ライター
Yu 元パティシエ&日本語教師

メキシコ人の夫と2人の娘と世界中を引っ越し&旅行三昧の日々。元パティシエ&日本語教師。旅で何よりも楽しみなのは、そこでしか食べられないローカルフードや地元の人々との交流。渡航国数28ヵ国。現在ポルトガル領のアゾレス諸島に在住。

こんにちは!みなさんは、大西洋に浮かぶ「マデイラ島」をご存じですか?年中温暖な気候で、美しい街並みや大自然、ショッピングも楽しめるとあって、ヨーロッパ諸国から人気のバケーション先です。また、実際に行ってみて嬉しい驚きだったのが、絶品ローカルフードの数々!新鮮なシーフードやトロピカルフルーツ、島独自のローカルグルメなど、絶品料理の宝庫だったんです。

今回は、日本ではまだあまり知られていないマデイラ島の魅力を、ローカルフードの数々にスポットを当て、紹介していきます。

マデイラ島ってどんなところ?

photo by shutterstock
マデイラ島は、アフリカ大陸の横に浮かぶポルトガル領の島。年間を通して気温20℃前後で過ごしやすく、青い海と美しい街並み、カラフルな花々やトロピカルフルーツを島中で見られる、南国情緒たっぷりのリゾートアイランドです。

日本からマデイラ島へは、ヨーロッパの都市を経由しリスボンへ。そして、リスボンからマデイラ空港へ行く方法が一般的です(リスボンからマデイラ島へは約2時間ほど)。

また、ヨーロッパの主要空港(フランクフルトやパリなど)からも直行便が出ているので、日本からも1回乗り継ぎのみで意外と手軽にアクセスできます。

■詳細情報
・名称:マデイラ島
・地図:
・公式サイトURL:http://www.visitmadeira.pt/en-gb/homepage

絶対に食べてほしいマデイラ島の名物グルメ

マデイラ島はその温暖な気候から、ヨーロッパ随一のトロピカルフルーツの産地。また、漁業が盛んで、マグロやタチウオなど新鮮な魚介類の宝庫でもあります。

さらに、マデイラグルメには大航海時代に世界中と交易した名残で、インドやアジア、南米原産のスパイスや野菜などが多く使われており、他では見ないユニークな料理を味わえます。

世界一美しい市場で、見たことのないフルーツを食べる

Photo by Yu

「世界一美しい市場」とも称される「ラヴラドーレス市場」。1940年創業の歴史あるこの市場は、民族衣装を着た花売りの女性たちや、美しいアズレージョ(ポルトガルの装飾タイル)、伝統工芸の籠に美しく盛られた見たことのない珍しいフルーツなど、歩いているだけで楽しめる、マデイラ観光で必見のスポットです。

また、マデイラ産のフルーツはどれも味が濃く、驚くほどの甘さと美味しさなので、ぜひいろいろ購入して、その場で味わってみましょう!

photo by shutterstock

マデイラ島にはユニークなフルーツが数多くあります。例えば「バナナ・パッションフルーツ」「トマト・パッションフルーツ」「バナナ・パイナップル」など。個人的なお気に入りは、写真のバナナ・パッションフルーツ。見た目がバナナ、中身がマイルドな酸味のパッションフルーツで、とても美味しかったです。

物によってかなり高額なものもあるので、気になるものはまず値段を確認してからの購入をおすすめします(値札がきちんと貼ってあります)。

■詳細情報
・名称:Mercado dos Lavradores
・住所:Mercardo dos Lavradores Loja 2, 9060-157 Funchal
・地図:
・アクセス:空港より車で約20分
・営業時間:月~木曜8:00~19:00、金曜日7:00~20:00、土曜日7:00~14:00
・定休日:日・祝日
・電話番号:291 098 756
・公式サイトURL:http://www.visitmadeira.pt/en-gb/explore/detalhe/mercado-dos-lavradores-(farmers%E2%80%99-market)

島の名物カクテルPonchaを飲む

photo by shutterstock

マデイラ島に行ったら、ぜひ飲みたいのがマデイラ島名産カクテルの「ポンシャ(Poncha)」。島産のサトウキビから作られたラム酒・砂糖・糖蜜・レモンジュース(または各種フルーツジュース)を混ぜたもので、店ごとに異なるレシピがあります。

アルコール度数がかなり強めのカクテルですが、マデイラ島に行ったからにはぜひ試してみてほしいドリンクです。

Photo by Yu

オレンジ味、パッションフルーツ味など、さまざまなタイプのポンシャが、空港やスーパーでお土産用として売られています。個人的にはオレンジ味が甘く飲みやすかったです。

オーシャンビューの世界一のアフタヌーンティーを楽しむ

Photo by Yu

次におすすめしたいのは、リゾートホテルが立ち並ぶエリアにある「Belmond Reid’s Palace」という老舗ホテルでの、オーシャンビュー・アフタヌーンティー。

世界中のアフタヌーンティーを旅してまわるイギリス人ブロガーが「間違いなく世界一のアフタヌーンティー!」と紹介していたので行ってみましたが、まさにその通り。味もサービスもテラス席からの景色も抜群で、最高に贅沢なひとときになりました。

