旅行資金を貯める8つの方法【節約→稼ぐ】
writer
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

もっと海外旅行に行きたいけどお金がない、という人向けに旅行資金を貯める8つの方法を紹介します。行く先とどんな旅行をするかによりますが、5日から7日ほどの海外旅行を自分で手配すると、僕の場合これぐらいの金額です。

アジア:5万円〜10万円
ヨーロッパ:15万円〜20万円

本記事のテーマではないので、詳細は「会社員が安い航空券を取る5つの裏技」をご覧いただきたいのですが、旅行費用自体を節約するには安い航空券を予約するのが絶対です。

 

話は戻ると、年にもう1回アジアやヨーロッパに旅行するためには、1ヶ月あたり

アジア:4,000円〜8,000円
ヨーロッパ:12,500円〜16,000円

ほどお金を貯めることができれば、実現できます。月々の金額にすると、現実味が出てきました。

本記事では稼いで貯める4つの方法と、節約して貯める4つの方法を紹介しますので、気になったものを進めてください。

 

旅行資金を貯める8つの方法の全体像

 

旅行資金を貯める方法 難易度 金額
エンジニアで稼ぐ ★★ 30,000円/月〜
ライターで稼ぐ 10,000円/月〜
動画制作者で稼ぐ ★★ 30,000円/月〜
リゾートバイトで稼ぐ ★★★ 100,000円/月〜
家賃を減らす ★★ 30,000円/月〜
保険の見直し 5,000円/月〜
通信費を減らす 5,000円/月〜
海外移住する ★★★ 100,000円/月〜

 

全体像はこんな感じです。

 

稼いで貯める

副業や転職などで、いまより稼いで旅行資金を貯めるパターンです。

エンジニア

エンジニア

エンジニアが業界に全然足りないので、案件が多く、技術を身につければ仕事に困らないです。

とはいえ、いきなりエンジニアを目指せ!と言われても途方もなく感じる人が多そうなので、旅人向けのエンジニア留学を企画しました。

 

エンジニア学習は挑戦する人が多くなってきた一方で、挫折する人も多いです。

特に真面目にエンジニア学習に取り組みすぎて「何度考えてもわからない。こんな簡単なことが理解できないなんて、エンジニア無理だ。シーユーいつか」ってなるケースです。

DMM英会話をスタートしても、翌日から英語を話せるようにはならないように、エンジニア学習も毎日少しずつ進むだけです。

他の職業と同様に向き不向きはありますが、僕はやってみると「思ったよりも楽しいぞ?」でした。

 

ライター

エンジニアやデザイナーと比べるとライターが人気なのは、どんな仕事をするのか?が分かりやすいからでしょうか。「Webライターのキャリアアップを実績ゼロの段階から解説」に書きましたが、ライターとしてまとまったお金を稼ぐにはキャリアアップが必要です。

いまは1記事10万円以上で執筆をしている人気ライターも、最初は1記事500円から始めたと言っていました。

 

ただ、副業として月に1万円程度を稼ぐなら、ライターはありです。ライティングの単価は1文字0.5円から1円ぐらいからスタートしますから、1記事の文字数を3000文字とすると、こうなります。

文字単価 記事数 収入
0.5円 6 9,000円
1.0円 6 18,000円

 

月に6記事なら、本気を出せば2日で書けるようになります。

 

動画製作者

動画製作者

すでに日本国内のYoutube利用者は6,200万人を超え、電車や街中でも多くの動画広告を目にするようになりました。これから5G通信が整備されていくことは決定していて、今よりもストレスなく動画を見られるように。

企業が動画を作りたいのに、動画製作者が足りないという状況はすでに起こっていて、動画の技術を学ぶスクールも少しずつ出てきました。
» 参考:ネット動画クリエイター育成スクール

 

2020年にはプログラミングスクールのように、動画スクールがたくさんできるでしょうが、早く始めた人により良い仕事や楽しい仕事が集まります。

動画作成は編集のみで1本5,000円〜、撮影も入ると1本10,000円〜なので、月に1,2本の動画案件を受ければ旅行費用は貯められますね。

 

リゾートバイト

リゾートバイト

writer
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

RELATED

関連記事