リマの観光スポット20選

Pocket はてブ

皆さんは、ペルーの首都・リマに訪れたことがありますか?ペルーの中心地として栄えるリマは、近代的な街でありながら、今なお多くの歴史的建造物や古代遺跡などが残っており、非常に魅力溢れる場所です。

今回はそんなリマの基本情報と、旅行で行った際に訪れるべきおすすめ観光スポット20選を合わせてご紹介していきます。

編集部追記
*2018年2月に公開された記事に追記しました。(2018/09/06)
*2018年2月に公開された記事にROROが訪れたスポットを追加しました(2019/01/21)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

リマの概要

リマの観光名所

photo by shutterstock

リマはペルーの首都で、太平洋に面した乾燥地帯に位置しています。ペルーの政治、文化、金融、商業、工業の中心地であり、人口は約800万人で同共和国最大です。

 

成田からのアクセス

リマへの旅行前

photo by shutterstock

残念ながら成田からリマへの直行便はなく、デルタ航空、アメリカン航空、ユナイテッド航空などアメリカ系航空会社を利用して乗り換えて行くのがおすすめです。まずは成田からアメリカの都市に飛び、そこから直接リマへと向かいましょう。

例えばデルタ航空でリマへ行く場合、まずは12時間ほどかけてアトランタへ、そこからリマへは6時間30分ほどのフライトで到着します。アメリカ経由で行く場合、ESTAが必要になるので、事前申請を忘れないように注意が必要です。

続いて観光スポットをご紹介します。

 

ロス・デスカルソス修道院

リマのロス・デスカルソス修道院

photo by pixta

ロス・デスカルソス修道院は、修道士たちの様々な生活施設を見ることができる場所です。院内には図書館、芸術品、美術品なども数多く保管されており、なんと長崎で処刑されたカトリック信徒を描いた絵画も見ることができます。

■詳細情報
・名称:ロス・デスカルソス修道院
・住所:Alameda de los Descalzos, Rímac 15093 ペルー

 

ラス・ナサレス教会

スペインの植民地時代、パチャカミージャ地区と呼ばれていたエリアにあるラス・ナサレス教会。ここにあるキリストの受難像は、数ある宗教画のなかでも特に敬意を抱かれているもので、この絵を一目見るためにここを訪れる人も多いといいます。

■詳細情報
・名称:ラス・ナサレス教会
・住所:cnr Tacna & Huancavelica Lima
・公式サイトURL:http://www.arzobispadodelima.org/senior-de-los-milagros/2010/09/17/especial-el-senor-de-los-milagroshistoria/

 

トーレ・タグレ宮殿

トーレ・タグレ宮殿は、南米の中でも際立ったコロニアル建築の一つです。ペルー独立運動の英雄サン・マルティン将軍がトーレ・タグレ公爵のために建てたもので、現在は外務省として使用されています。

■詳細情報
・名称:トーレ・タグレ宮殿
・住所:Jirón Ucayali 363, Distrito de Lima Lima 1 ペルー

 

アリアガの家

こちらは、スペインの植民地時代に作られた大邸宅で、美術的価値が非常に高く、ペルーの歴史文化遺産にも指定されています。家の中には、1540年に建てられた家族専用の礼拝堂があり、これはリマで最も古いものだそうです。

■詳細情報
・名称:アリアガの家
・住所:Lima, ペルー

 

サン・ペドロ教会

リマのサンペドロ教会の内観

photo by pixta

サン・ペドロ教会は、もともとは1534年建てられましたが、大地震の影響で崩れてしまい再建されました。現在の建物は17世紀頃のものとなります。天井ドームはローマのサン・ピエトロ寺院をまねたもので、窓から光が差し込むと金色に反射し、とても美しく輝いています。

■詳細情報
・名称:サン・ペドロ教会
・住所:Jiron Azangaro, cuadra 4, Lima, Peru

 

城壁公園

ここは、17世紀後半、海賊や私掠船による略奪者から都市を守るために作られた城壁を利用した公園です。現在は市民の憩いのばとして機能しており、おしゃれなレストランなどもあるので休憩がてら訪れてみてはいかがでしょう?

■詳細情報
・名称:城壁公園
・住所:Jirón Amazonas, Distrito de Lima 15001 ペルー

 

アチョの闘牛場博物館

日本ではあまり知られていませんが、ペルーはラテンアメリカ有数の闘牛王国です。こちらのアチョの闘牛場博物館では、昔の闘牛風景の写真や、かつては闘牛として活躍した黒々とした毛並みの牡牛が飾られており、非常に興味深くおすすめです。

■詳細情報
・名称:アチョの闘牛場博物館
・住所:Jr. Hualgayoc 332, RIMAC
・公式サイトURL:http://www.visitalima.pe/index.php/museos/museo-taurino-plaza-de-toros-acho

 

リマ市役所

旧市街の中心・マヨール広場にあるリマ市役所は、明るいイエローの外観が目立つ建物で、観光スポットとしても人気です。黄色は「リマの色」とも言われているそうで、周囲の風景とも調和した、美しい景観が楽しめます。

■詳細情報
・名称:リマ市役所
・住所:Jr. Junin and Jr. Carabaya, Lima, ペルー

 

アルマス広場

アルマス広場

photo by Shutterstock

リマの旧市街に位置し、マヨール広場とも呼ばれるアルマス広場。世界遺産「リマ歴史地区」の中心であり、周囲にはスペイン植民地時代の歴史的建造物が数多く並びます。

広場にある花壇は綺麗に整備されており、中央にはブロンズでできた噴水が。リマ観光の基点になる場所なので、疲れたらアルマス広場に戻って一息つくのがオススメです。

■詳細情報
・名称:アルマス広場
・住所:Cercado de Lima 15001
・アクセス:Desamparados駅から徒歩2分

 

大統領府

アルマス広場に面したピサロの家とも呼ばれる大統領府は、その名が付いた通りスペインからやってきたコンキスタドールのフランシスコ・ピサロが自分の住居としていた場所です。内部も見学することができ、豪華に装飾されたラウンジや玄関ホールはとても美しく印象的です。

■詳細情報
・名称:大統領府
・住所:Jirón de la Unión s/n, Distrito de Lima
1 2
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して5年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

ペルーのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品