Photo by Yu

紅茶もサンドイッチもケーキも、どれも本当に美味しかったのですが、中でも感動したのがホカホカで提供されるスコーン!バターの風味豊かでふんわりしっとり。自家製ジャムとクロテッドクリームを塗って食べると、さらに極上の美味しさに。今まで食べた中で間違いなくナンバーワンのスコーンでした。

一人36ユーロと少々お高めの値段設定ですが、行く価値大いにあり。ドレスコードがあるので、せっかくなので思いっきりオシャレをして、優雅な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

■詳細情報
・名称:Belmond Reid’s Palace
・住所:
・地図:
・営業時間:15:00~、16:30~
・電話番号:291 717 171
・料金:大人一人36ユーロ
・公式サイトURL:https://www.belmond.com/hotels/europe/portugal/madeira/belmond-reids-palace/dining

島の名物料理Peixe espada com bananaを食べる

Photo by Yu

こちらは、島名産のタチウオを使った一品。一緒に添えられているのは、島産バナナのソテーにパッションフルーツソースがかかった南国風の一皿です。

意外な組み合わせですが、香ばしく焼かれたタチウオとバナナの甘み、パッションフルーツの酸味のコンビネーションは最高!食べれば食べるほどハマる美味しさでした。

Photo by Yu

おすすめは「A Muralha」というフンシャル中心地にあるレストラン。バナナの入ったマデイラ版カレーや各種ポルトガル伝統料理も味わえ、道に面したテラス席で、太陽の光の下味わう料理はどれも「最高!」の一言。先ほど紹介したポンシャもアルコールが強すぎず、とても飲みやすかったです。

写真はメイン料理についてくる魚介のスープと、ポンシャ。夫はマデイラ産のメロンを頼みましたが、これがまた絶品でした!驚くほどの甘さのこのメロンは、世界一のメロンとも評されてるんだとか。ぜひ試してほしい一品です。

■詳細情報
・名称:A Muralha
・住所:
・地図:
・営業時間:11:00~23:00
・電話番号:913 171 003
・公式サイトURL:https://www.facebook.com/amuralharestaurante.funchal/

島の名物パンBolo de cacoを食べる

photo by shutterstock

ボーロ・デ・カコ(Bolo de caco)とは、マデイラ版ガーリックトースト。フワフワしっとりのパンに特製ガーリックバターをたっぷり塗って、注文したらその場で焼いてホカホカで提供されます。食べ始めるとその手が止まらなくなること間違いなし!

レストランでの前菜として、また、街歩きのおやつとしても楽しめる一品です。

Photo by Yu

フンシャル市内では、多くのボーロ・デ・カコ専門店を目にします。こちらはそのうちの1軒。定番は丸形のシンプルなものですが、中にチーズやハムが入ったものなどバリエーションも豊富で、どれも絶品です。ぜひ街歩きのお供に、焼き立てホカホカを味わってみましょう!

ワイナリーでマデイラワインを飲む

photo by shutterstock

マデイラワインとは、世界三大酒精強化ワインのひとつの、デザートワインのこと。

酒精強化ワインとは、酵母が発酵する段階で蒸留酒を入れることで、強制的に発酵を止めて造られるワインを指し、他にはポートワインやシェリー酒などがあります。発酵を途中で止めることにより、ブドウの甘味が存分に残ったワインになり、一般的に食前酒や食後酒として楽しまれることが多いです。

Photo by Yu

島内にはいくつかのワイナリーがありますが、おすすめは「Blandy’s Wine Lodge」という老舗ワイナリー。フンシャル中心地にありアクセス抜群の立地なので、観光のついでにフラッと立ち寄り、飲み比べセットを気軽に楽しめます。

また、ワイナリー内をガイドが案内するツアーに参加し、がっつりマデイラワインについて学ぶのも楽しそう。ツアーは一人9.50ユーロ45分で、店頭でもWebサイトからも申し込めます。

Photo by Yu

ワイナリー内には、年代物を保存するセラーがあります。中には明治時代に作られた、100年以上も前のワインも保管されているんだとか。

■詳細情報
・名称:Blandy’s Wine Lodge
・住所:Av. Arriaga 28, 9000-064 Funchal
・地図:
・アクセス:空港より車で約20分、フンシャル中心地より徒歩3分
・営業時間:平日10:00~18:30、土曜日10:00~16:00
・定休日:日曜日
・電話番号:291 228 978
・公式サイトURL:https://www.blandyswinelodge.com/

ケイジャーダ・ダ・マデイラ

Photo by Yu

マデイラには銘菓がたくさんありますが、中でもおすすめは「ケイジャーダ・ダ・マデイラ」というチーズタルト。「レケイジャオ(Requeijão)」というポルトガル名産のクリーミーなチーズを使ったフィリングを、バターたっぷりの生地で包んだお菓子です。島中のカフェやスーパーで見かけるので、食べ比べをしてお気に入りを見つけてみてはいかがでしょうか。

個人的におすすめが、マデイラ空港の搭乗ゲート内のカフェで購入したもの。びっくりするほど美味しく、箱に詰めてもらえるのでお土産用にもおすすめですよ。

ライター
Yu 元パティシエ&日本語教師

メキシコ人の夫と2人の娘と世界中を引っ越し&旅行三昧の日々。元パティシエ&日本語教師。旅で何よりも楽しみなのは、そこでしか食べられないローカルフードや地元の人々との交流。渡航国数28ヵ国。現在ポルトガル領のアゾレス諸島に在住。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング