世界にはまだあった。あなたが一生踏み入れることが出来ない人類未踏の地

Pocket はてブ

21世紀。科学と機械が世界を支配する現代。

人は地球上ならどこにでも簡単にいけるようになりました。地球の裏側だって1日もあれば行けてしまいますし、海外への日帰り旅行もできるようになりました。

そんな状況だと、なんとなく「地球上どこでもいけちゃうんじゃないか?」なんて考えてしまうほど便利な世の中です。

でも、そんな21世紀の現代にも実はまだ「ほとんど誰も足を踏み入れた事の無い場所」が存在するのです。今回は、世界に存在するほとんど誰も行ったことが無い場所を紹介します。

 

梅里雪山

s_imasia_1337213_M s_imasia_1337216_M

photo by pixta.jp

梅里雪山は、中国の雲南省にある連山のことで、いまだに誰も登頂に成功していない山です。

この山には、1900年代前半から何度も世界中の登山隊が登頂に挑みましたが、どの国のチームもことごとく敗退。21世紀の今でもその頂上に登った人はいません。

現地で信仰されているチベット仏教の聖地でもあることから、登頂許可が出にくいことも未踏の地である理由の一つです。

カイラス山

shutterstock_313426646 shutterstock_173894930

photo by shutterstock

カイラス山も前述した梅里雪山と同じく、チベット仏教の聖地ですが、カイラス山に登頂許可がおりたことは過去まったくありません。

そのため、現在まで確実に未踏の地であることがわかります。山の近所に行くことですら許可がおりにくく、その姿を見れただけでもかなりラッキーと言った感じ。

一人の僧侶が登頂に成功したという伝説が残っていますが、今では確かめようもありません。

 

北センチネル島

インド洋に浮かぶ小さな島、北センチネル島は正確には多くの人が住む有人島であり、未踏の地ではありません。

ただ、この島に入って生きて出た人は全くおりません。上陸すなわち死とでもいうべきこの島に住む人々は、外界の文化を完全に拒否。近づくものには大量の矢を飛ばします。

少なくとも、現地民以外は絶対に上陸できません。上陸できたとしても待っている結果は…いうまでもありません。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

佐々木拓馬
せかいいっしゅうしましょう じぶんのいきたいところにいきましょう むずかしいことはなしにして さぁ、いきましょう

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

自然

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品