ライター
桃(Momo) TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

ブルーモスクを訪れるべき3つの理由


photo by shutterstock

先ほど紹介した通り、ブルーモスクは非常に魅力的なモスクですが、モスクが美しいという以外にも、観光にぴったりな理由を3つご紹介します。

入場料もガイド料も無料!丁寧なガイドさんが説明してくれる


photo by 桃

ブルーモスクに着くと、勝手に見学することはできません。必ずガイドさんが付いてくれて、すべて説明をしてくれます。男性はこちらでお祈りする、ここは女性や子供エリアなど、ただ見学しているだけではわからないような話も。


photo by 桃

ガイドは英語がメインですが、言葉だけではなく、資料を持って説明してくれるので、英語がわからないと不安な方でも安心して見学できます。これで入場料もガイドさんも無料なんて、驚きです。


photo by 桃

写真撮影はガイドさんがOKと言ったところのみになります。一回一回撮影がOKなのか聞きながらシャッターが切れるので、たくさん写真を撮れるのも大きな魅力ですね。

荷物は預けられる


photo by pixta

モスクの中に貴重品とカメラの持ち込みはできますが、その他の荷物は預けます。ロッカーに荷物を入れて、鍵を自分で管理するスタイル。

大きな荷物は入らないので、持ち込むのは避けましょう。街歩き用のカバン程度なら大丈夫です。靴もこのように置く場所があるので、邪魔にならないように置いておきましょう。

モスクの閉館ギリギリならライトアップを見ることができる


photo by shutterstock

ブルーモスクの見学は、礼拝の時間を除く10:00〜12:00、14:00〜16:00(土曜日・日曜日は〜18:00まで)となっています。私は17:30に滑り込みで訪れたのですが、1月だったので夕暮れも早く、ガイドが終わる頃には美しい夕日とライトアップを楽しむことができました。

ブルーモスクへ行くときの注意事項

ブルーモスクに行ってみたくなった人も多いはず。ここでブルーモスクに行くときの注意事項を3つご紹介します。

肌はできるだけ出さない


photo by 桃

モスクはイスラム教にとっては大切な場所。カジュアルすぎる服装や女性は肌を出すのもNGです。ブルーモスクでは入り口でローブを貸し出してくれ、ローブの中に髪を全部中にしまうことができるので、髪が長い方はできればゴムを一つ持っていきましょう。

バスの時間を調べておく

クアラルンプール市内からブルーモスクのあるシャーアラムまでのバスの本数は、そこまで多くありません。時間を間違えると長く待つこともあり、バス停付近には特に何もありませんので、ただじっと待つしかなくなってしまいます。

バスの時間を事前に調べておくことで、スムーズに観光が楽しめます。

バス停を間違えない

「ブルーモスクへのアクセス」のところでも少しお伝えしましたが、ブルーモスクの最寄りのバス停は終点ではありません。実は、私はぼーっとしていて終点で降りてしまい、20〜30分くらい歩いてモスクへたどり着きました。

あと少しで見学できなくなるところでとても焦ったので、必ず「Shah Alam City Bus Terminal(シャーアラムシティバスターミナル)」で降りましょう。

ここはいくつものバス停があるので、もし不安ならバスの運転手さんに「Shah Alam City Bus Terminal(シャーアラムシティバスターミナル)」で降りたい旨を伝えると良いかもしれません。

 クアラルンプールのブルーモスクで感動しよう


photo by 桃

ブルーモスクはピンクモスク(プトラモスク)より遠く、バスでのアクセスに行くのが億劫になってしまう人もいるかもしれませんが、個人的にはブルーモスクの方がピンクモスクよりも美しく、感動しました。

クアラルンプールに訪れたら、ブルーモスクの観光は必須。日本ではなかなか出会える機会のないモスク見学を楽しみましょう。

■詳細情報
・名称:スルタン・サラディン・アブドゥル・アジズ・シャー・モスク
・住所:Persiaran Masjid St., Sekysen 14, 40000 Shah Alam, Selangor, マレーシア
・地図:

・アクセス:パサール・スニ駅から750番バスで約1時間程度、「Shah Alam City Bus Terminal(シャーアラムシティバスターミナル)」駅で降車後、徒歩10分
・営業時間:10:00〜12:00、14:00〜16:00(土曜日・日曜日は〜18:00まで)
・定休日:金曜日
・電話番号:+60 3-5519 9988
・料金:無料
・公式サイトURL:http://www.mssaas.gov.my/
ライター
桃(Momo) TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

EVENT

イベント一覧