other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

好きな人と会えなくて寂しい、恋人と別れて寂しい…このような気持ちを、英語でどのように表現すればよいのでしょうか?

また、学校を卒業してクラスの友だちと会えない、遠く離れていて寂しいので会いたいなど、同じ「寂しい」という言葉でも、さまざまな状況で微妙に表現が違ってきます。

今回は、寂しい時に使う英語のフレーズを26選、シュチュエーションごとに紹介していきます。

*編集部追記
2017年1月公開の記事に新たに5フレーズを追加しました。(2017/8/26)
2017年8月公開の記事に新たに5フレーズを追加しました。(2018/9/24)

 

海外で実際に使った時のエピソード

寂しいというフレーズは、割と頻繁に使います。恋愛関係でなくとも、例えば職場を離れることになった時に、同僚たちから「I miss you.(あなたがいないとさみしい。)」と言われたり、仲の良い友達としばらく会えない時などにも使います。

「I miss you.」は、仲の良い相手にはよく使うフレーズなので、覚えておいて損はありません。

恋愛関係ならば、「I need you here.(あなたに、そばに居てほしい。)」や「I think about you all the time.(あなたのことをいつも考えてる。)」などもポピュラーなフレーズです。

 

恋人と別れて寂しい時は、「I feel empty.(むなしいよ。)」、「I am lonely without you.(あなたが居ないと、私は独りぼっちで寂しい。)」といったフレーズをよく使います。寂しい時は、1人で気持ちを抱え込まず、周囲の人に気持ちを打ち明けましょう。1人で悩みすぎないでくださいね。

 

会えなくて寂しい時に使うフレーズ

子供が公園で泣き真似をしている

1.I’m dying to see you.
死ぬほど、あなたに会いたい。

2. I can’t stop thinking of you.
君の事ばかり考えているよ。

3. I miss you.
あなたがいないとさみしい。

4.I’m lonely.
とても寂しいよ。

5. I want to see your face right now.
君の顔を今すぐに見たい。

6. I think about you all the time.
あなたのことをいつも考えてる。

7. I need you here.
あなたに、そばに居てほしい。

8. Whenever you are, I will be always with you.
あなたがどこにいてもそばにいるよ。

9. Just don’t leave me alone!
一人にしないで!

 

別れて寂しい時に使うフレーズ

若い女の人が窓際に座って落ち込んでいる

10. I can’t stand being alone.
一人になることは耐えられないわ。

11. It is lonely to live alone.
一人で生活するのは寂しい。

12. I want you to come back to me.
君に、僕の所へ戻ってきてほしい。

13.I’m in vain.
私はむなしさの中にいるわ。

14. It’s hard to believe that you’re gone.
あなたが居なくなったなんて、信じられない。

15. I feel empty.
むなしいよ。

16. I am lonely without you.
あなたが居ないと、私は独りぼっち。

17.Another lonely day.
今日もまた寂しい一日が過ぎるよ。

18. When you go, I’ll miss you very much.
あなたがいなくなるととても寂しくなります。

19. We shall all miss you when you go away.
君がいなくなったら、本当に寂しくなるな。

20. We cannot help missing you badly.
私たちは君がいなくてとても寂しくてたまらない。

other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事