ライター
KAWAHATA KANA ワーホリック女子

英語力ゼロからのフィリピン留学。そのまま運と勢いに任せてオーストラリア、カナダ、イギリスの3カ国でワーホリ生活を経験。気づけば海外生活は5年、渡航国数30ヵ国以上。ヨーロッパの魅力にどハマりしたワーキングホリデーホリック、略してワーホリック女子です。 海がすき!旅行が好き!食べるのもお洒落も欠かせない!という欲張りアラサー。 トラベルライターとしてSNSなどを活用して、心ときめくおすすめスポットを紹介しています。

(7)フォートナム&メイソン(Fortnum&Mason Food Mall)


ロンドンを代表する紅茶屋さん、フォートナム&メイソン。


クリスマスシーズンには定番の紅茶やクッキー、チョコレートなどさまざまなクリスマス仕様の商品が販売されますが、商品だけでなく、お店の外装にも注目が集まります。


欧米ではこの時期、アドベントカレンダーと呼ばれる、12月1日から12月24日までをカウントする特別なカレンダーが定着しており、ここ、ピカデリーサーカスに位置する本店では、毎年アドベントカレンダーの装飾が施されます。道ゆく人が思わず足を止めてしまう、クリスマスシーズンの訪れを感じる愛らしい姿は必見です。

■詳細情報
・名称:Fortnum & Mason Food Mall
・住所:181 Piccadilly, St. James’s, London W1A 1ER
・地図:
・アクセス:ピカデリーサーカス駅より徒歩約5分
・電話番号:+442077348040
・料金:無料
・所要時間:15分〜
・公式サイトURL:https://www.fortnumandmason.com/christmas-windows-2020

(8)キューガーデン(Royal Botanic Gardens, Kew)


ロンドンのイルミネーションスポットで欠かせないのがここ、キューガーデン。 ユネスコ世界遺産に登録されている王立植物園です。


2021年1月17日までの間、通常の植物園の営業は15時まで。日が沈み暗くなった16時から22時までは、キラキラと輝く魔法の世界に一変します。


園内に一歩足を踏み入れると広がる幻想的な光景に、小さなお子様から大人まで、一瞬で虜になってしまうこと間違いなし。毎年多くのロンドナーから愛される冬の恒例イベントです。


広大な敷地を誇る園内は、各エリアごとにさまざまなテーマに分かれており、テーマに沿ったイルミネーション・音楽で、まったく違った雰囲気を作り上げています。


歩くごとに新鮮な気持ちになるので、飽きることなく、寒さを忘れて散策することができるのも嬉しいポイント。


特に、園内のメインとも言われるイルミネーションゲートは写真スポットともしても有名です。一際存在感を放ち、どの時間も多くの人が集まる大人気エリア。


2020年は新型コロナウイルスの影響もあり、園内は一方通行で完全にルートが決まっており、元の場所に戻ることはできません。見忘れや撮り逃しがないよう、ゆっくりとイルミネーションを楽しんでみてください。


また、園内にはホットチョコレートやムルドワイン、マシュマロやハンバーガーなどの冬らしい飲み物、食べ物も充実しています。クリスマスマーケットにきた気分も味わえて一石二鳥。


そして、キューガーデンに来たからには欠かせないのが噴水ショー。クリスマスソングに合わせて行われるイルミネーションと噴水のショーは、ミュージカルを見ている気分になるほどの大迫力。


2020年のチケットはすでに完売していますが、オンラインでは当日キャンセルのチケットが販売されるので、キャンセルチケットを狙ってみてくださいね。

■詳細情報
・名称:Royal Botanic Gardens, Kew
・地図:
・アクセス:キューガーデン駅より徒歩約5分
・営業時間:16時〜22時
・定休日:12月25日
・電話番号:+442083325655
・料金:オフピークタイム19.50ポンド (約3,000円)、ピークタイム24.50ポンド (約3,500円)
・所要時間:2時間〜
・公式サイトURL:https://www.kew.org/kew-gardens/whats-on/christmas

(9)セントポール大聖堂(St. Paul’s Cathedral)


金融街シティ・オブ・ ロンドンにある、ドーム型をしたセント・ポール大聖堂。チャールズ皇太子と故ダイアナ妃が挙式をしたことでも有名ですよね。そんなセント・ポール大聖堂の前にも、巨大なクリスマスツリーが設置されます。

重厚感のあるセントポール大聖堂と、金色に輝く煌びやかなクリスマスツリーのコラボは、この時期にしか見ることのできない特別な光景。ロマンチックな雰囲気を楽しみたい方にもってこいです。

■詳細情報
・名称:St. Paul’s Cathedral
・住所:St. Paul’s Churchyard, London EC4M 8AD
・地図:
・アクセス:セントポール駅より徒歩約5分
・料金:無料
・所要時間:15分〜
・公式サイトURL:https://www.stpauls.co.uk/christmas-services

(10)レドンホールマーケット(Leadenhall Market)


ロンドン最古の屋根付きアーケードとして知られるレドンホール・マーケット。


ハリーポッターと賢者の石のロケ地でもあり、ロンドナーのみならず、多くのハリーポットターファンが集う人気の観光名所です。


そんなレドンホール・マーケットも、クリスマスシーズンになると、マーケット内が一気にクリスマス仕様に。中央に設置されたクリスマスツリーと、派手やかなマーケットの作りの装飾がとても良くマッチし、まるでテーマパークにきたかのようなワクワクを味わうことができます。

■詳細情報
・名称:Leadenhall Marke
・住所:Gracechurch St, Langbourn, London EC3V 1LT
・地図:
・アクセス:バンク駅より徒歩約5分
・営業時間:24時間
・電話番号:+442076063030
・料金:無料
・所要時間:20分〜
・公式サイトURL:https://www.leadenhallmarket.co.uk/christmas-at-leadenhall-2020/

(11)ボンドストリート(Bond street)


ニューボンドストリートとオールドボンドストリートにかけて、ハイブランドショップが立ち並ぶ、ロンドンでも高級ショッピング地区として知られるボンドストリート。


孔雀をイメージした豪華絢爛な装飾は、まさに高級街にふさわしく、目が痛くなるほどの輝きに圧倒されます。


カルティエやティファニー、ルイヴィトンなど、各ブランドもこの時期ならではのクリスマスディスプレイを施し、いつもとは違う、特別な雰囲気を楽しむことができます。


まるで映画のワンシーンのような景観に、コーヒーを片手に街歩きをしたくなること間違いなし。映画の主人公になったような気持ちで散策を楽しんじゃいましょう。

■詳細情報
・名称:New Bond Street
・地図:
・アクセス:ボンドストリートより徒歩約5分
・料金:無料
・所要時間:20分~

(12)サウスモルトン・ストリート (South Molton Street)


ロンドンでもエレガントな地区として知られるメイフェアに位置するサウスモルトン・ストリート。格式高い、世界的に有名なお店が軒を連ね、ボンドストリートに引けを取らない高級エリアです。


そんなサウスモルトンストリートでは、ブルーが目を引くアーチ型のイルミネーションが飾られています。エリア全体が青色に照らされ、非日常を感じる幻想的な景観に生まれ変わります。


高い場所から飾られることが多いロンドンのイルミネーションですが、サウスモルトンのイルミネーションは目線の高さにあるため、自撮りもしやすく、カップルや友達、家族連れでも楽しめる、まさにフォトジェニックなスポットです。

■詳細情報
・名称:South Molton Street
・地図:
・アクセス:ボンドストリートより徒歩約5分
・料金:無料
・所要時間:15分~

(13)The Churchill Arms


イルミネーションスポットとは少し異なりますが、この時期にぜひおすすめしたいのがここ、「ザ チャーチル アームズ」。ド派手なクリスマスディスプレイが一際目を引くロンドンの中でも歴史深いパブです。

イルミネーションを施すお店はたくさんありますが、ここまで煌びやかな外観のお店は滅多にないので、つい写真に納めたくなるスポットです。

■詳細情報
・名称:The Churchill Arms
・住所:119 Kensington Church St, Kensington, London W8 7LN
・地図:
・アクセス:ノッティングヒルゲートより徒歩約5分
・営業時間:12時〜21時30分
・電話番号:+442077274242
・料金:10ポンド(約1400円〜)
・所要時間:30分〜
・公式サイトURL:https://www.churchillarmskensington.co.uk/?utm_source=googlemybusiness&utm_medium=organic&utm_campaign=yext&utm_content=P021&y_source=1_MTIyMzcwMzEtNzE1LWxvY2F0aW9uLmdvb2dsZV93ZWJzaXRlX292ZXJyaWRl

心ときめく冬の街を


街中どこもかしこもキラキラと装飾され、歩いているだけでワクワクした気持ちにさせてくれるロンドンのクリスマスシーズン。

現在、同居人以外との屋内での外食が禁止されるなど、さまざまな規制があるロンドンですが、屋外のイルミネーションであれば、同居人以外とも6人以内で一緒に見て回ることができます。

長くて辛い、寒い冬も、キラキラ輝くイルミネーションを見て、明るい気持ちで乗り切りましょう!

All photos by Kana Kawahata

ライター
KAWAHATA KANA ワーホリック女子

英語力ゼロからのフィリピン留学。そのまま運と勢いに任せてオーストラリア、カナダ、イギリスの3カ国でワーホリ生活を経験。気づけば海外生活は5年、渡航国数30ヵ国以上。ヨーロッパの魅力にどハマりしたワーキングホリデーホリック、略してワーホリック女子です。 海がすき!旅行が好き!食べるのもお洒落も欠かせない!という欲張りアラサー。 トラベルライターとしてSNSなどを活用して、心ときめくおすすめスポットを紹介しています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング