英語で手紙を書く時に使えるフレーズ28選

Pocket はてブ

海外旅行中に知り合った人たちや、現地でお世話になった人などに英語で手紙を出したい時、皆さんはどうしますか?英語で手紙を送りたいけど、日本語と英語の手紙とでは勝手が異なるため、いざ書き出そうとすると悩むことも多いはず。

ですが、気持ちの込もった手紙ほど相手にとって嬉しいことはありません。今回は、誰かに手紙で気持ちを伝えたいあなたに、手紙で使えるオススメの英語フレーズ28選をご紹介いたします。

*編集部追記
2016年12月に公開した記事に新たに5選加筆しました。(2017/09/23)
2017年09月に公開した記事に新たに5選加筆しました。(2017/09/23)
2017年09月に公開した記事に新たに5選加筆しました。(2018/09/26)

 

英語で手紙を書く際のアドバイス

私は過去に英語で手紙のやり取りをしたことがあります。英語の手紙で大切なポイントはシンプルに書くこと!これに尽きます。あまりに複雑な表現ですと誤解を招く場合があるからです。

そして、ポストカードでも便箋でも何でもいいですから、手紙にはお金をかけましょう。美しい手紙を見るだけで、自然と想いは伝わるものです。

 

英語で手紙を書く時のフォーマット

手紙を書き途中の万年筆

英語で手紙を書く時は日本語で手紙を書く時と少し異なったルールがあります。まずはこのルールに乗っ取り、順番に書いていきましょう。

 

1. 日付

英語で手紙を書く時には、書いた日を右上に記載します。

このとき、「December 1,2018(アメリカ)」または「1 December, 2018(イギリス)」と記載しますが、自分がいつも使っている英語に合わせるのが良いでしょう。

 

2. 相手への呼びかけ

基本的には「Dear.」をつけましょう。親しい相手であればそのまま名前を書けば大丈夫ですが、あまり親しくない相手や年上の相手などは、さらに名前の前に「Mr.」「Ms.」をつけましょう。

 

3. 本文

日本語のような少し硬い出だしで始める必要はありません。「How have you been?(最近どうでしたか?)」などの気軽な一言から、率直に本題に入りましょう。この後フレーズをご紹介しますので「あいさつの英語フレーズ」から一つ選びましょう。

 

4. 結び

本文の最後には必ず結びの一句を入れましょう。「Sincerely,」や「Best regards,」はビジネスで取引先の相手にも使われることがあります。「Yours truly,」「Best wishes」などもよく使われます。

 

5. 自分の名前

最後に自分の名前を結びの下に書きましょう。PCでメッセージを入れても、自分の名前だけは手書きがいいこともあります。

 

英語で手紙を書く時のあいさつ

shutterstock_459573091

Hope all is well with you.
お変わりなくお過ごしのことと思います。

How have you been? Did you have a nice holiday?
いかがお過ごしでしたか?楽しい休日を過ごされましたか?

How is the weather there? It’s been very cold here in Hokkaido.
そちらの気候はいかがですか?こちら北海道は、最近とても寒いです。

Hope you are doing well.
お元気でお過ごしのことと思います。

Time flies. It’s already new year!
光陰矢の如し。もう新年になりますね。

 

英語でお礼を伝える文章

shutterstock_432246319

I wanted to say thank you for your kindness.
親切にしていただき、お礼を申し上げます。

Thank you for your hospitality during my stay.
滞在中は親切にしていただき、ありがとうございました。

It is certainly the best memory of the trip.
それは、この旅行での最高の思い出です。

I couldn’t forget to have dinner with you.
あなたと夕食を取ったことが忘れられません。

I would not have been able to experience it without your help.
あなたの助けがなければ、それを経験することはできなかったでしょう。

Thank you very much for your help.
助けていただきありがとうございました。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していま…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

英語・語学の悩みを解決する

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品