ライター
中山 陽南子 1年の交換留学を経験

夢は「アフリカに笑顔のきっかけを作ること」そのためにフランス・リヨンに1年の交換留学を経験。 夢を叶えたい、世界中を旅したい、大好きなファッションの仕事も続けたい。そんなわけで「やりたいことはぜんぶやる‼︎」をテーマに日々奮闘中です。 

身軽に旅したいと思っているのに、気がついたらバックパックが四次元ポケットになっちゃうのが女の子。

そんなドラえもん女子へのオススメはフランス流のchicな暮らしです!筆者が実証済みの、確実に旅の荷物を減らせる方法をご紹介します!

 

最高にお気に入りの服だけを持つ

1年を通してデニムを愛用し、気候に合わせてTシャツやニットを合わせるのがフランス人の基本スタイル。あとはパーティー用のドレスと、冬のコートがあればクローゼットは出来上がり。

日本人のようにトレンドを追いかけたり、あれもこれもと着飾ることはありません。1週間に同じ服を何度も着ます。

shutterstock_336550094

photo by shutterstock

私もフランス人にならって、トレンドに左右されない(ここがポイント)、最高に気に入った服だけを残してみました。シンプルな洋服はどんな組み合わせでも合うので、日々のコーディネートに悩むことがなくなったのはもちろん、旅の荷物が圧倒的に減りました。

 

ナチュラルなメイク

shutterstock_332909624

photo by shutterstock

フランス人のメイクは目元とリップで出来上がり。10分以内で支度のできる人がほとんどです。メイクに時間をかけないということは、そもそも使う化粧品が少ないということ。フランス人は保湿クリーム1本で全身を済ませます。

彫りの深い顔立ちが羨ましい限りですが、ナチュラルメイクを心がけると荷物は確実に減ります。

ライター
中山 陽南子 1年の交換留学を経験

夢は「アフリカに笑顔のきっかけを作ること」そのためにフランス・リヨンに1年の交換留学を経験。 夢を叶えたい、世界中を旅したい、大好きなファッションの仕事も続けたい。そんなわけで「やりたいことはぜんぶやる‼︎」をテーマに日々奮闘中です。 

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング