むのが新鮮で「なかなかこんなこと無いなぁ」と楽しかったです。

レソト マレアレア ポニートレッキング

photo by SHIHO

羊の群れは私たちに全く興味がないようで、逃げようとすらせずに夢中で草を食べていました。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

旅と猫をこよなく愛し、訪問国は70ヶ国以上。猫が多い町では観光せずに猫を追いかけ回しがち。未承認国家や小国、奇祭や廃墟などマニアックな場所を好むため、写真映えする女子旅にやや憧れを抱いている。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

アクティビティ

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品